ビニャーレスがそうだったとは言いませんが、切り返しをいい加減に行うとあんな感じで転倒できます。

いくつか方法がありますが一番簡単な方法を伝授しておきます。

転倒の仕方その1

切り返しに失敗して転倒する高度な方法を紹介します。

いくつかある切り返しの方法で一番クイックだと思われるのが逆操舵ならぬ順操舵ならぬ、まさしくセルフステアリング。

バイクのセルフステアアリングを優先するのではなく完全に自力のステアリングを自分の意志で行う方法です。

サスの動きとかも無視できるので非常にクイックです。

そして、サスの動きを無視するのとその切り替え時のスピードの速さゆえ、直立付近でフロントタイヤが地面から離れてしまうことがあります。

単純にタイヤの接地面を支点とした円運動ではなく、上下動としてタイヤが地面をたたくような感じでジャンプしてしまうような感じです。

 

通常の、重心移動なり、セルフステアリングなりの正しい切り返しではフロントが浮いたぐらいでは何事も起きなかったりするのですが、完全ステアリングの場合はすっぽ抜けが起きるのでマシンがあさっての方向に進んでしまうことがあります。

この場合、着地時のリカバリはフロントサスが伸び切ったところから始まるので、派手に暴れ、そしてたいてい手遅れです。

悪いことに、今度はサスの沈む時間が猶予されるので、いきなり転ぶ時より変な体制になってしまう場合もあります。

すっぽ抜けたまま転ぶ時もあれば、フロントタイヤがはねまくるように暴れるときもあります。

 

この、非常にクイックで効果的なテクニックを身につけたうえで、上の空とかの状態、あるいは準備不足の状態でこれを行うことでほとんど直線ゴケみたいな転倒を行うことができます。

お試しあれ。

通常は、適当に切り返しするとこうなることがある、ということですが。

 

 

そうなりたくなければ、タイミングと、サス(慣性)の動きを正しくおこなうことです。

一見同じように聞こえるかもしれませんが、事前準備はどちらも行うのですが、タイヤの向き変えをマシンが行うのか、ライダーが行うかの違いです。

バイクのセルフステアを使うのではなく、ライダーがセルフステアを行うのですから大きな違いです。

しかし極めるとすごくクイックです。そしてまさしく思い通りです。

 

 

これを使いこなすとどの場面でも転倒できます。

直線ゴケも出来るようになります。

 

わざわざこんなことをしなくてもクイックに切り返せば同じことが起きるのではないかとお思いでしょうが、
フロントタイヤが地面から離れてしまう程には、自分にはできませんでした。
そしてその場合は直立した時ではなく、切り返し切った頃のスリップダウンになります。

 

 

高速では危険なのでやはりジムカーナで体験できます。

自転車に乗れるようになってから身についてしまった「2輪車の乗り方」に逆らう乗り方なので、最初はものすごく力が必要だったりします。

最初はステアリングダンパーは効かせないほうが体感しやすいのですが、最終的にはキックバックが怖いので硬めが実用的になってきます。

慣れてくると、割と軽い操作で行えるようになります。

そしてその中間のタイミングの時にはタイヤのたわみ方がニュートラルになったりします(コーナリングフォース的に)。

これでタイヤの特性という物を根本から変えることができてしまったりします。

 

すごい事のようですが、普通にやっているリーンアウトや、リーンウィズや、ハングオフも同様にタイヤの特性を大幅に変えてしまう走法です。

程度の差こそあれ、セルフステアの程度をコントロールしていることに変わりはありません。

 

ということに気がつくとマシンセッティングの入り口にすこし近づきます。

リーンアウトとリーンウィズとハングオフとマシンセッティングの話に戻れそうです。

なんでペドロサではなくロッシなのかという話です。

なんでペドロサは迷子になるのにロッシは元に戻れるのかという話。

 

 

 

ああ、リーンアウトとかの定義は見た目ではなく、ライディングの方法で定義したほうがわかりやすいですね。

乗れていない時がハングオフで、乗りこなしているときがリーンアウトで、極めるとリーンウィズ。

これも説明が必要ですね(省略)。

今後は両方の意味を使い分けて説明していきたいと思います。

では。

 

やってみたけど全然できないという方はライディング的に前乗りとかハングオフやミニバイク乗りの傾向があると思います。

自力のステアリングはタメが必要だったり、実は後ろ乗り系でないとできないからです。

まずはリーンアウトから。

 

 

一応これは妄想ではなく経験談です。

 

続いては妄想で、

マーベリック・ビニャーレスの場合

今回のテクニックを使って転んでみた場合の動きをオランダGPのマーベリック・ビニャーレスを例にして説明してみましょう。

 

S字コーナーの最初のコーナリングからつぎのコーナーに向け切り返す場合、ステアリングをイン側に切ります(単なる逆操舵ともいえる)。

その勢いでマシンは切り替えしに適した慣性で起き上がり、そしてそのまま次のバンキング体制に入っていきます。

イン側に切ったステアリングはすかさず次のコーナーに向けラインをトレースさせる訳ですが、

このタイミングを遅らしたり、勢いが良すぎてグリップを失った場合フロント周りはイン側に切った慣性が消滅していません。

そのままイン側に旋回しようというモーメントが活きています。

加えてマシン自体の切り返しの慣性というかモーメントというかとか、その支点はいつも理想的なところにあるとは限りません。

勢いが良すぎる場合と、そもそもその予定されていた操作が正しい場合次のコーナーに向けたトラクションがかかるようなモーメントになります。

そこでフロントがトラクション的にすっぽ抜けている場合、最初にフロントが取り残され、そしてリア実際の動きと支点のギャップにより逆に押し出されるような感じで最初のコーナー側に降り出されます。

そして正しく動くと思っていたライダーだけがエアー切り替えしを行います。そしてそれを押しとどめてくれるマシンが不在なので地面に落ちます。

こんな感じです。

全然、奇妙な転倒ではありません。(真相はもちろん不明です)

 

 

そしてついでにあれほどもてはやされた彼の好評価もこの後のマシンのセッティング能力如何によっては地に落ち…

ザルコと同じようであり、真逆のようであり… 皮肉なことに命運を握っているのがロッシの脳力…

 

オースティンGPでは狐につままれ、アルゼンチンGPは不思議な!、オランダGPでは奇妙な!

次はどんな転倒と言えばよいのか…ロレンソを交えた言い訳世界GP!

いろいろ大変です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. レギュラースタンスのマイク・ドゥーハン。 グーフィースタンスのノリック・阿…
  2. トレッド面の外側への荷重配分をコントロールしてみます。 わかりやすく簡単な方法は、立ち上がりで…
  3. シートストッパーでわかるライダーの前向き加減 ストレートで空気抵抗を減らす工夫 シートカウルから…
  4. MFJロードレースアカデミー in MOTEGI
    彗星のごとく現れて目の前の人参になる 彗星のごとく現れる アカデミーを首席で卒業して鳴り物入りで…
  5. フロントタイヤの動きに注目して練習しましょう。フロントタイヤが曲がりたい方向に向いた時点、たとえば左…
  6. 面圧とトラクションとライダー
    面圧とトラクションとライダー より速く バランスが崩れるということは、さらに速く走れる可能性を示…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,357,715 アクセス
ページ上部へ戻る