タグ:コーナリング

  • ホームポジション RR>コーナリング

    ホームポジション 盤石な走り オンボード映像は時にレース結果よりも残酷ですね。 ザクセンリンクでのマルケスのオンボード映像を見る限りでは、 彼とマシンのパッケージには、ライバルが付け入る隙などどこにも見いださ…
  • イン側に割り込むということ (新解明国語辞典)

    イン側に割り込むということ 野放し禁止 絡めば絡むほどよろこんでじゃれまくり。 本人は手加減しているつもりの甘噛みだとしても、じゃれて甘噛みするのが子猫ではなく、子パンダだったとしたらさすがに野放しにはできませ…
  • トレッド面への荷重配分のコントロールの仕方 RR>コーナリング

    トレッド面の外側への荷重配分をコントロールしてみます。 わかりやすく簡単な方法は、立ち上がりで膨らむことです。 意図せずして膨らんでしまうのではなく、 意図して膨らんだ場合、これを「コントロールした」といい…
  • トレッド面への外側荷重 RR>コーナリング

    コーナリング中にリアタイヤをスライドさせるために外足に荷重する。 正しくは、 リアタイヤをスライドさせるときには、フロントタイヤのトレッド面の外側にシートで荷重する。 その際に、リアが滑り出してもよいように…
  • トレッド面への荷重配分 RR > コーナリング

    バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。 理由はそのほうが速くて安全だからです。 マルケスに代表される最近のライディング、というよりオートバイのバンク角が足りなくてライダーが補っちゃっている走法の解説です。 この走法は、もっともっと曲がりたいとき、フロントタイヤにさらに仕事をしてもらいたいときにより効果的です。
  • キャンバー角とかキャンバースラストとかスリップアングルとかトレッドとかを荷重的にコントロールする RR>コーナリング

    特に街乗りレベルにおいてリーンウィズのままでのライディングは、オフロードバイクのタイヤでは低速なほど曲がらない(イコール倒れやすい)、オンロードバイクのタイヤでは低速なほど切れ込む(イコール曲がらない)傾向があるのではないでしょうか? この特性に対して、別のジオメトリーや、ステアリングダンパーなどを使って乗りやすくするのって???です。 低速時にはタイヤ特性に合わせて、寝かすなり、リーンインすれば済むことで、さらにその方がバイクやタイヤ(特に摩耗)に優しいのではと思うからです。
  • ダートトラック走法の「二つ」  基本の基:ダートトラック > 右手

    「理想的な状態でのダートトラック走法」は、オートバイに優等生的に「ただ乗っているだけ」な状態です。走法の説明がいらないくらいスムーズで自然なライディングをしているときのことです。 自信をもって最適な走法ができているときのフォームになります。 着座位置は次元が高くなればなるほど後ろよりになってきます。 ブレーキスライドの量もパワースライドの量も減り、慣性ドリフトにシフトしていくからです。
  • 基本の基:キースコード的>コーナリング時の前後タイヤの荷重配分 #2

    ライダーの役割はどこまでバンキング角速度をあげられるかにかかっています。 このバンキングのスピードが早まり、開発陣の望むリヤの荷重配分を上回ることができたら、 マシンの開発は早まり、ライダーの需要と競技人生は伸びることでしょう。 レースの歴史全体の中で、最近のバンク角速度は特に早いとも思えないので、抜きん出るチャンスは十分有るでしょう。
  • 基本の基:キースコード的>コーナリング時のタイヤへの荷重配分

    スライド走法はリヤタイアのパフォーマンスを下げることで、フロントタイヤのパフォーマンスを存分に発揮させる走法です。 スライド奏法ではなく、前後のタイヤのパフォーマンスを発揮させる走法があれば、当然そちらのほうがフィニュッシュラインへの一番乗りがより近づくことが期待できます。 ということは、スライド走法全盛のうちは、まだまだあなたにも勝機があるということです。
  • 基本の基:ダートトラック>コーナリング(パーシャル)

    レースの勝敗はパーシャルで決まる! 思ったよりラップタイムが良かったり、逆に悪かったりする時の境目もここにあります。 ダートトラックがわかりやすいので、これで十分練習を積んでみてください。 コーナリング…
  • 基本の基:ダートトラック>コーナリング

    ブレーキ装置のついていないダートトラッカーではまさしく右手一本にすべてが託されています。 ここで必要とされるテクニックは「ワイドオープン」ではありません。 必要とされるのは繊細さが要求される「パーシャル」です…
  • 理想のラインと理想のビュー

    人に説明するために「理想のライン」を用いてもよいですが、 自身に対しては「理想のビュー」ではないでしょうか? 自身が理想のラインを走っていると思われる時の、 そのラインの価値の判断基準はそのラインを本当に通って…
  • 「理想のステアリング」 左右の腕の役割

    コーナリングにおける左右の手(腕)の役割について考えてみましょう。 自身の重力をステアリングで支える場面があります。 というよりステアリングに無用な力を加えてしまうことがあります。 減速、加速時に限らず…
  • セグウェイを知る(理想のコーナリング)

    一輪車に乗れない方はセグウェイに乗ってみることをお勧めします。 セグウェイには左右の二輪構成なので前後輪という概念はありません。 左右の内輪差の問題も構造上問題ないのでいわゆるジオメトリーとかのセッティングを考え…
  • 「理想のライン」は諸悪の根源 その2

    ラインを考える前に、「ライン通りに走れるか」を振り返ってみてください。 レコードラインを通れるという人、自身のベストラップになりましたか? ベストラップになった人は、もっと速く走れますよ。 ベストラップにならない人は、スピードもアプローチもそのレコードラインとは合っていません。
  • 当て舵を極める (シューマッハはジオメトリーを変える その2)

    テクニック編です。 これはぜひマスターしてください。 四輪では説明できないので、二輪で説明します。 しかし二輪では危険なので、四輪で試してください。 二輪でカウンターステアをあてる(逆操舵)という、ターンイン…

#鈴鹿8時間耐久

ピックアップ記事

HMV検索
検索する

コーナリング

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


ブログランキングならblogram チケットぴあ
ページ上部へ戻る