「理想的なセッティング」は各々定めたリソースを最大限活用している(した)状態のことだとして。
低次元なセッティングはさておき、高次元なセッティングは何を優先して、何をそこそこにした結果でしょうか。

コンピュータが決めるにしろ、ライダー、スタッフが決めるにしろ目標値があやふやだと、そのセッティングもあやふや、といっても良いと思います。
最終判断が人力なので、誰かの気分次第ですね。人それぞれってことになります。
間違っていることも、まだまだできることもあると思っていて間違いがないでしょう。

少なくてもレース前に一度は「今回のセッティングとは」について確認をしておくべきです。
そうすれば、何ができて何ができないかも整理されてきます。

関連のリソースは正しく定められているでしょうか?
タイヤを使いきって良いのか?
燃料は気にしなくて良いのか?
体力配分は?
現状の問題点は?
目標は?
なにをしたいのか?
その他いろいろ・・

セッティングが出といわれている時のその走りはリソース配分は正しいのでしょうか?
・前半は調子良かったが後半アンダーになり順位も落ちた。
・前半は調子良かったが後半タイヤを使いきってしまったので順位も落ちた。
・ガス欠した・・・
・・・・・

テレメトリーに頼ってリソースの配分をギリギリまで完璧に調整したりするとなりがちです。

反対に
・アンダー気味にセッティングしてリヤタイアのもちをよくして結果好成績。
・前半我慢して後半調子が良くなった所から追い上げを開始した。
・全般的に抑えて走ったら結果は上々だった。
・・・

ファクターを考慮してレース全般をスタッフとプランするとこんなかんじですかね

セッティングを出すことはそもそも大事ですが、
どの程度のセッティングにするかのプランが大事です。

そしてレース前(予選も)にはその狙って出したセッティングの特徴と、外したセッティングの認識を。
そしてはずしたセッティングに対しては、修正する方法と、我慢して走る走法、それぞれを用意すると良いでしょう。

で、
今回は、外したセッティングに対して、
「何かをすればそのセッティングは変わるのか」について、
つづきます・・・

あっ 走行中にセッティング(ジオメトリ)変えられる機能は一旦無視前提のお話です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. とかく、回避策がないと簡単に片付けられてしまうハイサイドですが、当事者はそんな簡単には割りきれません…
  2. フロントの旋回性が悪い時はまずはリアを疑うところから
    フロントの旋回性が悪い時に考えること フロント周りの旋回性が悪いからと、フロント周りのセッティング…
  3. クラウンR値は、通常タイヤ接地面のグリップの分布を決定づけます。接地面のグリップがシングル・クラウン…
  4. 神になって見ましょう。 今回、神は、自身を含めたレース現場を上から見てみます。 アイルトン・…
  5. 基本の基:ロードレース>コースアウト
    基本の基:ロードレース>コースアウト 危険を好き好んで選んで人生を謳歌している…
  6. イエローカードの憂鬱(トライアル世界選手権)
    イエローカードの憂鬱(トライアル競技) 鈴鹿の全日本ロードレース選手権ではなく、もてぎの2016 …

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »