カテゴリー:ドライビングテクニック

  • 対象読者をトレーナーに変更

    もともとは四輪のドライビングねたなので広く誰でも、と思っていましたが、やはり内容がピンポイントすぎるような気がしてきました。 対象はズバリ二輪のレードレースライダーを育てるトレーナー向けとします。 三人面倒をみたら国…
  • 脳のキャパとプライオリティについて

    脳は高速で走行すると処理能力が落ちるといわれます。3割とか。 (どこかに正確な情報があれば教えてほしい) 私の場合、スピードが上がるにつれ、視界のすべてが段々劇画調になってきます。さらに進むと白黒です。 最後は…
  • アクセルはパーシャル命 (目も脳も信じない)

    やっとテクニック編。 タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」です。 目と脳を信じて乗っているだけでは無駄に失ってしまう時間があるということです。 何をするにも時間がかかるっ…
  • 荷重ではなく抜重で考える

    二輪の話 これは広くもう行き渡ってますよね。 荷重(正確には加重)したくても体がのびきっていたら何もできないし、 荷重の度合いを決めるのも抜重にかかっています。 考えないといけないことはその抜重には時間が必要…
  • シューマッハはジオメトリーを変える

    コーナリングアプローチについてです。 鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。(何年か忘れた) とても完成度が高く、他のドライバーとは一線を画していましたが 翌年のF1ドライバーは皆、フロン…
  • 基礎は4輪で

    基礎を学ぶには4輪がお勧めです。 2輪は未知な部分が多く相手にも自分にも納得のいくインプットができなく無駄に感じます。…
  • 後悔は役に立たず

    コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。 ほとんどの人が何らかのイメージをもとにアクションを起こしていると思います。 そのアクションは最後まで完遂すべきで途中で修正すると正しい結果が見えなくなるし、…
  • キース・コード:ハイスピードライディング考察

    二輪のライディング書のバイブルといえば、キース・コード (著), 小川ヨーコ (翻訳) の「ハイスピードライディング」です。 未だにこれを超える書は、出ていないと思われます。※ 考え方は100点満点で、テクニック編も…
  • インプットしアウトプットする

    目で入った情報に脳が応え手足に伝える。 これしかないと思います。※ ここでコントロール項目としては 目に何を入れてあげるか、それに対しどのように反応する脳を作るかです。 これについてこの後つらつら述べていきた…
  • テクニック以前に必要なもの

    ドライビングテクニックという、うまく運転する方法はすでに世に情報があふれてます。 しかしならが確信をとらえてないというか、ちょっとうわべっぽいので一言。 レース向けっぽく書いてあったとしても、一般走行も同じと思っ…

#鈴鹿8時間耐久

ピックアップ記事

  1. 青木宣篤 in フォレスト榛名
HMV検索
検索する

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,397,328 アクセス
ページ上部へ戻る