タグ:新明解国語辞典

  • 雪道の走り方(人) タイムロスの回避方法の前段【応用】

    我々?ライダーは、雪道も歩くのではなく、いきなり走ります。 雪道、あるいはアイスバーンの走り方を紹介します(四輪はこちら⇒四輪)。 雪道の走り方(人編) 雪道の走り方というからには、雪道以外と区別することから始…
  • 理想のライディング(新解明国語辞典)

    優れたライディングはたいてい美しい。 したがって昨今流行の足ぶらライディングは次世代には消え去っていることでしょう。 りそうのらいでぃんぐ【理想のライデ…
  • ハイサイドの回避策 (新明解国語辞典) その2

    YAMAHAはHONDAに比べ、トリガーに加重をより必要としているのではないでしょうか? 効率のよいトリガーは、肉体の硬直を伴う加重を、重心からより遠い位置におこなうことにより生まれます。 これは、ハイサイド対策の見地からすれば好まざる状況といえるでしょう。
  • ハイサイドの回避策 (新明解国語辞典) その1

    ハイサイドを防ぐためのベストチョイスはRC213Vに乗ることである。 デバイスが勝手に調整してくれるでしょう。 しかしそれは、衝突回避システム付の車でチキンレースをするぐらい興ざめである。 遊園地で遊んでいるマルケス坊やを世界中が見守っているようなものだ。
  • クラウンRとバンク角 (新解明国語辞典)

    クラウンR値は、通常タイヤ接地面のグリップの分布を決定づけます。 接地面のグリップがシングル・クラウンRは主に中心に作用するのに対し、 ダブル・クラウンRの場合は中心ではなく旋回に対し外側と内側にグリップ力が働きます。 キャンバースラストが強力になるということです。
  • ペドロサ

    マルケスとペドロサの違い 新解明国語辞典

    まるけすとぺどろさ【マルケスとペドロサ】 光と影、明と暗の代名詞。 詳細はこちら マルケス ペドロサ 通常はググった通りだと思いますのでリンクで済ませます。 彼らに勝ちたかったら、自分の目を信じま…
  • 集中力との決別 (新解明国語辞典)

    しゅうちゅうりょく【集中力】 精神安定剤のように頻繁に使われるが、実際には有用なようでさほど有用ではないばかりか、 使い方を誤ると知らず知らずのうちに負のスパイラルに陥り本来の実力が発揮できなくなってしまう、魔の…
  • スリップとスライドとドリフトと転倒(新解明国語辞典)

    二輪のレース関係者は以下のように定義すると用語の実用性が上がります。 すりっぷ【スリップ】 タイヤ接地面と地面になんとなく速度差があり、 それが当事者(ライダー)が意図して作り出した状態ではないときの呼び名。 …
  • ノリック乗りをマスターする (新解明国語辞典)

    ノリックといえばダートラ乗りです。 見た目の特徴は、コーナリング中前乗りで上半身が起きていることです。 顔の向きというか視線の向きも上目づかいではなく見下ろすぐらいです。 コーナリングに目が行きますが、ノリック乗りをするためにはアプローチから準備が必要です。 ブレーキング中も体が起きています。 ここでの重心の位置が高いので、ターンイン時のバンク角速度を速くすることが出来るのです。 三角乗りなのは荷重をお尻(腰)でかけるからです。 頭の角度ですが、これも顎を引かないことによって肩に力が入りません。 要するにパーフェクトなんです。
  • ドリフトをマスターする (新解明国語辞典) (理想のドリフト)

    どりふと【ドリフト】 タイヤが横に滑っているその様の呼び名。 スライドとほぼ同義だが、自慢するときはドリフト、言い訳するときはスライド、と使い分けられている。 「侵入でスライドさせて・・・」より「侵入でドリフト…
  • アイルトン・セナ走法をマスターする (新解明国語辞典)

    アイルトン・セナ走法【あいるとんせなそうほう】 四輪レースにおいて、マシンと肉体の弱点を補い最大限の効果を出すために、アイルトン・セナが行った(と思われる)操作の一式。 「セナ足」が有名で、いたるところで部分的に解説…
  • セナ足をマスターする(新解明国語辞典)

    セナ足【せなあし】 アイルトン・セナのレーシングテクニックのうち表面化した一部分の呼び名。 車のスロットルを小刻みに動かすその様をいい表す。 その効果については未だに「判らない」といわれ、プロスト、ベルガーも再現不…
  • マモラ乗りをマスターする(新解明国語辞典)

    問:正しいマモラ乗りを次の中から選べ [caption id="" align="alignnone" width="275"] A.[/caption] [caption id="attachment_23…
  • 「ソッポを向く」をマスターする(新解明国語辞典)(周辺視を使う その2)

    ソッポをむく【外方を向く】【そっぽをむく】 問題が生じたときに、あたかもなかったことのようにふるまうことで、その問題を他人事のように扱うことができる。 また視線を特定の箇所に注目させないことで適切な対応をすること…
  • 半眼を学ぶ

    半眼をマスターする(新解明国語辞典)

    はんがん【半眼】 外界からの情報を少なくすることで脳の能力を視界以外に回せる。 また視線が特定の個所に注目しないため均等に反応することができる状態。 精神的な心構えもセットになっていることが多い。 宮本武蔵が使っ…

#鈴鹿8時間耐久

ピックアップ記事

HMV検索
検索する

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


ブログランキングならblogram チケットぴあ
ページ上部へ戻る