タグ:周辺視

  • 基本の基:ロードレース>スタート 目を鍛える

    スタートで遅れるとグリッド順位に関係なくテンションが下がる(応援者談)。 せっかくのグリッド、大事にしましょう。 即座に反応できるようにまずは目を鍛えましょう。 そしてせっかくなので総合的に目を鍛えてしまいまし…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 旋回時のフォーム

    例えば左コーナーのドゥーハン乗りは「スライドしてもコントロールできる乗り」です。 反対に思いっきりイン側に体を入れる、例えば肘擦り乗りは「スライドしたらカシャー乗り」です(カシャーは滑る音)。 ドゥーハン乗りに比べ余裕がもうないからです。 じゃあマルケスも「スライドしたらカシャー乗り」かというと違います。 ここでマルケスの前かがみ乗りの利点が出てきます。 スライドしても下半身をスライドに追随させるだけの伸びしろがあります。 また右手のわきを締めていないため、スロットルを思いもよらず開け閉めしてしまうこともありません。
  • 神になる

    神になって見ましょう。 今回、神は、自身を含めたレース現場を上から見てみます。 アイルトン・セナが「自分の走っているところが見える」と失言して笑われたあれです。 斜め上から見た俯瞰図(鳥瞰図)でも真上から見…
  • 「ソッポを向く」をマスターする(新解明国語辞典)(周辺視を使う その2)

    ソッポをむく【外方を向く】【そっぽをむく】 問題が生じたときに、あたかもなかったことのようにふるまうことで、その問題を他人事のように扱うことができる。 また視線を特定の箇所に注目させないことで適切な対応をすること…
  • 何を見、何処を何処で観るか(周辺視を使う その1)

    少しでも優位に立ちたかったら自分の視界の周りには余計なものを置かず、ライバルの視界には余計なものを置いてみましょう。 効果的なのは、目につき読めるけど読みきれないもの、が良いでしょう。 よくある「追突注意」とか「これ…

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,360,234 アクセス
ページ上部へ戻る