カテゴリー:切り返し

  • 転倒の仕方その1 マーベリック・ビニャーレスの場合

    ビニャーレスがそうだったとは言いませんが、切り返しをいい加減に行うとあんな感じで転倒できます。 いくつか方法がありますが一番簡単な方法を伝授しておきます。 転倒の仕方その1 切り返しに失敗して転倒する高度な方法…
  • 芸術的な切り返しの仕方  RR>切り返し

    通常の切り返しでは、ステップに対し踏ん張ることで、上体(腰回り)の移動を行うきっかけとしています。 切り返しを行うタイミングで加重していたのではタイミング的に手遅れなことと、加重の方向が移動方向でもなく、マシンへの挙動も大きくなりがちでした。 これでは効率がよくないことは明白です。 そのうえ悲しいことに、クイックに行おうと思えば思うほど、マシンの挙動もライダーのアクションも大きくなるだけで、スピードはさほど変わらず、単に雑なライディングになってしまいがちです。 今回の抜重をメインとした切り返しでは数々の点でメリットがあると思います。 アクションを起こす前に、明示的な加重区間を作ることで、切り返しの動作自体を加重から解き放すことが可能となります。 ライダーをいったん持ち上げる動作からは解き放されるので加重や抜重を純粋にライディングに対しおこなことができるようになります。 加重の動作では行いにくかった切り返し中に「伏せる」ことも可能になりました。 最短距離の移動で済むこともクイックさにつながります。 最小のアクションで済むということは、より精度の高いコントロールができるということでもあります。 押してダメなら引いてみな! ということです。
  • 勝負の分かれ目 RR>切返し

    [caption id="attachment_3597" align="alignnone" width="401"] てっきり代役はトニー・ボウかと思っていたのに…[/caption] 日テレG+様様 今回マルチ…
  • 基本の基:ロードレース > 切り返し

    「切り返し」は、ブレーキングやコーナリングなどよりも、はるかに「理想」からは程遠いのが実情といえると思います。 なぜならフロントタイヤを使いきれていないからです。 あるいはフロントタイヤを有効に使おうと思うと、ラインに無駄が生じやすいからです。 傍目にきれいな、ズバッと一気に切り返ししている場面でも、一連の流れの中で必ずフロントタイヤのトラクションが抜けてしまう瞬間が生じていることでしょう。
  • 基本の基:ジムカーナ>切り返し #2

    目指すはフルボトムな切り返し! 切り返しの具体例を紹介します。 いきなり極め付きの切り返しです。 普通に切り替えしてみるとわかりますが、切り返し途中の直立付近での…
  • 基本の基:ジムカーナ>切り返し

    さすが低速、好き放題できます。 礼儀正しく慣性待ちするとタイムロスなので、 速く走るためには結構力技が必要です。 方法は、 それだけで1年位解説できそうなので割愛します。 普通のテクニックなので他所で手に入れて…

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,373,641 アクセス
ページ上部へ戻る