とうとう片足だらりではなく、両足だらりで結果を出す選手が現れてしまいました(スーパースポーツ世界選手権、SSP スーパースポーツ ラウジッツリンク戦でシェリダン・モライス(SHERIDAN MORAIS)選手がキャリア初優勝)。

左コーナーのほうが得意そうです。

 

左手ブレーキに続きステップ加重ではなくシート荷重、もはやほとんどスクーター。

いっそのことスクーターでレースした方がスッキリですね。

題して「街乗り世界選手権(元GP)」。

 

両足だらりの効果は、言うまでもなく、重心を下げること、余計なアクションが発生しないで済むこと。

ほとんど脚は悪者です。

実際にブレーキング時にはモーメント的にのびあがる方向にあるし、ステップ加重は結果的に余計なサスペンション効果が生まれてしまい、受信も応答も遅れてしまうし、ライダーの気分で動作が変わってしまうのでデータにならないしで・・・。

今のところGPではなくプロダクション系なのはブレーキが効かなくて長時間あるのが要因です。

今後シートの座面がフラット系になるか丸くなるかが注目どころ、尻上がり度も。

 

 

さてこの両足だらり。

 

だらりっぱなしではいけなくてコーナリング中や立ち上がりにのためにステップに戻す作業が必要です。

単純に足を曲げるだけで元に戻れば良いのですが、うまくいかないときにはモゾモゾしなければいけません。

そこで登場するのが「肘」です。

この肘でのライディングと言うのにはあまりピンと来ない方がおられると思いますが、ライディングテクニックとして使えるのが肘しかないと言う場面があります。

ライダーもその場面では「あっ 肘しか使えない」とはっきりと自覚します。

ときすでに遅しにならないためにも肘ライディングを習得しておきましょう。
(実は普通にみんな使っていますが・・・)

 

案外、全てのライディングを肘を基点にして説明できてしまったりしそうです。

 

最初にすることは、

アンチ肘乗り対策

 

面倒なのは、反対派の方々はメリットを理解できずにデメリットのみをあげてしまうこと。

最初に言っておきたいのは、肘で乗ると言ったら、当然デメリットな乗り方をわざわざするわけがなく、何がメリットで何がデメリットかわかっていて、それを使い分けるということです。

このことは、アンチ肘乗りの方々よりも肘のデメリットへの遭遇率が減るわけです。

敵を知る、わけです。

肘乗りといえばベンスピース

彼特有のライディングスタイルというよりはスーパーバイクの特性というべきでしょう。

マシンのセッティング的な限界を超えたライディングをしようとするとああなるわけです。

転ばないようにするではなく、転ばないようにするライディングです。

わかりやすいのはダートトラックとかモトクロスで、フロントゴケしないように、というよりはリアのスライドで転倒しないようにするためにしたりします。

ほとんど一輪車みたいな乗り方をするとわかりやすいと思います。

ロードでは、セッティングが出ていないときにフロントを抑えるために使ったりします。

セッティングなりで出せるタイムではダメな時に使うわけです。

暴れるマシンを抑え込む感じでセッティングには頼らない感あふれる走りです。

ビックバイクや貧乏ライダーにはわかりやすいのですが、純粋培養されたライダーとかには経験がなかったりします。

 

肘乗りの仕方

肘乗りの仕方といえば先のベンスピースのような外側の腕でハンドルを抑え込むことぐらいしか思い浮かばないと思いますが一番大事なのは次のことです。

邪魔なところに肘を置かない

要は思いもしないところで転ばないようにすること。

病院で寝込んでいたり、大金や時間を失うよりも、トレーニングにでも割り当てた方がましです。

することは、

邪魔なところに置かない

これです。

例えばハングオン中のイン側の肘を締めること。

「脇を締める」とか言って食う力的な効果と合わせて推奨されていたりします。

そんなことをするよりは肘でも擦っていた方がましということです。

またアクセル全開時などの時も手首保護やモーメントの確保のために、ひじを意識したほうが良い時もあります。

反対側の外側はというと、スペースに余裕があるのでどこでもよかったりします。

 

 

邪魔なところに置く

今度は反対に邪魔なところに置くことでライディングとすることです。

方法はステアリングのモーメント状に肘を置くだけです。

ダンパーとして利用します。

加重する

先のベンスピースのように肘をあげてハンドルを抑え込みます。

なるべくステアリングに影響の内容に加重しようという感じです。

 

