カテゴリー:基本の基

  • アクセルはパーシャル命 (目も脳も信じない)

    やっとテクニック編。 タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」です。 目と脳を信じて乗っているだけでは無駄に失ってしまう時間があるということです。 何をするにも時間がかかるっ…
  • 目に入れる情報が大事

    不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。 「無意識のうちにブレーキングポイントが早くなった。」、これは間違いです。 脳が決めたブレーキングポイントでは間に合わないと、身の危険を感じてた別の脳…
  • タイミングもアプローチも過去形

    アクションを起こすタイミングにも、その準備が必要なのはお分かりでしょう。 さらに、それら全体を含めたアプローチにも準備が必要なことも、認識していた方がよいでしょう。 アプローチのアプローチといえばいいのでしょうか。 …
  • 荷重ではなく抜重で考える

    二輪の話 これは広くもう行き渡ってますよね。 荷重(正確には加重)したくても体がのびきっていたら何もできないし、 荷重の度合いを決めるのも抜重にかかっています。 考えないといけないことはその抜重には時間が必要…
  • シューマッハはジオメトリーを変える

    コーナリングアプローチについてです。 鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。(何年か忘れた) とても完成度が高く、他のドライバーとは一線を画していましたが 翌年のF1ドライバーは皆、フロン…
  • 基礎は4輪で

    基礎を学ぶには4輪がお勧めです。 2輪は未知な部分が多く相手にも自分にも納得のいくインプットができなく無駄に感じます。…
  • 後悔は役に立たず

    コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。 ほとんどの人が何らかのイメージをもとにアクションを起こしていると思います。 そのアクションは最後まで完遂すべきで途中で修正すると正しい結果が見えなくなるし、…
  • キース・コード:ハイスピードライディング考察

    二輪のライディング書のバイブルといえば、キース・コード (著), 小川ヨーコ (翻訳) の「ハイスピードライディング」です。 未だにこれを超える書は、出ていないと思われます。※ 考え方は100点満点で、テクニック編も…

新着記事

  1. チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果の関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性 主にパーシャル付近でのチャタリ…
  2. シートストッパーでわかるチームの前向き加減

    シートストッパーでわかるチームの前向き加減

    シートストッパーでわかるチームの前向き加減 たかがシートストッパー、されどシートストッパーなお話の…
  3. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド

    タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …
  4. トニー・ボウのリアフェンダー

    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率

    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率 転倒率自体はペドロサよりマルケスのほうが…
  5. とどめの一撃とその見返り

    とどめの一撃とその見返り 2018年5/6のへレスでの18週目のアクシデント 好…
  6. ヤマハの切り返しが重たい理由

    ヤマハの切り返しが重たい理由

    ヤマハの切り返しが重たい理由 マシン作りとライダーの関係 ヤマハの切り返しが重たい理…
  7. 大人げない大人

    大人げない大人 【新解明国語辞典】

    大人げない大人 【新解明国語辞典】 ライダー同士が次元の低い言い争いをしてるのを見て「大人げない」…
  8. アタックした後のリカバリーの方法

    アタックした後のリカバリーの方法

    アタックした後のリカバリーの方法 世界最高峰のスピードを競う競技なのに、その関係者は何をもたもたし…
  9. MotoGP界のヒール復活

    MotoGP界のヒール復活 連ドラで復活したアブドラ・ブッチャーよろしくMotoGP界のヒールも大…
  10. 2016年ロードレース世界選手権MotoGP アルゼンチンGPのQ2のマルク・マルケスの転倒シーン3

    「マルケスばりのバランス感覚」を身に着けよう

    「マルケスばりのバランス感覚」を身に着けよう マルケスが並み外れたバランス能力の持ち主だったとして…
HMV検索
検索する

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »