カテゴリー:コーナリング

  • 基本の基:キースコード的>コーナリング時のタイヤへの荷重配分

    スライド走法はリヤタイアのパフォーマンスを下げることで、フロントタイヤのパフォーマンスを存分に発揮させる走法です。 スライド奏法ではなく、前後のタイヤのパフォーマンスを発揮させる走法があれば、当然そちらのほうがフィニュッシュラインへの一番乗りがより近づくことが期待できます。 ということは、スライド走法全盛のうちは、まだまだあなたにも勝機があるということです。
  • 前乗りと後乗りの定義 (新解明国語辞典)

    まえのりとうしろのりのていぎ【前乗りと後乗りの定義】 「どうでもいいことの解説はさらにどうでもよい」の典型例 「よく解からないけれど、とりあえず解説する」の典型例 「間違ってはいないけれど、あまり役に立…
  • 基本の基:ジムカーナ>旋回・立上り

    ジムカーナの旋回・立上りは他の競技と違いぬるくありません。 グイグイ曲がって、ドピュッと立ち上がります。 ジムカーナの旋回時と立上り時のテクニックは、些細なことは多数あるにしても一番のテクニッ…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 旋回時のフォーム

    例えば左コーナーのドゥーハン乗りは「スライドしてもコントロールできる乗り」です。 反対に思いっきりイン側に体を入れる、例えば肘擦り乗りは「スライドしたらカシャー乗り」です(カシャーは滑る音)。 ドゥーハン乗りに比べ余裕がもうないからです。 じゃあマルケスも「スライドしたらカシャー乗り」かというと違います。 ここでマルケスの前かがみ乗りの利点が出てきます。 スライドしても下半身をスライドに追随させるだけの伸びしろがあります。 また右手のわきを締めていないため、スロットルを思いもよらず開け閉めしてしまうこともありません。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ターンイン

    次の項目を用いてターンイン時のアクションを完成させよ 上体を起こす アクセルを開ける アクセルを閉める アクセルをパーシャルにする フロントブレーキをかける リヤブレーキをかける おしりを…
  • 基本の基:キースコード的 理想のライン#2

    減速し過ぎに注意。 オーバースピードのリカバリはガッツを試されますが、 減速しすぎた場合のリカバリは知性を試されます。 失ったタイムはなかなか奪い返せません。 慌てて加速したって手遅れですよね。 見落とされ…
  • マルケスの弱点

    第5戦のマルケスが弱点を見せました。 第5戦のマルケスと第1戦のマルケスが戦ったら第1戦のマルケスが勝利したでしょう。 違いはわずかです。 マルケスは(多分)転倒したくなかったのでしょう。 序盤の乗り…
  • マルケスに勝ヅート!

    マルケスに勝ちましょう。 マルケスに勝つためには、マルケスを超える必要はありません。 同等になれば勝ったり負けたりできます。 打ち負かすことを望むのは無謀です。 …
HMV検索
検索する

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »