カテゴリー:ジムカーナ

  • ジムカーナ走法の立ち位置とGPライダーの特徴

    ジムカーナ走法の立ち位置とGPライダーの特徴

    GPライダーの言葉の重みは表面的な活字ではなくその裏に隠されたGPライダーたる所以を読み解くことで値千金になります。
  • トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱)

    トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱)

    トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱) トラクション抜け イケイケの時のライダーのアクションは迷いがなく、すべてがクイックに行われます。 注意すべきは自分を取り巻く環境が変わってしまった時です。 たと…
  • 目線に学ぶ ジムカーナ>目線 (二輪限定)

    目線に学ぶ ジムカーナ>目線 (二輪限定) 目線に学ぶ ジムカーナにおける「目線」はとても特徴的です。 そして、とても重要なことを教えてくれます。 そこから得ることはジムカーナに限らず、様々な分野でも同様…
  • 基本の基:ジムカーナ>切り返し #2

    目指すはフルボトムな切り返し! 切り返しの具体例を紹介します。 いきなり極め付きの切り返しです。 普通に切り替えしてみるとわかりますが、切り返し途中の直立付近での…
  • 基本の基:ジムカーナ>前乗りと後乗りの方法

    ライダーはバイクからグリグリ落ちて、バイクはそれをグイグイ拾うのです。 そのためにはライダーが落ちている間に更に旋回度を増して、 ライダーが落ちようとしているその下にバイクがもぐりこむわけです。 もぐりこむためには角加速度的な加速か、速度的な加速を利用します。 ライダーは角加速度的な加速の場合は横に、速度的な加速の場合は前方に落ちます。
  • 基本の基:ジムカーナ>前乗りと後乗り

    例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。 旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。 見た目にはフロントサスの余力で判断出来ます。 ボトムしたフロントサスに意図的に荷重、抜重できる余力のないのが前乗りです。 対して後ろ乗りでは、更に旋回すべく、フロントサスの伸び縮みを利用できるように準備されています。
  • 基本の基:ジムカーナ>切り返し

    さすが低速、好き放題できます。 礼儀正しく慣性待ちするとタイムロスなので、 速く走るためには結構力技が必要です。 方法は、 それだけで1年位解説できそうなので割愛します。 普通のテクニックなので他所で手に入れて…
  • 基本の基:ジムカーナ>ターンイン

    ブレーキング時だけでなく、コーナリングでも軋み音(スキール音)を鳴かせてみましょう。 そのためにはブレーキングに続きターンインも高次元に行う必要があります。 これを習得すると、いまどきの進入スライド走法よりも…

#鈴鹿8時間耐久

HMV検索
検索する

Translate:

ブログ統計情報

  • 1,507,485 アクセス
ページ上部へ戻る
Translate »