タグ:タイヤ

  • タイヤのトラクションとサスペンションとしてのタイヤ

    タイヤのトラクションとサスペンションとしてのタイヤ

    タイヤのトラクションとサスペンションとしてのタイヤ MotoGPの凄さ 最近のライディングでは、タイヤにトラクションをかけ続けることが求められていると言われますね。 そいういわれても、実際にはあ…
  • コーナリング番長 RR>タイヤの空気圧

    コーナリング番長 RR>タイヤの空気圧 タイヤの空気圧を減らした場合、タイヤと地面の接地面は主に縦長になります。 直線では大して影響がないとしても、コーナリング中では多方面に影響が出てきます。 接地面…
  • 突っ込み番長 >タイヤの空気圧とセッティング

    誰かより、安全に、あるいは競い勝つためにブレーキングを行いたいのであれば、その誰かよりフロントタイヤの空気圧を低くすれば良いということのようです。 これは決勝ではなく、苦手克服の練習時には十分効果的でしょう。 弊害は、たわみ量が増えることによる、発熱の増加と、寿命の低下、コーナリング特性の変化、 路面抵抗増加による、ストレートスピードの低下などがあります。 このことは、タイヤをレース終了まで持たせることができる、と言うのはもはやライダーではなく、 タイヤメーカーが、誰を想定してタイヤを用意して、こっそり適正空気圧を教えるか、にかかっているといえるでしょう。
  • タイヤの空気圧でセッティング 

    違いの分かる男 微妙なセッティングの違いがわかる場面には2種類あったりします。 行なったセッティング変更がドンピシャな時と、そもそもセッティング(ジオメトリー)が大きく適正な状態から外れている時とあります。 …
  • タイヤの空気圧とセッティング

    タイヤの空気圧とセッティング いたって素朴な質問 「場面の違いに合わせてタイヤの空気圧を変えるべきか?」 答えはたいてい次のようなものです。 「タイヤの空気圧は指定空気圧を守ってください」 「タイヤの空…
  • 立ち上がりラインの作り方 (ラインはタイヤが決める)

    ファースト・ファースト・ファースト レースの基本みたく言われている「スローイン・ファーストアウト」は初心者抜けの言葉です。 言い換えますとスタートポジションで、想定したスピードよりスローだったらそれは失敗です。失ったものは取り返せません。 逆にオーバースピードだった場合は、取り戻せないか、いつも通りか、いつも以上のどれかになります。 より良い結果になるように努力することや、トライする権利が生じています。
  • タイヤの形状とリーンポジションと空気圧とエッジとマシンセッティング  RR>セッティング

    タイヤにはリーンウィズ用のタイヤと、リーンイン(ハングオン含む)用のタイヤと、リーンアウト用のタイヤがあるということです。 ということは、交通安全協会は「バイクの基本はリーンウィズだ」は良いとして「バイクに合わせたリーンポジション」をとらなければいけないことを示唆しなければいけないと思うのです。 そして、 タイヤの形状がコロコロ変わるようでは、マシンのセッティングも、ライディングフォームも一つに落ち着くことなどありえないのです
  • 基本の基:キースコード的>コーナリング時のタイヤへの荷重配分

    スライド走法はリヤタイアのパフォーマンスを下げることで、フロントタイヤのパフォーマンスを存分に発揮させる走法です。 スライド奏法ではなく、前後のタイヤのパフォーマンスを発揮させる走法があれば、当然そちらのほうがフィニュッシュラインへの一番乗りがより近づくことが期待できます。 ということは、スライド走法全盛のうちは、まだまだあなたにも勝機があるということです。

新着記事

  1. おぬしもワルよの~

    あからさまな行為とグレーな行為(フェナーティ事件Vs.)

    トップライダーたちが「あり得ない行為」だという。 マルケスのように様々な攻撃パターンを持っている経…
  2. チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果の関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性 主にパーシャル付近でのチャタリ…
  3. シートストッパーでわかるチームの前向き加減

    シートストッパーでわかるチームの前向き加減

    シートストッパーでわかるチームの前向き加減 たかがシートストッパー、されどシートストッパーなお話の…
  4. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド

    タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …
  5. トニー・ボウのリアフェンダー

    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率

    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率 転倒率自体はペドロサよりマルケスのほうが…
  6. とどめの一撃とその見返り

    とどめの一撃とその見返り 2018年5/6のへレスでの18週目のアクシデント 好…
  7. ヤマハの切り返しが重たい理由

    ヤマハの切り返しが重たい理由

    ヤマハの切り返しが重たい理由 マシン作りとライダーの関係 ヤマハの切り返しが重たい理…
  8. 大人げない大人

    大人げない大人 【新解明国語辞典】

    大人げない大人 【新解明国語辞典】 ライダー同士が次元の低い言い争いをしてるのを見て「大人げない」…
  9. アタックした後のリカバリーの方法

    アタックした後のリカバリーの方法

    アタックした後のリカバリーの方法 世界最高峰のスピードを競う競技なのに、その関係者は何をもたもたし…
  10. MotoGP界のヒール復活

    MotoGP界のヒール復活 連ドラで復活したアブドラ・ブッチャーよろしくMotoGP界のヒールも大…
HMV検索
検索する

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »