タグ:トレッド

  • トレッド面への荷重配分 RR > コーナリング

    バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。 理由はそのほうが速くて安全だからです。 マルケスに代表される最近のライディング、というよりオートバイのバンク角が足りなくてライダーが補っちゃっている走法の解説です。 この走法は、もっともっと曲がりたいとき、フロントタイヤにさらに仕事をしてもらいたいときにより効果的です。
  • キャンバー角とかキャンバースラストとかスリップアングルとかトレッドとかを荷重的にコントロールする RR>コーナリング

    特に街乗りレベルにおいてリーンウィズのままでのライディングは、オフロードバイクのタイヤでは低速なほど曲がらない(イコール倒れやすい)、オンロードバイクのタイヤでは低速なほど切れ込む(イコール曲がらない)傾向があるのではないでしょうか? この特性に対して、別のジオメトリーや、ステアリングダンパーなどを使って乗りやすくするのって???です。 低速時にはタイヤ特性に合わせて、寝かすなり、リーンインすれば済むことで、さらにその方がバイクやタイヤ(特に摩耗)に優しいのではと思うからです。

#鈴鹿8時間耐久

ピックアップ記事

HMV検索
検索する

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,237,282 アクセス
ページ上部へ戻る