カテゴリー:二輪ネタ

  • 肘で乗る! 転ばぬ先の肘

    とうとう片足だらりではなく、両足だらりで結果を出す選手が現れてしまいました(スーパースポーツ世界選手権、SSP スーパースポーツ ラウジッツリンク戦でシェリダン・モライス(SHERIDAN MORAIS)選手がキャリア初…
  • ハンドルをこじる-リーンアウトの仕方と使い方

    ハンドルをこじる - リーンアウトの仕方と使い方 リーンアウトが基本の基だとして、そのやり方と、その使い方についてです。 ハンドルをこじるのはご法度? リーンアウトのやり方で「膝で倒しこむ」「イン側ステップで倒しこ…
  • リーンウィズ? リーンイン? ライディングフォームの基本の基

    ライディングフォームの基本の基 今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。 今更ですがこのサイトはレース向けなので視線はタイムと安全性に注目しています。 人の目は気にしていませんことを…。 すべては…
  • 転倒の仕方その1 マーベリック・ビニャーレスの場合

    ビニャーレスがそうだったとは言いませんが、切り返しをいい加減に行うとあんな感じで転倒できます。 いくつか方法がありますが一番簡単な方法を伝授しておきます。 転倒の仕方その1 切り返しに失敗して転倒する高度な方法…
  • 目には目を (抜けたトラクション)

    あて舵 あて舵の逆操舵は全盛期には皆普通に行っていたテクニックでした(何の全盛期?) その逆操舵が実はトラクション抜けな走法ということに前回なりました。 しかし、だからと言ってこの走法がダメなわけではありま…
  • マシンセッティングの出させ方 (マーベリック法)

    マシンセッティングの出させ方 サスセッティングの前途多難さ 前回何気なくHRCのセッティングのページを紹介しましたが そこで、サスペンションメンテナンス方法⇒通常セッティング⇒マシンバランスのセッティングの項目で …
  • MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニック

    『MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニック』の読み方

    MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニックの読み方 『Performance Riding Techniques The MotoGP Manual of Track Riding Skill…
  • バンキングさせよう ハードなクリッピングポイント(膝すり小僧乗りその4)

    バンキングさせよう ハードなクリッピングポイント(膝すり小僧乗りその4)

    バンキングさせよう ハードなクリッピングポイント(膝すり小僧乗りその4) もう一つのクリッピングポイント いわゆるクリッピングっポイントは観客や有識者にとってはそのライダーの評価ポイントではある。 しかしライダ…
  • バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3)

    バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3)

    バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3) ハードな順操舵と逆操舵 引き続きバンキングの練習ですが、今回は実際に走りながら試してみましょう。、 今回のお題目は「順操舵と逆操舵」です。 …
  • ステアリングしようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその1)

    ステアリングしようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその1)

    ステアリングしようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその1) 転倒との境目 バトルしていて、自分だけ転ぶか、周りが転倒する中自分だけ生き残るか その違いは、例えばこういうところにあったりします。 セルフステアリン…
  • 外足荷重のその瞬間(正しい外足荷重の解釈)

    外足荷重のその瞬間(正しい外足荷重の解釈)

    外足荷重のその瞬間(正しい外足荷重の解釈) 外足荷重という言葉を避けているわけ このサイトでは外足荷重という言葉を極力使わないようにしてきました。 理由は簡単です。 前提が多様にありすぎて正しくは伝わって…
  • 進入時のテールスライドが必要な理由 その5 最速のトド復活

    進入時のテールスライドが必要な理由 その5 最速のトド復活

    進入時のテールスライドが必要な理由 その5 進入スライドの利点 進入スライドは見た目の派手さだけではなく様々な利点があります。※ それらを物理的な面と、精神的な面をそれぞれ説明してみます。 進入スライドの…
  • 進入時のテールスライドが必要な理由 その4 フロントゴケの仕方

    進入時のテールスライドが必要な理由 その4 フロントゴケの仕方

    進入時のテールスライドが必要な理由 その4 フロントゴケの仕方 減らないフロントゴケ 第2戦のFP(GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA MotoGP Free Pr…
  • 進入時のテールスライドが必要な理由 その3 脚出し走法

    進入時のテールスライドが必要な理由 その3 脚出し走法 テールスライド(侵入スライド)の前に、改めて脚出し走法をおさらいしてみましょう。 脚出し走法 ロードレースに置いて脚出し走法、すなわちコーナリングのアプローチ…
  • コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その3

    コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その3 特効薬はダート乗り ノリック乗りやドゥーハン乗りのようなダートトラック乗り風は、リアがジタバタしてもフロントは安定している時の走法といえるでしょ…
  • 突っ込み番長 >タイヤの空気圧とセッティング

    誰かより、安全に、あるいは競い勝つためにブレーキングを行いたいのであれば、その誰かよりフロントタイヤの空気圧を低くすれば良いということのようです。 これは決勝ではなく、苦手克服の練習時には十分効果的でしょう。 弊害は、たわみ量が増えることによる、発熱の増加と、寿命の低下、コーナリング特性の変化、 路面抵抗増加による、ストレートスピードの低下などがあります。 このことは、タイヤをレース終了まで持たせることができる、と言うのはもはやライダーではなく、 タイヤメーカーが、誰を想定してタイヤを用意して、こっそり適正空気圧を教えるか、にかかっているといえるでしょう。

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,330,604 アクセス
ページ上部へ戻る