ニッキー・ヘイデン by hiroの部屋

リーンウィズとハングオフとリーンアウトの転倒率

転倒した理由がわからない

良く聞く言葉ですね。

特にコーナリング(バンキング)の開始直後にフロントから逝ってしまうような転倒の時によく聞かれます(最近のマルケスとか)。

ハードに攻めいていたわけではなくいつもと同じように走っていたにもかかわらず突然転倒してしまった! とか

あるいは、ハードに攻めすぎた故の転倒したときの言い訳

「ハードに攻めすぎた」

謎の転倒とか、ハードに攻めたすぎた結果の転倒とか、聞こえはいいですが、本当にそれでよいのでしょうか?

そもそもいつもと同じ走行なんてのが間違いですし、ハードに攻めたから転倒したのが事実だとしても、その理由は、タイヤの限界、ライディングの限界、タイミングのズレ、操作ミス、その他もろもろの理由のどれかを明確にしておかないと、そのままではそれ以上を望めなくなってしまいます。

ということで「理由の判らない転倒」の理由の一例を書いてみます。

今回も、フロントスライドであり、ライディング方法であり、マシンセッティングについてです。

フルバンク時のフロントタイヤの状態

大抵の場合、フロントタイヤはフロントホイールのアクセルに引っ張られています。
そしてステアリングの軸を物理的な位置関係で見ると直立状態に比べ、左右方向の芯が明らかにずれています。
セルフステアリングが働くにしても、ステアリング軸の延長線には路面とタイヤの接地面とは一致はしません。
この状態でのセルフステアリングの挙動は大変大げさなものになってしまうといえます。
これは、低速なオフロードならいざ知らず、高速コーナーではとても許容できるものではなくなってしまいます。

 

 

このことを前提に、高速コーナーを何事もなく曲がれている理由はというと次のようなことが考えられます。

(因みにセルフステア的には切れ込むことでバランスが取れています。)

 

 

  • たまたま理想的
  • ステアリングダンパー様様
  • 当て舵
  • 抑え込み

最初の理想的というのは一旦あり得ないことにします。
なぜなら一連のコーナリングは加減速しているし、バンク角もさまざますぎるからです。それに一旦均衡が崩れたら元に戻るとは思えないからです(戻れるぐらいの低速走行は視野に入れていません)。
ステアリングダンパーはとても現実的に効果があることでしょう。
しかし周期的な動きのタイミングをずらすのにはうってつけですが、一定方向のモーメントには太刀打ちができていません。自発的な動きは考慮していないからです。

となると、やっぱり高速コーナーを安定して周回できるのはライダー様様ということになりそうです。

いつもと違うこと

ここで先ほどの思いがけない転倒に戻ると、
原因がわかりましたね。

原因は、いつもと違うことを、いつもと同じことだと思って行うことが原因ということです。
デフォルトで攻めの走りのライダーが何もしていないといったら、明らかにいつもと違いますよね。

ここにもう一つ大きな要因が加わります。
ライダーは「何もしていない」と、口で言い張っても体は嘘をつかないというか、嘘を見破っているのでそれなりに対応できるのですが、その嘘を見破れないのが、コンピューター。
AIには程遠いECUはそんなことは梅雨ほども知りません。
これがどういう影響があるかというとフロントタイヤの引っ張られ度です。

通常フロントタイヤというのはアクセルに引っ張られているということを説明しましたが、
これはいいかえると、マシンよりタイヤの方が遅く走ろうとしているということです。

これを逆転させて、フロントタイヤの方がマシンより速く走ろうとするとどうなるかというと、コーナリング中は、その場で倒れます。

これと同じことを再現できます。
リアブレーキ、あるいはエンジンブレーキを利かし、フロントタイヤのジャイロ的な回転数よりもマシンの車速を落とせばよいのです。

リアタイヤによる減速をあてにしていると、フルバンク時のあて舵加減の調整が複雑になるということです。
経験に元ずくライダーならともかく、単なる数値設定のコンピューターの動きは予測できない挙動となって表れることでしょう。

例えば、(マルケスが)いつもよりも少しだけブレーキが利きすぎて、そのままではイン側に入りすぎてしまうのでスピード調整としてフロントブレーキレバーへの入力を若干弱めにしてバンキングを始めたりすると、そんなことは知らないリアエンジンブレーキはいつも通りの仕事をして、フロントタイヤをを先行させたりします。そうするとフロントタイヤはいきなり外を向いたりします。
ということで、思いがけない転倒 の転倒理由は思いがけないところにあったり思いがけずたくさんあったりするということです。
思い当たらないで済ましてはいけないということです。

 

リーンウィズとハングオフとリーンアウトの転倒率

結局のところ、いくらマシンセッティングが完ぺきに調整できたとしても最終的にライダーのステアリング操作は必要ということです。
となるとライディング的に転びやすい場合と、転びにくい場合があり、当然それはライダー次第だということを説明しようとしたのが今回のタイトルです。
が、説明しないまま、続きます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ランダム記事

  1. 新ハイスピード・ドライビング ポール フレール (著), Paul Frere (原著), 小林…
  2. ドライビングテクニックという、うまく運転する方法はすでに世に情報があふれてます。 しかしならが確信…
  3. 祝! 2015 MFJ 全日本ロードレース選手権筑波ラウンド復活!? 10月3日(土)に開催さ…
  4. 目のテクニックを使う前にまだ準備が必要です。 目に見えているものについてです。 日常生活で見…
  5. 参考グラフです。 ラインを道なりにして、横Gを一定にしたS字カーブの例です。 通勤中なのでゆっく…
  6. イン側に割り込むということ 野放し禁止 絡めば絡むほどよろこんでじゃれまくり。 本人は手加…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

ブログ統計情報

  • 1,473,804 アクセス
ページ上部へ戻る
Translate »