タグ:ホルヘ・ロレンソ

  • とどめの一撃とその見返り

    とどめの一撃とその見返り 2018年5/6のへレスでの18週目のアクシデント 好き嫌いとか政治的配慮とかとは関係ない次元で見ると ペドロサはアクセル開けても閉めてもロレンソにぶつかることに変わりがな…
  • ステアリングしようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその1)

    ステアリングしようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその1)

    ステアリングしようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその1) 転倒との境目 バトルしていて、自分だけ転ぶか、周りが転倒する中自分だけ生き残るか その違いは、例えばこういうところにあったりします。 セルフステアリン…
  • 芸術的な切り返しの仕方  RR>切り返し

    通常の切り返しでは、ステップに対し踏ん張ることで、上体(腰回り)の移動を行うきっかけとしています。 切り返しを行うタイミングで加重していたのではタイミング的に手遅れなことと、加重の方向が移動方向でもなく、マシンへの挙動も大きくなりがちでした。 これでは効率がよくないことは明白です。 そのうえ悲しいことに、クイックに行おうと思えば思うほど、マシンの挙動もライダーのアクションも大きくなるだけで、スピードはさほど変わらず、単に雑なライディングになってしまいがちです。 今回の抜重をメインとした切り返しでは数々の点でメリットがあると思います。 アクションを起こす前に、明示的な加重区間を作ることで、切り返しの動作自体を加重から解き放すことが可能となります。 ライダーをいったん持ち上げる動作からは解き放されるので加重や抜重を純粋にライディングに対しおこなことができるようになります。 加重の動作では行いにくかった切り返し中に「伏せる」ことも可能になりました。 最短距離の移動で済むこともクイックさにつながります。 最小のアクションで済むということは、より精度の高いコントロールができるということでもあります。 押してダメなら引いてみな! ということです。
  • 勝負の分かれ目 RR>切返し

    [caption id="attachment_3597" align="alignnone" width="401"] てっきり代役はトニー・ボウかと思っていたのに…[/caption] 日テレG+様様 今回マルチ…
  • ノーブレーキ走法と8の字 基本の基:キースコード的

    ノーブレーキ走法 キース・コードの『Soft Science of Roadracing Motorcycles: The Technical Procedures and Workbook for Roadracin…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ステップワーク

    ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。 オートバイの醍醐味は、バランスを取るため、あるいはバランスを崩すために、ライダー自らが体を動かしそしてその体の動かし方次第で如何様にもなるところにあるのではないでしょうか?

新着記事

  1. チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果の関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性 主にパーシャル付近でのチャタリ…
  2. シートストッパーでわかるチームの前向き加減

    シートストッパーでわかるチームの前向き加減

    シートストッパーでわかるチームの前向き加減 たかがシートストッパー、されどシートストッパーなお話の…
  3. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド

    タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …
  4. トニー・ボウのリアフェンダー

    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率

    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率 転倒率自体はペドロサよりマルケスのほうが…
  5. とどめの一撃とその見返り

    とどめの一撃とその見返り 2018年5/6のへレスでの18週目のアクシデント 好…
  6. ヤマハの切り返しが重たい理由

    ヤマハの切り返しが重たい理由

    ヤマハの切り返しが重たい理由 マシン作りとライダーの関係 ヤマハの切り返しが重たい理…
  7. 大人げない大人

    大人げない大人 【新解明国語辞典】

    大人げない大人 【新解明国語辞典】 ライダー同士が次元の低い言い争いをしてるのを見て「大人げない」…
  8. アタックした後のリカバリーの方法

    アタックした後のリカバリーの方法

    アタックした後のリカバリーの方法 世界最高峰のスピードを競う競技なのに、その関係者は何をもたもたし…
  9. MotoGP界のヒール復活

    MotoGP界のヒール復活 連ドラで復活したアブドラ・ブッチャーよろしくMotoGP界のヒールも大…
  10. 2016年ロードレース世界選手権MotoGP アルゼンチンGPのQ2のマルク・マルケスの転倒シーン3

    「マルケスばりのバランス感覚」を身に着けよう

    「マルケスばりのバランス感覚」を身に着けよう マルケスが並み外れたバランス能力の持ち主だったとして…
HMV検索
検索する

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »