タグ:バイク

  • マイケル・ドゥーハン式リアブレーキを極める

    ドゥーハン仕様の左ハンドルリアブレーキは散々試したにもかかわらず浸透しなかったらしい。 なんてこった! ドゥーハンにとどまらずミハエル・シューマッハも鈴鹿で実践した、 「実力以上のタイムが出てしまう」チャンピオ…
  • マルク・マルケスが前傾している理由 #2

    何のことはない、昨今はコーナリング中の転倒はフロントゴケだけ想定してれよいらしい。 リアのスライドは、最適なスリップ率に正確にコントロールされているらしいからだ。 であれば転倒時のダメージを考慮したなら、上半身は…
  • 基本の基:ロードレース>スタート 目を鍛える

    スタートで遅れるとグリッド順位に関係なくテンションが下がる(応援者談)。 せっかくのグリッド、大事にしましょう。 即座に反応できるようにまずは目を鍛えましょう。 そしてせっかくなので総合的に目を鍛えてしまいまし…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ステップワーク

    ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。 オートバイの醍醐味は、バランスを取るため、あるいはバランスを崩すために、ライダー自らが体を動かしそしてその体の動かし方次第で如何様にもなるところにあるのではないでしょうか?
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 依存と率先

    ターンイン時のライダーのアクションには大別して、頭を中心とする頭脳系と、頭を振り子にする愚系とがあり、そしてそれぞれにバイク任せの依存系と、先導してバイクを誘う率先系とがあります。 [caption id="att…
  • 理想のライディング(新解明国語辞典)

    優れたライディングはたいてい美しい。 したがって昨今流行の足ぶらライディングは次世代には消え去っていることでしょう。 りそうのらいでぃんぐ【理想のライデ…
  • 基本の基:ジムカーナ>切り返し #2

    目指すはフルボトムな切り返し! 切り返しの具体例を紹介します。 いきなり極め付きの切り返しです。 普通に切り替えしてみるとわかりますが、切り返し途中の直立付近での…
  • 基本の基:ロードレース>スタート #2

    今回はスタート練習について。 昔のGPでは実際のスターティンググリッドあたりからスタート練習しているライダーも見受けられました。 危険といえば危険なので、MotoGPではスタート練習に規定が設けられました。 …
  • 基本の基:ロードレース>スタート

    10月3日に開催された<2014 筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦>を観戦してきました。 感想:「スタートが甘い!」 予選順位に関係なく1コーナーの進入では最後尾だった私に言われるのだから間違いがない! …
  • 基本の基:キースコード的>反応速度

    時速340Kmで走行中は0.1秒で9.5mも進んでしまいます。 まばたき一回で……。 0.1秒といえば陸上競技の反応時間の基準ですね。 スタートの合図(ピストル?…
  • 基本の基:ロードレース>ブレーキング ブレーキレバーの握り方

    基本の基:ロードレース>ブレーキング ブレーキレバーの握り方

    注意事項はフルブレーキの項?でお伝えしたように脇を締めないことです。 脇を締めると外乱にも内乱でも腕がつっかえ棒になり、ロクなことがありません。 見た目の悪さはともかく、実際にやってみるとその効果は歴然です。 ぜひとも肘あげブレーキを習得しておきましょう。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 下界の走り

    ノリック乗りをしてフロントタイヤを一定のキャンバー角で旋回しましょう。 そしてその時のコーナーの状況に合わせてリヤタイヤの位置をコントロールしましょう。 フロントタイヤのキャンバー角を一定にするためには、 とにかく一気に所定の角度までフロント周りをバンクさせて、遠心力的な帳尻をライダーの位置で補いましょう。 リーンアウトしたり、肘を擦ったりということです。
  • 基本の基:ロードレース>前乗りと後乗りとタダ乗り

    往年のスペンサーとかケニーとかの、見た目同じようなリアのスライド走法はどうでしょうか? こちらはフロントを頼っていない割にいきなり旋回していきます。 思い描く走行ラインは、スライドしてるリアタイヤから創造されていると思います。 これこそは後乗りな感じだと思いませんか? もう旋回を開始したとたんに後乗りです。
  • 基本の基:ジムカーナ>前乗りと後乗りの方法

    ライダーはバイクからグリグリ落ちて、バイクはそれをグイグイ拾うのです。 そのためにはライダーが落ちている間に更に旋回度を増して、 ライダーが落ちようとしているその下にバイクがもぐりこむわけです。 もぐりこむためには角加速度的な加速か、速度的な加速を利用します。 ライダーは角加速度的な加速の場合は横に、速度的な加速の場合は前方に落ちます。
  • 基本の基:ダートトラック>アイスダンス

    とりあえず、雪国日本、アイスダンスを楽しみましよう。 といっても、雪の上を走り回るだけです。 利用するバイクはシートが低くてトルクフルなバイクがよいでしょう。 オフロードタイプのミニバイクが一番ですが、スクーターでも良いでしょう。 コツは転ぶつもりで走ることです。 転ぼうと思うと、意外と転ばないものです。
  • 基本の基:ロードレース>ライディングフォームとバンク角

    コースや状況に合わせて、まずはタイヤが最適な状態になるようにバンク角を適切なところに合わせ、 ライダーは遠心力的な折り合いをつけられるようなポジションどりをします。 「後乗りが良いとか、前乗りが好きとかではなく、最適なマシンのバンク角を補うためにどこにでも移動する。」を心情にすると幸せになれるでしょう。

キース・コード的

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,302,834 アクセス
ページ上部へ戻る