レース後の会見で、「セッティングがうまく行かなかった」とよく聞きます。
この発言で誰が幸せになるでしょうか?
言い訳した本人も、セッティングに携わるスタッフも、友人も、観客も、特にスポンサーは・・・。

きっとレース中も言い訳が成り立った時点で、ある種の安堵感を感じたりしているかもしれません。
「これで勝てなくても仕方がない」。

レース後の言い訳ではなく、
レース中にやること、
未だやれることがあるか、
を考えましょう。

原因がわかれば一番ですが、そうでない場合でも、
とにかく何かを変えるか、
あるいは変えているものをキープするか、
現状とは違う行動、あるいは考え方をすることです。※1

まずはリストアップです。

ステアリングの切り方、
ブレーキの掛け具合、
ライン、すべてが「セッティング」と言われた挙動に影響しているはずです。
細かく言うと、
時間軸があるものすべてをリストアップすると良いでしょう。
ダンパー、
スプリング、
慣性、
ねじれ、
人間、※2
タイヤ、※3
路面も。

さてどのように料理しましょうか?

続く・・・

※1
もちろん順位キープや完走を優先することも大事ですよ。

※2
人間は物理的にも精神的にもものすごく多才です。

※3
二輪だとバンク角などもその要素に加わります。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. クラウンR値は、通常タイヤ接地面のグリップの分布を決定づけます。接地面のグリップがシングル・クラウン…
  2. 第5戦のマルケスが弱点を見せました。 第5戦のマルケスと第1戦のマルケスが戦ったら第1戦のマルケス…
  3. 速さの秘訣 自身のレースを振り返って「納得のいく立ち上がり」は、どれほどあったでしょうか? …
  4. 今回は腕を例にとり説明しましたが脚でも腰でも同じようなものです。特に伸身抜重と、屈伸抜重はタイミング…
  5. 二輪のレース関係者は以下のように定義すると用語の実用性が上がります。 すりっぷ【スリップ】 …
  6. ワルツ踊れます、時間も止まりますよ。 レーサーの場合それはレース中に起きるでしょう。 練習中…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »