カテゴリー:ライディングフォーム

  • ハンドルをこじる-リーンアウトの仕方と使い方

    ハンドルをこじる - リーンアウトの仕方と使い方 リーンアウトが基本の基だとして、そのやり方と、その使い方についてです。 ハンドルをこじるのはご法度? リーンアウトのやり方で「膝で倒しこむ」「イン側ステップで倒しこ…
  • リーンウィズ? リーンイン? ライディングフォームの基本の基

    ライディングフォームの基本の基 今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。 今更ですがこのサイトはレース向けなので視線はタイムと安全性に注目しています。 人の目は気にしていませんことを…。 すべては…
  • 腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典

    腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典

    腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典 前回マルケスを腰抜けといってしまったので「腰を入れる」という用語を正しく解説します 腰を入れると腰入れと転倒率 タイトルから想像できる通り、転倒率を下げたければ腰を入れて…
  • 前乗りと後乗りの使い分け マシンセッティング(頑張れヘイデン)

    前乗りと後乗りの実情 フロントスライドができるとマシンセッティングがはかどりますよ!と前回フロントスライドの仕方を書きましたが、 きっと、マスターするところまではいっていないと思うので、中休みを。 &nbs…
  • ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2

    ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2

    ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2 ライディングの極意 前置きはさておき2軸感覚走行です。 1軸と2軸では大きく次元が変わります。 1軸が3次元だとすると2軸ではこれに時間軸が…
  • 進入時のテールスライドが必要な理由 その3 脚出し走法

    進入時のテールスライドが必要な理由 その3 脚出し走法 テールスライド(侵入スライド)の前に、改めて脚出し走法をおさらいしてみましょう。 脚出し走法 ロードレースに置いて脚出し走法、すなわちコーナリングのアプローチ…
  • ライディングフォームとタイミング

    ライディングフォームとタイミング

    ライディングフォームとタイミング アクシスローテーションとニュートラルスタンス たとえば、つま先立ちではなく、土踏まずでステップに足を載せていると、往々にしてすべての動作がもたもたしだしたりします。 これはクイック…
  • 「スペンサー乗り風」まとめ(RR>ハングオン>倒し込み)#4

    スペンサー乗り風 ★セッティング リアサスのCompは最強、Tensは好み フロントサスのTensは最弱、Compは好み フロントのイニシャル(プリロード)は最弱 ステアリングダンパーは最弱(マシン特性にに合わせる)(一度外してみる) シート角は平気味に、可動域を広く ステップ位置はバンキング時に全荷重を預けらられる位置に ハンドル角は体格に合わせて楽に操作できる範囲で広めにする(腱鞘炎防止) ハンドル高は高め ★ライディング アプローチではブレーキングと同時に上体を起こします 上体は重心を上げるために背筋を伸ばし、 腰回りはイン側の足を広げることとシンクロさせてイン側にオフセットしておきます ブレーキングは、想定速度よりオーバースピード気味な時点でリリースします リリースと前後して行われるバンキングは、正しく他の荷重ポイントを抜重(ダイブ)したうえで、イン側ステップ加重100%で行います バンキングが終了する前にアクセルをオンにします バンキングの終了はタイヤの状態ではなくバイクの向きで決定します スライドしようが、グリップしようが、ライダーが何とかできる位置にバイクを収めます スライドしてもよいように抜重(ダイブ)はフルバンク時に使い切ってしまわないようにする (スライドした時にも頭にその外乱が伝わらないように腰回りのバネと抜重の残モーメントを使う) 収めるためには抜重の際に縮み切った胴体と、両膝周りでバランスを取れるように余計なホールドや接点を少なくする ハンドルには力を入れず自律走行に任せる スライドしたり、グリップしたりしても抑えこもうとしないで好きにさせておく 収まったのを確認したらすぐに加速する 縮み切った上体を伸ばすパワーで上体を加速体勢に持ち込ませませる アクセルは小刻みあるいは雑巾を絞るように。 一番のポイントはライダーの抜重により発生する慣性モーメントを回頭性とスライド時の可動領域のために使い、 直線的なその慣性モーメントをアクセルオンにより、シートストッパーでの押し出しで、旋回方向に転嫁させることです。 それらはブレーキングで起こした上体が沈み込むまでに遂行されます。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 立ち上がり(完成)

    トップライダーたちは「絶妙なバランス感覚で暴れるマシンを押さえつけて神業的なハンドル操作を加えている」のではありません。 単なるステップワークです。 刻々と変わる環境に合わせたステップワークを行うのです。 バイクを起こしたり寝かしたり、ハンドルを切ったりするのではなく、 「それが自然に収まるようなステップワークをしておく」だけです。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ドゥーハン式

    ドゥーハン式ハングオン、というかコーナリングのコンセプトは、いわゆるスライド走法とはある点で一線を画しています。 スライド走法は走りの次元を一旦下げた上で構築されるのに対し、 ドゥーハン式は逆に走りの次元をあげた上で構築されることです。 すなわちドゥーハン式に比べスライド走法は取り返すことの出来ないロスタイムを生じさせた上でのコーナリングテクニックあり、 ある意味致命的であることから永遠に完成の域には達することが出来ない走法といえるのです。
  • 基本の基:ロードレース>スタート 目を鍛える

    スタートで遅れるとグリッド順位に関係なくテンションが下がる(応援者談)。 せっかくのグリッド、大事にしましょう。 即座に反応できるようにまずは目を鍛えましょう。 そしてせっかくなので総合的に目を鍛えてしまいまし…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ステップワーク

    ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。 オートバイの醍醐味は、バランスを取るため、あるいはバランスを崩すために、ライダー自らが体を動かしそしてその体の動かし方次第で如何様にもなるところにあるのではないでしょうか?
  • 基本の基:ロードレース>前乗りと後乗りとタダ乗り

    往年のスペンサーとかケニーとかの、見た目同じようなリアのスライド走法はどうでしょうか? こちらはフロントを頼っていない割にいきなり旋回していきます。 思い描く走行ラインは、スライドしてるリアタイヤから創造されていると思います。 これこそは後乗りな感じだと思いませんか? もう旋回を開始したとたんに後乗りです。
  • 基本の基:ジムカーナ>前乗りと後乗り

    例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。 旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。 見た目にはフロントサスの余力で判断出来ます。 ボトムしたフロントサスに意図的に荷重、抜重できる余力のないのが前乗りです。 対して後ろ乗りでは、更に旋回すべく、フロントサスの伸び縮みを利用できるように準備されています。
  • ライディングフォームとフロントフォーク

    ブレーキング時のバイクの挙動が、ライディングフォームに及ぼす影響は大きいと思います。 同様に、ブレーキング時のバイクの挙動に、ライディングフォームが及ぼす影響も大きいと思います。 ライディングフォームは、重心位置…
  • 転倒しやすい乗り方、転倒しにくい乗り方、勝つための乗り方

    身長がある方は「ケビン・シュワンツ」乗りでもよいが、 身長に難がある場合は「ランディー・マモラ」乗りということになります。 平均的な方は「マイケル・ドゥーハン」乗りで、 天才的な方は「フレディ―・スペンサー」乗りで行きましょう。

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,235,783 アクセス
ページ上部へ戻る