レース後の会見で、「セッティングがうまく行かなかった」とよく聞きます。
この発言で誰が幸せになるでしょうか?
言い訳した本人も、セッティングに携わるスタッフも、友人も、観客も、特にスポンサーは・・・。

きっとレース中も言い訳が成り立った時点で、ある種の安堵感を感じたりしているかもしれません。
「これで勝てなくても仕方がない」。

レース後の言い訳ではなく、
レース中にやること、
未だやれることがあるか、
を考えましょう。

原因がわかれば一番ですが、そうでない場合でも、
とにかく何かを変えるか、
あるいは変えているものをキープするか、
現状とは違う行動、あるいは考え方をすることです。※1

まずはリストアップです。

ステアリングの切り方、
ブレーキの掛け具合、
ライン、すべてが「セッティング」と言われた挙動に影響しているはずです。
細かく言うと、
時間軸があるものすべてをリストアップすると良いでしょう。
ダンパー、
スプリング、
慣性、
ねじれ、
人間、※2
タイヤ、※3
路面も。

さてどのように料理しましょうか?

続く・・・

※1
もちろん順位キープや完走を優先することも大事ですよ。

※2
人間は物理的にも精神的にもものすごく多才です。

※3
二輪だとバンク角などもその要素に加わります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. YAMAHAはHONDAに比べ、トリガーに加重をより必要としているのではないでしょうか?効率のよいト…
  2. レースに関わる者達には優れた能力があります。 それは、限られた時間内に答えを導き出す脳力があること…
  3. 前回は雪道の人の歩き方でしたが、今回は四輪。 というか自分にとって、驚きの事実が発覚したので、…
  4. リアブレーキとチェーンによるアンチスクワット効果 「加速時にリアサスペンションは伸び上がる」は間違…
  5. 上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方
    上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方 街乗りを想定するとなかなか書きにくいので別投稿で補足しま…
  6. 「理想的な状態でのダートトラック走法」は、オートバイに優等生的に「ただ乗っているだけ」な状態です。走…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »