不幸にして、ストレートエンドで前走車にぴったり張り付いてしまった場合、あなたはもう負のスパイラルから抜けられません。
な、ことを説明します。

そして、それにもかかわらず何事もなく周回を重ねられるドライバー(ライダー)の摩訶不思議さを。

ちなみに摩訶はほめ言葉だそうです。

前回の補足から。
各場面での1秒間に進む距離と、前走車のテールと自車のノーズがくっついていた場合のタイム差を追記します。

・前走者:自分のクローン
・前走車の全長:5m
・ストレートエンドのスピード:180Km
 →1秒間に進む距離:50m
 →テールトゥノーズ時のタイム差:0.1秒
 
・コーナリング中のボトムスピード:54Km
 →1秒間に進む距離:15m
 →テールトゥノーズ時のタイム差:約0.33秒

・コーナリング終了時のスピード:90Km
 →1秒間に進む距離:25m
 →テールトゥノーズ時のタイム差:0.2秒

ブレーキング開始からクリッピングまで、テールとノーズをくっつけたまま走行した場合の出来事を考えましょう。
180Kmで走行中だと0.1秒差です。

いつも通りに走った場合はどうなるでしょうか?

本来なら前走者と同じブレーキポイントから、たとえばコーナー開始前の50m看板の位置とかから、開始したいところですが、その場合すでに減速を開始している前走者が!
確実にテールにノーズがのめりこむことは理解できると思います。よね?

では、前走者と同時にブレーキを開始した場合はどうでしょうか?
これも微妙にのめりこむことになりそうですが・・・ ※1
問題なく走れて、ストレートエンドとクリッピングポイントでテールトゥノーズだった場合、なぜかタイム差は約0.3秒になってしまってます。※2

この、失う約0.2秒はブレーキングを5m早めたからだけではなく、ほかの個所でも微妙な速度調整をした結果、失います。

この時の後車のドライバーは、スパーテクニックを駆使することになります。
ブレーキングポイントを5m早めても正しい位置からターンインするブレーキの調整。
コーナリング時にもぶつからないで済むように、ターンイン時のスピードをいつもより若干遅くする速度調整。
クリッピングで追い付く変なスピード調整。※2

まあ実際には、上記のスパーテクニックは面倒なので前走車よりも早くブレーキをかけ始めるのが実情と思います。
そしてクリッピングで前走車にぴったりと張り付きます。

どちらにしても、クリッピングまでに失うものがあるということです。
ブレーキングでは実力以下の早めのブレーキに慣らされてしまうことでリズムを失い、
クリッピングまでに約0.2秒失い、
立ち上がりのアプローチでもさらにタイムを失うことになります。
ラインもトレースできなかったり、タイヤに負担がかかったりもしていることと思います。

不幸なのは、そのいろいろ失っていることに本人が気が付かないことです。
逆に「抜ける」と思ってしまっていることです。
同じことを繰り返し、タイヤとタイムとタイ力と気力を浪費します。
リズムを失い、焦りも生まれます。
なのに、見た目「イケソウ」なので繰り返しますよね。

タイムロスしたことがわかっているのであれば、それはそれで無駄骨感、プラス微妙な敗北感も人により伴うことでしょう。

これらが問題です、改善しましょう。

「そんなことはない、うまくイケテル」というあなたは
ここで失ったものをほかの何かの技で取り戻しているのです。※3
人間ってこういう時に、出しているつもりの全力を簡単に打ち破ります。
どうやってつじつまを合わせているのでしょう???
この、時間感覚というか、気持ち次第というか、計算脳力というか、摩訶不思議ですね。
ここで発揮する技は、正しく理解して、金魚のフンではなく他の目的に、戦略的に使いましょう。ラップタイムが縮まるかもしれません。

どちらにしてもタイムロスがあるのなら、それは無くすに越したことはありません。
無理なくタイムが縮まるのですから。
多くの場合タイムロスは、本人が気が付かないところにこそ生まれているので「そこは大丈夫だ」というところほど見直しは効果的だったりします。

次回はクリッピングと立ち上がりのダメだし! です。
その次に走り方です。

では・・・

※1
同時にブレーキを開始してもターンインの場所がいつもより5m手前ならぶつかりません。
ターンインの場所をいつもと同じ場所に設定するとブレーキングは緩くすることになるのでやはり前者にのめりこみます。
同じようにブレーキして最後の5mを一定速度で走るなんてのは論外にしてます。

※2
残念ながらずっとくっついたままというのは机上の話になってしまいます。
ブレーキング自体は成り立ちますがターンインでつじつまが合わなくなります。
それが許容されるのは低次元な場合で、高次元に走っている場合はブレーキングとターンインはセットなのでタイミング的、完成度的に成り立たなくなり前走者と同じようには走りづらくなるでしょう。
まあ、話を進めるためにやり過ごしてください。

※3
相手はクローンなのでスペック差や能力差を借りての発言は除外です。
ただ実際、失敗してもしなくても、1周すると同じタイムってのはよくありますね。

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 脳は高速で走行すると処理能力が落ちるといわれます。3割とか。 (どこかに正確な情報があれば教えてほ…
  2. 今年のF1日本グランプリの放送予定 今年から身銭を切れない人を打ち切ったF1ですが、さすがに母国グ…
  3. ステアリングダンパーの功罪 RR > セッティング
    レーシングマシンには欠かせないステアリングダンパーですが、使い方を誤ると手痛いしっぺ返しが待っていま…
  4. 四輪はともかくとして、バランス感覚を求められる二輪において、 耳栓(イヤーパッド)の装着ってどうな…
  5. テクニック編です。 これはぜひマスターしてください。 四輪では説明できないので、二輪で説明します…
  6. 大したことではないことが長引くことがあります。 こういうのは当事者ではなくチームが擁護すべきで…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »