タグ:抜重

  • 転倒の仕方その1 マーベリック・ビニャーレスの場合

    ビニャーレスがそうだったとは言いませんが、切り返しをいい加減に行うとあんな感じで転倒できます。 いくつか方法がありますが一番簡単な方法を伝授しておきます。 転倒の仕方その1 切り返しに失敗して転倒する高度な方法…
  • ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その1

    ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論 ナンバ走りとは ナンバ走りとは世界陸上選手権大会、男子200メートルで、末続慎吾選手が銅メダルを獲得したとき広く知れ渡った走り方です。 江戸時代…
  • 正しい脱重の仕方 RR>マルケスのなだめかた

    左腕と右腕の役割の違い 左手を負傷した時の右コーナーはマシンのバンキングが遅れるのでライダーが先行するか、 そのまま右腕で体重を支えてノリック乗りみたいになるとかの特徴があります。 理由は、支えることや、動かすことに精一杯なときには、「アクションの境目の抜重なり加重のためのもう一仕事」を行う余裕が確保されていないことが多いからです。 確保されていないと、そこで腰砕けになったり、タイミングを失ったり遅れたりしてしまいます。 見た目には逆で、クイックに見えたり、アクションが大きく見えたり、前向きに見えたりします。 (これは、はためには分かり難いことを意味しています) 対して右腕の負傷はブレーキングを始めとしたライディングに影響しない場合があります。 それは右腕の役割に、「力技としてのコントロール」の割合が少ないからだと思われます。 「右腕の機能を全力で使うという余裕のないライディング」は普段から行なっていないからとも言えます。
  • 芸術的な切り返しの仕方  RR>切り返し

    通常の切り返しでは、ステップに対し踏ん張ることで、上体(腰回り)の移動を行うきっかけとしています。 切り返しを行うタイミングで加重していたのではタイミング的に手遅れなことと、加重の方向が移動方向でもなく、マシンへの挙動も大きくなりがちでした。 これでは効率がよくないことは明白です。 そのうえ悲しいことに、クイックに行おうと思えば思うほど、マシンの挙動もライダーのアクションも大きくなるだけで、スピードはさほど変わらず、単に雑なライディングになってしまいがちです。 今回の抜重をメインとした切り返しでは数々の点でメリットがあると思います。 アクションを起こす前に、明示的な加重区間を作ることで、切り返しの動作自体を加重から解き放すことが可能となります。 ライダーをいったん持ち上げる動作からは解き放されるので加重や抜重を純粋にライディングに対しおこなことができるようになります。 加重の動作では行いにくかった切り返し中に「伏せる」ことも可能になりました。 最短距離の移動で済むこともクイックさにつながります。 最小のアクションで済むということは、より精度の高いコントロールができるということでもあります。 押してダメなら引いてみな! ということです。
  • 「スペンサー乗り風」まとめ(RR>ハングオン>倒し込み)#4

    スペンサー乗り風 ★セッティング リアサスのCompは最強、Tensは好み フロントサスのTensは最弱、Compは好み フロントのイニシャル(プリロード)は最弱 ステアリングダンパーは最弱(マシン特性にに合わせる)(一度外してみる) シート角は平気味に、可動域を広く ステップ位置はバンキング時に全荷重を預けらられる位置に ハンドル角は体格に合わせて楽に操作できる範囲で広めにする(腱鞘炎防止) ハンドル高は高め ★ライディング アプローチではブレーキングと同時に上体を起こします 上体は重心を上げるために背筋を伸ばし、 腰回りはイン側の足を広げることとシンクロさせてイン側にオフセットしておきます ブレーキングは、想定速度よりオーバースピード気味な時点でリリースします リリースと前後して行われるバンキングは、正しく他の荷重ポイントを抜重(ダイブ)したうえで、イン側ステップ加重100%で行います バンキングが終了する前にアクセルをオンにします バンキングの終了はタイヤの状態ではなくバイクの向きで決定します スライドしようが、グリップしようが、ライダーが何とかできる位置にバイクを収めます スライドしてもよいように抜重(ダイブ)はフルバンク時に使い切ってしまわないようにする (スライドした時にも頭にその外乱が伝わらないように腰回りのバネと抜重の残モーメントを使う) 収めるためには抜重の際に縮み切った胴体と、両膝周りでバランスを取れるように余計なホールドや接点を少なくする ハンドルには力を入れず自律走行に任せる スライドしたり、グリップしたりしても抑えこもうとしないで好きにさせておく 収まったのを確認したらすぐに加速する 縮み切った上体を伸ばすパワーで上体を加速体勢に持ち込ませませる アクセルは小刻みあるいは雑巾を絞るように。 一番のポイントはライダーの抜重により発生する慣性モーメントを回頭性とスライド時の可動領域のために使い、 直線的なその慣性モーメントをアクセルオンにより、シートストッパーでの押し出しで、旋回方向に転嫁させることです。 それらはブレーキングで起こした上体が沈み込むまでに遂行されます。
  • 荷重と加重と抜重のタイミングと屈伸抜重と伸身抜重 キースコード的:抜重 #2