タイミングとして使う

唯一あまり用をしていない関節ですから。

 

脱力として使う

唯一あまり用をしていない関節ですから。

肘を回して肩の力を抜くときにも使えます

 

 

アクセルコントロール

手首だけでなく肘も使いましょう。

スタート時とか立ち上がりでワイドオープンしたいときには肘をあげてからグリップするとひねり不足に陥らなくて済みます。

通常のアクセルコントロールも肘で行うと可視化できて便利です。

いつもと違う感じでのコントロールになりますが、逆にハイサイドしかけた時とかの再加速の時とか、意外と用途はあります。

 

エコ

クラッチコントロールとかブレーキコントロールとかで指が疲れてきた時とかにも肘が使えます。

一番楽なポジションで指を固定してあとは肘でコントロールします。

特に指の短い方には必須のテクニックです。

 

 

センサー&ショックアブソーバー(肘擦り)

イン側の肘についての注意点は、不意のアクションによって地面に肘打ちしないかどうかです。

肘を無理やり擦ろうとしているときは危険かもしれません。

転倒したときに自然に肘(腕)が折りたためられるようなポジション取りを心がけましょう。

ただ最近のライディングスーツは以上に肘のプロテクションされているみたいなので大丈夫だとは思うのですが。

 

ポジションを変える

何を変えるかというと、、

例えばハイサイドでライダーが放り出されて、元に戻れずバイクに引きずられてしまったとき。

このときに使えそうなのが肘のみなんです。

肘の動作をタイミングとして元に戻れるかもしれません。

多分戻れませんが、この引きずられているときは、意外と時間があるので、一度は考えてみると幸せになれルカもしれません。

 

 

 

 

マスターレベル

習得の方法は、それぞれの目的のために多少大げさにアクションすることから始めます。

例えばフロント周りを抑え込みたい場合は、モトクロスやダートラでよく見る肘をなるべくフロントフォークの延長線上に近づくように肘を前方、あるいは上方に持ち上げる方法があります。

これはステアリングの操舵の影響をなるべく少なくしようという目論見です。

単純にフロントを抑え込みさえすればよいという時の選択肢ですが、それだけでなくダンパー的な効果や、そもそも同等の効果を別の方法とかで代用していくと徐々に見た目のアクションはおとなしくなっていきます。

また、一時的な抑え込みでセッティングの傾向をつかむことで効果的にセッティングを進められ、うまくいけばその必要がなくなったりします。

 

逆に気がつかないうちに腕周りの状態がライディングに悪影響を及ぼしているかの確認にも使えます。 いつもと違う位置に移動してみるだけです。

とにかくライダーの中で一番仕事を任されていないというか、自由に動かすことができるのは肘ぐらいしかありません。

センサーや動力として積極的に使わない手はないということです。

ということで、レベル的には最初は派手にふるまい、そのうち影をひそめ、ほとんど何もしなくてもよくなり、そして最後は肘など使っていないとうそぶくことです。

よって上級者はダートトラックでさえハンドルに腕を載せているだけのような完璧なセッティングとライディングの組み合わせを見せますが、初心者はそれを真に受けて真似しても、真似できないどころか全然近づけなくて何も学べないと思います。

「肩の力を抜いて自然にハンドルに腕を置く」とかの上級者のお言葉はある意味肘鉄を食らわされているか、あるいは昔のことは振り返らない性格なのでしょう。

 

観客的には

観客的には。肘のあがりかたでライダーとマシンの状態を知ることができます。

マルケスは顕著ですし、ペドロサは使いこなしていなさそうだし、ロレンソはこれから顕著になりそうですし。

ビニャーレスも肘を突っ張っているぐらいの時のほうがイケイケ感があったりします。

 

 

 

ということで、

転ばぬ先の肘

でした。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. バンキングさせよう ハードなクリッピングポイント(膝すり小僧乗りその4)
    バンキングさせよう ハードなクリッピングポイント(膝すり小僧乗りその4) もう一つのクリッピングポ…
  2. 腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典
    腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典 前回マルケスを腰抜けといってしまったので「腰を入れる」…
  3. オートバイやタイヤが倒れずに自律走行してしまう仕組みは方々で説明されていますね。 スリップアン…
  4. 引き続きライントレースの前にする練習です。 スピードコントロールの練習です。 コース図を…
  5. トップライダーたちは「絶妙なバランス感覚で暴れるマシンを押さえつけて神業的なハンドル操作を加えている…
  6. バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。理由は…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »