街乗りでの停止の仕方です。
特に同乗者がいるときには有効です。

ほとんどのドライバーは車を停止するときにブレーキを、車が停止すまるまでそのまま踏んでいます。
踏んだままだと最後に慣性のおつりが来ます。

格好悪いのでやめましょう。

停止する直前ではブレーキを踏む力(踏力)は限りなくゼロでもよくなります。
ただしサスペンションという時間差を持った邪魔者がいます。
これがおつりの原因です。

ブレーキすることで縮んだサスペンションが戻る時間を停止する前に与えることが必要です。
具体的にはブレーキを弱めます。
サスペンションが平時に戻った時点でさらに弱めます。
そして最後にある路面抵抗だけでも停止すると思われる時点でいったんブレーキをはなした状態で停止を待ちます(ただし下り坂は別です)。
そして最後に改めてブレーキを踏んで停止の完了です。

ただし路面抵抗が大きくサスペンションがやわらかい車は、惰性で停止しても反動が大きい場合があります。
うまくいかないときは下手に気を使うよりメリハリをつけたほうがスムーズに感じるでしょう。

では。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. アタックした後のリカバリーの方法
    アタックした後のリカバリーの方法 世界最高峰のスピードを競う競技なのに、その関係者は何をもたもたし…
  2. 目で入った情報に脳が応え手足に伝える。 これしかないと思います。※ ここでコントロール項目と…
  3. 恐るべき、才能!いや、恐るべき練習量と、恵まれた環境と、群を抜く勝負運と、生まれつきの才能と、手を抜…
  4. サスペンションセッティングの考え方 リヤーが滑るので柔らかくしたらグリップが上…
  5. ワルツ踊れます、時間も止まりますよ。 レーサーの場合それはレース中に起きるでしょう。 練習中…
  6. レギュラースタンスのマイク・ドゥーハン。 グーフィースタンスのノリック・阿…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »