カテゴリー:ライン

  • アクセルで曲がる (ライントレースの練習 その4)

    普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思っていても、もう一度試してみてください。 ライントレース中にラインの半径の変化に合わせアクセル(スロットル)をオフ・オ…
  • 道なりに走る (ライントレースの練習 その3)

    前回までの練習に加え、道なりに合わせスロットル(アクセル)を開け閉めしましょう。 普通の道を、普通に走る感じです。 ブレーキは出来れば使わないでやってみましょう(もちろん使ってもよいです)。 ラインの半径に見合…
  • 練習中はラインを作らない (ライントレース その2)

    少なくとも「ライントレースの練習」中は、自分で走りやすいラインを考えて作るのはやめましょう。 なぜかというと「楽ができる」から、練習にならないのです。 コーナリングは、上達すればすればするほど楽になってきます。 …
  • ライントレース その1

    ライントレースをしましょう。 最初はスピード一定でやりましょう。 遅くてよいです。 場所は一般道、高速道路でしましょう。 ラインは車線の真ん中です。 今回は車体のどこをラインをトレースするポイントに…
  • 視覚的なアンダーステア (ラインをトレースする練習の前に その3)(物理的か精神的か、まるで闇鍋か)

    感覚と実際のずれは、認識することと、調整することが重要です。 旋回中、自分がどこにいて、どちらを向いているかを認識していますか。 旋回中のマシンは、前後輪の内輪差が負の値にならない限り、通ろうとしているライン(トレース…
  • ライントレースの前にする練習

    ラインをトレースする練習法が他で山のように紹介されています。 それぞれ上達するようにと様々なアプローチで説明されています。 それらが効果的に行われるように「ライントレースの練習をする前にしておく」練習法を紹介します。…
  • 「ベストな走り」 (「理想のライン」その4)

    「ベストな走り」の結果、通ったラインを「ベストなライン」とします。 で、人・マシンが進化すれば常にライン、あるいはスピードが変わっていくので「ベストなライン」は常に過去形です。 それを誰かが「理想のライン」とよび、そ…
  • コーナリング論の誤り

    同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。 「コーナリング中のハンドル(ステアリング)は一定に」とか、「ラインをトレースする」とかいうドライビングテクニック論が当たり前のことのように日常交わされて…
  • 「理想のライン」は諸悪の根源 その3

    その3です。 レース目的でのラインの話題では、一般的な「理想のライン」は、そのゾーンをより短時間で走るために、侵入はアウトギリギリから、クリッピングではインギリギリまで、脱出はアウトギリギリだと思います(もちろん例…
  • 「理想のライン」は諸悪の根源 その2

    ラインを考える前に、「ライン通りに走れるか」を振り返ってみてください。 レコードラインを通れるという人、自身のベストラップになりましたか? ベストラップになった人は、もっと速く走れますよ。 ベストラップにならない人は、スピードもアプローチもそのレコードラインとは合っていません。

#鈴鹿8時間耐久

ピックアップ記事

HMV検索
検索する

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,397,445 アクセス
ページ上部へ戻る