カテゴリー:ハングオン

  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ドゥーハン式

    ドゥーハン式ハングオン、というかコーナリングのコンセプトは、いわゆるスライド走法とはある点で一線を画しています。 スライド走法は走りの次元を一旦下げた上で構築されるのに対し、 ドゥーハン式は逆に走りの次元をあげた上で構築されることです。 すなわちドゥーハン式に比べスライド走法は取り返すことの出来ないロスタイムを生じさせた上でのコーナリングテクニックあり、 ある意味致命的であることから永遠に完成の域には達することが出来ない走法といえるのです。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ステップワーク

    ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。 オートバイの醍醐味は、バランスを取るため、あるいはバランスを崩すために、ライダー自らが体を動かしそしてその体の動かし方次第で如何様にもなるところにあるのではないでしょうか?
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 依存と率先

    ターンイン時のライダーのアクションには大別して、頭を中心とする頭脳系と、頭を振り子にする愚系とがあり、そしてそれぞれにバイク任せの依存系と、先導してバイクを誘う率先系とがあります。 [caption id="att…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 下界の走り

    ノリック乗りをしてフロントタイヤを一定のキャンバー角で旋回しましょう。 そしてその時のコーナーの状況に合わせてリヤタイヤの位置をコントロールしましょう。 フロントタイヤのキャンバー角を一定にするためには、 とにかく一気に所定の角度までフロント周りをバンクさせて、遠心力的な帳尻をライダーの位置で補いましょう。 リーンアウトしたり、肘を擦ったりということです。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 旋回時のフォーム

    例えば左コーナーのドゥーハン乗りは「スライドしてもコントロールできる乗り」です。 反対に思いっきりイン側に体を入れる、例えば肘擦り乗りは「スライドしたらカシャー乗り」です(カシャーは滑る音)。 ドゥーハン乗りに比べ余裕がもうないからです。 じゃあマルケスも「スライドしたらカシャー乗り」かというと違います。 ここでマルケスの前かがみ乗りの利点が出てきます。 スライドしても下半身をスライドに追随させるだけの伸びしろがあります。 また右手のわきを締めていないため、スロットルを思いもよらず開け閉めしてしまうこともありません。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ターンイン

    次の項目を用いてターンイン時のアクションを完成させよ 上体を起こす アクセルを開ける アクセルを閉める アクセルをパーシャルにする フロントブレーキをかける リヤブレーキをかける おしりを…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオンのハン(足ブラのメリット)

    基本の基:RR>ハングオンのハン (足ブラのメリット) ブレーキング時の上半身が定まったところで、次は腰下です。 腰 まず腰ですが、前後的には3択です。 背筋を伸ばすか、なにもしないか、腹筋に力を入れ背筋を丸める…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオンのアプローチ

    ハングオンは、実はほかのどの乗り方やフォームよりも、安全性が高く、無駄なアクションも少なく、路面やバイクへの負担も少なく安定性も高い、芸術的な走法だと思います。 そのハングオンの芸術性は直前のストレートでの「おしり…
HMV検索
検索する

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »