カテゴリー:ヒューマン

  • コーナーのライン取りの考え方

    サーキットのコース攻略において大事なのがコーナーのライン取り。 初心者はもちろんのことそのコースを初めて走る場合やマシンなどの環境が変わったときにコース図片手にアレヤコレヤと考えたものですね。 今回はこの時と…
  • 2007年鈴鹿のケーシー・ストーナー

    ケーシー・ストーナーとマルク・マルケスの違い

    マシンセッティングを効率よく行うためには、マシンの素性を知り、ライダーの素性も知り、ベーシックなコントロールを身に着けたうえでマシンの状態について挑まないといけない。 ということの説明を始めてみたところ、思った通り…
  • マシンセッティングの出させ方 (マーベリック法)

    マシンセッティングの出させ方 サスセッティングの前途多難さ 前回何気なくHRCのセッティングのページを紹介しましたが そこで、サスペンションメンテナンス方法⇒通常セッティング⇒マシンバランスのセッティングの項目で …
  • マシンセッティングの出し方それぞれ

    マシンセッティングの出し方それぞれ 今年は、レギュレーションも変わり、ライダーも移動があり、マシンのセッティングをいかにして進めるかということを見極めやすかったのではないでしょうか? ライダーの才能やタイヤ・マシ…
  • もてぎがテクニカルコースで苦手で遅いわけ

    もてぎがテクニカルコースで苦手で遅いわけ もてぎが苦手で遅いわけ 自慢じゃないですがもてぎは得意ではありません。 得意じゃないどころか、おおよそすべてのコーナーで誰よりも遅いです。 なぜ遅いかは解っています。 …
  • MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニック

    『MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニック』の読み方

    MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニックの読み方 『Performance Riding Techniques The MotoGP Manual of Track Riding Skill…
  • 減量と体質リセット 100%の自分

    減量と体質リセット 100%の自分

    減量と体質リセット 100%の自分 100%の自分 ライダーは単純に加速が良くなる減量ネタに目が行きがちですが、そんなことより予選・決勝を踏まえた体調管理のほうがよっぽど重要です。 まずは100%の自分でいるこ…
  • ジムカーナ走法の立ち位置とGPライダーの特徴

    ジムカーナ走法の立ち位置とGPライダーの特徴

    GPライダーの言葉の重みは表面的な活字ではなくその裏に隠されたGPライダーたる所以を読み解くことで値千金になります。
  • 2015年の勝者はケビン・シュワンツ?

    【2015年のMotoGP勝者】1位ケビン・シュワンツ、2位ダニ・ペドロサ、3位リン・ジャービス

    【2015年のMotoGP勝者】1位ケビン・シュワンツ、2位ダニ・ペドロサ、3位リン・ジャービス MotoGPの世界でも今年はいろいろ暗黒面が暴露されました。 しかし攻撃、復讐、希望、逆襲、復讐となんだかんだあっても最後は覚醒してハッピーエンドです!
  • タイムアタックから体アタックへ RR>パッシング

    タイムアタックから体アタックへ 「自分の敵(ライバル)は自分自身で、己のベストを尽くせば結果が伴います」 というのは個人戦のお話で、同時進行で競い合う競技ではそれだけでは足りない場合もあります。 レースにおけるアタ…
  • コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その4

    コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その4 そろそろ立ち直って欲しかったのですが未だジタバタなマルケス。 このままでは一番のチームと一番のライダーの組み合わせの典型的な失敗例となってしまい…
  • 正しい脱重の仕方 RR>マルケスのなだめかた

    左腕と右腕の役割の違い 左手を負傷した時の右コーナーはマシンのバンキングが遅れるのでライダーが先行するか、 そのまま右腕で体重を支えてノリック乗りみたいになるとかの特徴があります。 理由は、支えることや、動かすことに精一杯なときには、「アクションの境目の抜重なり加重のためのもう一仕事」を行う余裕が確保されていないことが多いからです。 確保されていないと、そこで腰砕けになったり、タイミングを失ったり遅れたりしてしまいます。 見た目には逆で、クイックに見えたり、アクションが大きく見えたり、前向きに見えたりします。 (これは、はためには分かり難いことを意味しています) 対して右腕の負傷はブレーキングを始めとしたライディングに影響しない場合があります。 それは右腕の役割に、「力技としてのコントロール」の割合が少ないからだと思われます。 「右腕の機能を全力で使うという余裕のないライディング」は普段から行なっていないからとも言えます。
  • ライダーのチューニングの仕方 (ポテンシャルとパフォーマンス)

    ライダーのチューニングの仕方 (ポテンシャルとパフォーマンス) 好調の秘訣 エンジンは、気温と湿度と高度によって燃調(酸素濃度)が変わるので、そのためのチューニングをします。 同様に、タイヤやサスペンション…
  • 遠征と温泉とウォーミングアップと運動能力アップ

    遠征と温泉とウォーミングアップと運動能力アップ なんと予選・決勝の2〜4日前に40〜42度くらいの熱を体に与えておくと運動能力がアップするそうです。 宿泊にしても車中泊にしてもレース遠征に温泉はつきものです。 …
  • オブザーバー対策 2015 FIM世界トライアル選手権第1戦 日本グランプリ

    オブザーバー対策 ミスジャッジ? 「これが失格でなかったらどれが失格になるんだ」 ライダーからの抗議を退けた後に、統括者は周りの審判に息巻いていました。 しかし、ライダー本人も、直前で見ていた観客は知って…
  • 腕上がりにご用心

    腕上がりに用心 スポーツ医にいこう! ダニ・ペドロサの復帰が楽しみなところですが、 腕上がりと腱鞘炎は大きく違うのですね。 腕上がり(アームパンプ、頸肩腕症候群)-wiki 腱鞘炎→ wiki …

Translate:

    にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
    にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
    にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


    チケットぴあ

    ブログ統計情報

    • 1,423,820 アクセス
    ページ上部へ戻る
    Translate »