    タイミングの説明として多用されているのに、 肝心のタイミングがあやふやなまま使われている、 荷重と加重と抜重という用語について説明してみます。 荷重と加重と抜重のタイミングと屈伸抜重と伸身抜重 …
  • 基本の基 サスペンション > 腕 (加減)

    今回は腕を例にとり説明しましたが脚でも腰でも同じようなものです。 特に伸身抜重と、屈伸抜重はタイミングやポイントが全然異なるので、 正しく使い分ける必要が有ることがお分かりになったと思います。 同じ抜重でもどちらの抜重をするかでタイミングやライディングそのものが変わってきます。 そういう意味では両方の抜重を使いこなせる必要があります。
  • 雪道の走り方(人) タイムロスの回避方法の前段【応用】

    我々?ライダーは、雪道も歩くのではなく、いきなり走ります。 雪道、あるいはアイスバーンの走り方を紹介します(四輪はこちら⇒四輪)。 雪道の走り方(人編) 雪道の走り方というからには、雪道以外と区別することから始…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ステップワーク

    ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。 オートバイの醍醐味は、バランスを取るため、あるいはバランスを崩すために、ライダー自らが体を動かしそしてその体の動かし方次第で如何様にもなるところにあるのではないでしょうか?
  • 理想のライディング(新解明国語辞典)

    優れたライディングはたいてい美しい。 したがって昨今流行の足ぶらライディングは次世代には消え去っていることでしょう。 りそうのらいでぃんぐ【理想のライデ…
  • 基本の基:ジムカーナ>切り返し #2

    目指すはフルボトムな切り返し! 切り返しの具体例を紹介します。 いきなり極め付きの切り返しです。 普通に切り替えしてみるとわかりますが、切り返し途中の直立付近での…
  • ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3

    ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3

    ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3 陸上ハイジャンプ? ハイサイドは陸上のハイジャンプみたいなものです。 助走と踏み切りのタイミングが合えば身長を超える高さにも跳躍することができます。 ポイン…
  • 基本の基:ジムカーナ>前乗りと後乗りの方法

    ライダーはバイクからグリグリ落ちて、バイクはそれをグイグイ拾うのです。 そのためにはライダーが落ちている間に更に旋回度を増して、 ライダーが落ちようとしているその下にバイクがもぐりこむわけです。 もぐりこむためには角加速度的な加速か、速度的な加速を利用します。 ライダーは角加速度的な加速の場合は横に、速度的な加速の場合は前方に落ちます。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 旋回時のフォーム

    例えば左コーナーのドゥーハン乗りは「スライドしてもコントロールできる乗り」です。 反対に思いっきりイン側に体を入れる、例えば肘擦り乗りは「スライドしたらカシャー乗り」です(カシャーは滑る音)。 ドゥーハン乗りに比べ余裕がもうないからです。 じゃあマルケスも「スライドしたらカシャー乗り」かというと違います。 ここでマルケスの前かがみ乗りの利点が出てきます。 スライドしても下半身をスライドに追随させるだけの伸びしろがあります。 また右手のわきを締めていないため、スロットルを思いもよらず開け閉めしてしまうこともありません。
  • 基本の基:キース・コード的>抜重

    基本の基:キース・コード的>抜重 プロになるためには、勝つためのテクニックはもちろん手に入れる。 加えて生き残るテクニックも手に入れておく必要がある。(職人) 何かアクションを起こすときのモーメントは、…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオンのハン(足ブラのメリット)

    基本の基:RR>ハングオンのハン (足ブラのメリット) ブレーキング時の上半身が定まったところで、次は腰下です。 腰 まず腰ですが、前後的には3択です。 背筋を伸ばすか、なにもしないか、腹筋に力を入れ背筋を丸める…

#鈴鹿8時間耐久

ピックアップ記事

HMV検索
検索する

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,302,834 アクセス
ページ上部へ戻る