目で入った情報に脳が応え手足に伝える。
これしかないと思います。※

ここでコントロール項目としては
目に何を入れてあげるか、それに対しどのように反応する脳を作るかです。
これについてこの後つらつら述べていきたいと思います。

※これしかないと言っておきながら、外部からの振動やGとかありますがここでは省いてもよいと思われ。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。オートバイの醍醐味は、バランス…
  2. ここでは普通のブレーキングではなくフルブレーキの仕方・効果について紹介します。 フルブレーキを…
  3. 膝擦り走法をするにあたって RRビギナー
    膝擦りをしそうなときには、自ら進んで膝を出すことが大変有用になります。いわゆる「膝擦り小僧走り」です…
  4. ダートトラックでは進行方向に対してのリアタイヤのオフセット(角度)でライダーが何をしているかがわかり…
  5. 前回は雪道の人の歩き方でしたが、今回は四輪。 というか自分にとって、驚きの事実が発覚したので、…
  6. ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2
    ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2 ライディングの極意 前置…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »