カテゴリー:ブレーキング

  • 上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方

    上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方

    上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方 街乗りを想定するとなかなか書きにくいので別投稿で補足します。 上り坂と下り坂も同じライディング? 正しく完成されたライディングができれば、下りも登りも同じライディングで良い…
  • ノーブレーキ走法を極める(四輪)

    ノーブレーキ走法を極める(四輪)その1

    ノーブレーキ走法を極める(四輪) 二輪のノーブレーキ走法 以前に紹介したキース・コードが勧めているノーブレーキ走法はお試しいただけたでしょうか? ライダーが頑張りすぎるあまり、いかに無駄に減速しすぎていたか、い…
  • 突っ込み番長 >タイヤの空気圧とセッティング

    誰かより、安全に、あるいは競い勝つためにブレーキングを行いたいのであれば、その誰かよりフロントタイヤの空気圧を低くすれば良いということのようです。 これは決勝ではなく、苦手克服の練習時には十分効果的でしょう。 弊害は、たわみ量が増えることによる、発熱の増加と、寿命の低下、コーナリング特性の変化、 路面抵抗増加による、ストレートスピードの低下などがあります。 このことは、タイヤをレース終了まで持たせることができる、と言うのはもはやライダーではなく、 タイヤメーカーが、誰を想定してタイヤを用意して、こっそり適正空気圧を教えるか、にかかっているといえるでしょう。
  • 接近戦・決勝に強くなる スパーリングとクリンチ

    接近戦・決勝に強くなる スパーリングとクリンチ 決勝でズルズルと順位を落としてしまうのは、歯がゆいのでなんとかしてもらいましょう。 V3を誇るウェイン・レイニーにしても競い合いの末の優勝率は高くありません。 …
  • 下り坂コーナーが苦手な理由 RR>下り坂

    下り坂コーナーが苦手な理由 RR>下り坂

    下り坂コーナーが苦手な理由はライダーの錯覚によるものです。 全てはイリュージョンです。 全ては本人の思うまま。
  • ノーブレーキ走法と8の字 基本の基:キースコード的

    ノーブレーキ走法 キース・コードの『Soft Science of Roadracing Motorcycles: The Technical Procedures and Workbook for Roadracin…
  • カーボンディスクとABS

    MotoGPではブレーキディスクの素材にカーボンが認められています。※ 大変手間もかかり1枚作成するのに半年から9か月程かけるそうです。 なにやら輪島塗より重ね塗り(再充填)を繰り返すそうです。 作成時の精度が…
  • 基本の基 サスペンション > 腕 (加減)

    今回は腕を例にとり説明しましたが脚でも腰でも同じようなものです。 特に伸身抜重と、屈伸抜重はタイミングやポイントが全然異なるので、 正しく使い分ける必要が有ることがお分かりになったと思います。 同じ抜重でもどちらの抜重をするかでタイミングやライディングそのものが変わってきます。 そういう意味では両方の抜重を使いこなせる必要があります。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ドゥーハン式

    ドゥーハン式ハングオン、というかコーナリングのコンセプトは、いわゆるスライド走法とはある点で一線を画しています。 スライド走法は走りの次元を一旦下げた上で構築されるのに対し、 ドゥーハン式は逆に走りの次元をあげた上で構築されることです。 すなわちドゥーハン式に比べスライド走法は取り返すことの出来ないロスタイムを生じさせた上でのコーナリングテクニックあり、 ある意味致命的であることから永遠に完成の域には達することが出来ない走法といえるのです。
  • 基本の基:ロードレース>ブレーキング ブレーキレバーの握り方

    基本の基:ロードレース>ブレーキング ブレーキレバーの握り方

    注意事項はフルブレーキの項?でお伝えしたように脇を締めないことです。 脇を締めると外乱にも内乱でも腕がつっかえ棒になり、ロクなことがありません。 見た目の悪さはともかく、実際にやってみるとその効果は歴然です。 ぜひとも肘あげブレーキを習得しておきましょう。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオンのハ (フロントサスとフロントアーム)

    ハングオンの始まりは、ブレーキとともに上体をガバっと起こす一連の動作から始まります。 このガバっとの起こし方でピッチングとローリングと重量と慣性の行方が決まります。 ここでトライアル並みの繊細なタイミングでフ…
  • ライディングフォームとフロントフォーク

    ブレーキング時のバイクの挙動が、ライディングフォームに及ぼす影響は大きいと思います。 同様に、ブレーキング時のバイクの挙動に、ライディングフォームが及ぼす影響も大きいと思います。 ライディングフォームは、重心位置…
  • 基本の基:ロードレース>ブレーキング

    ロードレースにおけるハングオンは実はブレーキングのためにあります。 どこがって、唯一ブレーキング時のフォームが美しいのです。 実際に利点がいくつかあります。 テクニック的にはウェインレイニー乗りをすると…

#鈴鹿8時間耐久

ピックアップ記事

HMV検索
検索する

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,330,604 アクセス
ページ上部へ戻る