タグ:オーバーステア

  • トレッド面への荷重配分 RR > コーナリング

    バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。 理由はそのほうが速くて安全だからです。 マルケスに代表される最近のライディング、というよりオートバイのバンク角が足りなくてライダーが補っちゃっている走法の解説です。 この走法は、もっともっと曲がりたいとき、フロントタイヤにさらに仕事をしてもらいたいときにより効果的です。
  • 旋回中の腕(充て舵) RR > セッティング

    自身のライディングの参考としたい場合、以下の場面のライディングはどうとらえるべきでしょう? 右手首、左手首の角度や右肩の状態からしてこのライダーはステアリングを右側にプッシュしているでし…
  • 前乗りと後乗りの定義 (新解明国語辞典)

    まえのりとうしろのりのていぎ【前乗りと後乗りの定義】 「どうでもいいことの解説はさらにどうでもよい」の典型例 「よく解からないけれど、とりあえず解説する」の典型例 「間違ってはいないけれど、あまり役に立…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ターンイン

    次の項目を用いてターンイン時のアクションを完成させよ 上体を起こす アクセルを開ける アクセルを閉める アクセルをパーシャルにする フロントブレーキをかける リヤブレーキをかける おしりを…
  • 「理想のステアリング」 左右の腕の役割

    コーナリングにおける左右の手(腕)の役割について考えてみましょう。 自身の重力をステアリングで支える場面があります。 というよりステアリングに無用な力を加えてしまうことがあります。 減速、加速時に限らず…
  • ドリフトをマスターする (新解明国語辞典) (理想のドリフト)

    どりふと【ドリフト】 タイヤが横に滑っているその様の呼び名。 スライドとほぼ同義だが、自慢するときはドリフト、言い訳するときはスライド、と使い分けられている。 「侵入でスライドさせて・・・」より「侵入でドリフト…
  • セナに近づく (セッティング)

    とりあえずセナ足をやってみると、その反動というか結果がステアリングにも表れてきます。 これを打ち消すか、受け流すか、これもセッティングの範疇になります。 適当に動かしてその特徴をつかんでください。 安定したとか、旋回したとか、タイムを短縮できたとか、何も起きないとか。
  • 「セッティング」をセナ手で試す

    「ソーイング」する事で車体に関するセッティング関連の変化と傾向はつかめたでしょうか ステアリングから伝わる振動や、衝撃などが車の状態を表しています。 リアタイヤの挙動までは伝わらないにしてもフロントタイヤが受けて…
  • [セッティング]の感じ方「セナ手」

    セッティングを感じるのは、体中です。 体中ががセンサーです。 しかし、適当に走ってその状態のセッティングを感じとるのは、実際のところかなりの経験を必要とします。 そこで今回は、セッティングについての経験を積みま…
  • 「セッティング」の使い方

    レース後の会見で、「セッティングがうまく行かなかった」とよく聞きます。 この発言で誰が幸せになるでしょうか? 言い訳した本人も、セッティングに携わるスタッフも、友人も、観客も、特にスポンサーは・・・。 きっとレ…
  • 可夢偉のオーバーテイク 回答編

    リアルに勝ちたい人はご一読ください。 見慣れた光景のテールトゥノーズの接近戦、抜く気がないのなら良いですが、次のストレートで抜こうと思っているのなら、後走者(あなた)のその行為は自滅行為です。 「前走者に追いつい…
  • アクセルで曲がる?(ライントレースの練習 その5)

    コーナリング中にステアリン操作ではなくアクセル操作でライントレースを行うことがあります。 これを「アクセルで曲がる」と呼んだとします。 では「アクセルで曲がる」とは、どういう時にどういう操作をするのでしょうか。 …
  • アクセルで曲がる (ライントレースの練習 その4)

    普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思っていても、もう一度試してみてください。 ライントレース中にラインの半径の変化に合わせアクセル(スロットル)をオフ・オ…
  • 道なりに走る (ライントレースの練習 その3)

    前回までの練習に加え、道なりに合わせスロットル(アクセル)を開け閉めしましょう。 普通の道を、普通に走る感じです。 ブレーキは出来れば使わないでやってみましょう(もちろん使ってもよいです)。 ラインの半径に見合…
  • ライントレース その1

    ライントレースをしましょう。 最初はスピード一定でやりましょう。 遅くてよいです。 場所は一般道、高速道路でしましょう。 ラインは車線の真ん中です。 今回は車体のどこをラインをトレースするポイントに…

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,235,783 アクセス
ページ上部へ戻る