「理想のステアリング」、極めたいですよね。 

まずは、どの状態が理想的か大まかに決めることから始めます。
効率よく、効果的に! としましょうか。

「セッティング~」でステアリングを「行きたい方向に切る」以外の操作もできるようになりました。
今回もこれを使います。

コーナーリングのアプローチで使います。
実際にターンインする前から、これ(ステアリング操作)を始めます。

2輪では一般的ですが、車も直線走行中に微妙にステアリングし続けています。
鉄道車両用語で蛇行動というのがあるので用語はこれを使います。
まあヨーが発生しそれの自律補正ですね。
蛇行動するタイヤをキャスター角とかトレールとか、その辺の理屈で立て直し、真直ぐ走り続けることができます。
旋回に対しクイックなセッティングなほど、この蛇行動は起きやすく、振幅も大きくなりがちです。
振幅を減らすために2輪ではヨーダンパー(ステアリングダンパー)を使います。
よーは、直線も旋回中も同じということです。
ステアリングで感じられるかどうかはともかく、フロントタイヤは外乱や慣性と戦い続けていることになります。
それを利用します。

直線をまっすぐ走っている時でも発生している細かい挙動。
これを抑えるか、促すかで、バランスが崩れだします。
はた目には、まっすぐ走るために補正していたのと何も変わらないステアリング操作で、
まっすぐ以外の方向に向けて方向転換します。

こんな感じでステアリングの挙動を感じ、促し、あるいは抑えることで旋回させます。
もちろん希望する旋回に足りなければステアリング操作(回す)を付け加えます。

さて実際にやってみると分かりますが
正しくセッティングされた車は直線走行中、左右均等に振動していたりします。
特にステアリングの遊びが多い車では、いまいち細かい操作がしにくいと思います。
そして、タイミング含め行き当たりばったり感が漂います。

次がポイントです。
以前どこかで説明した方法をここで、効果を感じつつ実践してください。

直線走行中に一度、旋回したい方向にステアリングして、すぐ戻します。
そして、適切なタイミングで改めて旋回を開始します。

これで車全体にヨー運動が発生します。
その結果フロントタイヤは一定方向の挙動に変化します。
無駄な動きもなくなり、必要と思われる挙動だけになるうえ、反応もクイックになっているでしょう。

どのくらいのタイミングで切るかというと、
「セッティング~」で説明した、サスペンション的な、慣性的な、裏打ち的な、のを駆使します。

これで場面によっては、はた目にはステアリング操作をほとんど行わずに旋回を開始することができます。
エコ的で、タイヤにやさしく、余計なアクションも起きないと思います。

コーナー侵入時の「理想的なステアリング」、これでどうでしょうか?

では。。


決まると感動モノの、このステアリング操作ですが、、2輪で行う場合、かなり難しいところがあります。
ステアリングダンパーついてるし。。。
結論的にはステアリングではなく体全体で行う感じになるでしょう。
2輪のテクニック編(たぶんやらない)まで待てない方はリクエストください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. またまたダルマ走法 またまた、マルケスがマレーシアGPでフロントスリップからスリップダウン…
  2. ノーブレーキ走法を極める(四輪)
    ノーブレーキ走法を極める(四輪) 二輪のノーブレーキ走法 以前に紹介したキース・コードが勧めてい…
  3. 実は、一般的な鉄則である「クリッピングポイントを奥にとる」は、 低次元な状況と、低次元なライダーに…
  4. ウォッシュボードとサスペンションセッティング セッティングの考え方 セッティングの解説等が役に立…
  5. バイクライディングの基本の基ネタをしばらく投稿します。 いままで、1年間に…
  6. レギュラースタンスのマイク・ドゥーハン。 グーフィースタンスのノリック・阿…

コーナリング, テクニック, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »