レース後の会見で、「セッティングがうまく行かなかった」とよく聞きます。
この発言で誰が幸せになるでしょうか?
言い訳した本人も、セッティングに携わるスタッフも、友人も、観客も、特にスポンサーは・・・。

きっとレース中も言い訳が成り立った時点で、ある種の安堵感を感じたりしているかもしれません。
「これで勝てなくても仕方がない」。

レース後の言い訳ではなく、
レース中にやること、
未だやれることがあるか、
を考えましょう。

原因がわかれば一番ですが、そうでない場合でも、
とにかく何かを変えるか、
あるいは変えているものをキープするか、
現状とは違う行動、あるいは考え方をすることです。※1

まずはリストアップです。

ステアリングの切り方、
ブレーキの掛け具合、
ライン、すべてが「セッティング」と言われた挙動に影響しているはずです。
細かく言うと、
時間軸があるものすべてをリストアップすると良いでしょう。
ダンパー、
スプリング、
慣性、
ねじれ、
人間、※2
タイヤ、※3
路面も。

さてどのように料理しましょうか?

続く・・・

※1
もちろん順位キープや完走を優先することも大事ですよ。

※2
人間は物理的にも精神的にもものすごく多才です。

※3
二輪だとバンク角などもその要素に加わります。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 1994年から1998年までロードレース世界選手権500cc5年連続チャンピオン スタイルがよ…
  2. エアロダイナミクスは最先端のテクノロジーかと思えばさにあらず といっても「枯れた技術」なのではなく…
  3. 二輪のライディング書のバイブルといえば、キース・コード (著), 小川ヨーコ (翻訳) の「ハイスピ…
  4. ビニャーレスがそうだったとは言いませんが、切り返しをいい加減に行うとあんな感じで転倒できます。 …
  5. 下り坂番長 RR>タイヤと空気圧 登り坂はマシンパワーで制すのに対し…
  6. ここでは普通のブレーキングではなくフルブレーキの仕方・効果について紹介します。 フルブレーキを…

メンタル

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »