タグ:コーナリング

  • コーナーのライン取りの考え方

    サーキットのコース攻略において大事なのがコーナーのライン取り。 初心者はもちろんのことそのコースを初めて走る場合やマシンなどの環境が変わったときにコース図片手にアレヤコレヤと考えたものですね。 今回はこの時と…
  • ホームポジション RR>コーナリング

    ホームポジション 盤石な走り オンボード映像は時にレース結果よりも残酷ですね。 ザクセンリンクでのマルケスのオンボード映像を見る限りでは、 彼とマシンのパッケージには、ライバルが付け入る隙などどこにも見いださ…
  • イン側に割り込むということ (新解明国語辞典)

    イン側に割り込むということ 野放し禁止 絡めば絡むほどよろこんでじゃれまくり。 本人は手加減しているつもりの甘噛みだとしても、じゃれて甘噛みするのが子猫ではなく、子パンダだったとしたらさすがに野放しにはできませ…
  • トレッド面への荷重配分のコントロールの仕方 RR>コーナリング

    トレッド面の外側への荷重配分をコントロールしてみます。 わかりやすく簡単な方法は、立ち上がりで膨らむことです。 意図せずして膨らんでしまうのではなく、 意図して膨らんだ場合、これを「コントロールした」といい…
  • トレッド面への外側荷重 RR>コーナリング

    コーナリング中にリアタイヤをスライドさせるために外足に荷重する。 正しくは、 リアタイヤをスライドさせるときには、フロントタイヤのトレッド面の外側にシートで荷重する。 その際に、リアが滑り出してもよいように…
  • トレッド面への荷重配分 RR > コーナリング

    バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。 理由はそのほうが速くて安全だからです。 マルケスに代表される最近のライディング、というよりオートバイのバンク角が足りなくてライダーが補っちゃっている走法の解説です。 この走法は、もっともっと曲がりたいとき、フロントタイヤにさらに仕事をしてもらいたいときにより効果的です。
  • キャンバー角とかキャンバースラストとかスリップアングルとかトレッドとかを荷重的にコントロールする RR>コーナリング

    特に街乗りレベルにおいてリーンウィズのままでのライディングは、オフロードバイクのタイヤでは低速なほど曲がらない(イコール倒れやすい)、オンロードバイクのタイヤでは低速なほど切れ込む(イコール曲がらない)傾向があるのではないでしょうか? この特性に対して、別のジオメトリーや、ステアリングダンパーなどを使って乗りやすくするのって???です。 低速時にはタイヤ特性に合わせて、寝かすなり、リーンインすれば済むことで、さらにその方がバイクやタイヤ(特に摩耗)に優しいのではと思うからです。
  • ダートトラック走法の「二つ」  基本の基:ダートトラック > 右手

    「理想的な状態でのダートトラック走法」は、オートバイに優等生的に「ただ乗っているだけ」な状態です。走法の説明がいらないくらいスムーズで自然なライディングをしているときのことです。 自信をもって最適な走法ができているときのフォームになります。 着座位置は次元が高くなればなるほど後ろよりになってきます。 ブレーキスライドの量もパワースライドの量も減り、慣性ドリフトにシフトしていくからです。
HMV検索
検索する

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »