タグ:走り方

  • レインの走り方

    「レインコンディションは、順位ではなく、自分の走りをすることのみに専念すれば良い」 なんて耳にタコが出来るほど聞き飽きた言葉を周囲に思い浮かばせないようにすることが ライダーの仕事だ。 …
  • ストレートの走り方

    以前触れたストレートの走り方の写真を見つけました(おしりの話) 2014年5月24,25日に行われた 「2014 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 スーパーバイクレースinもてぎ」 併催の、 「…
  • 雪道の走リ方(四輪)

    前回は雪道の人の歩き方でしたが、今回は四輪。 というか自分にとって、驚きの事実が発覚したので、まずはそのボヤキから。 以前、雨天の街中走行中にヒヤッとした体験をしました。 旋回中にA…
  • 雪道の走り方(人) タイムロスの回避方法の前段【応用】

    我々?ライダーは、雪道も歩くのではなく、いきなり走ります。 雪道、あるいはアイスバーンの走り方を紹介します(四輪はこちら⇒四輪)。 雪道の走り方(人編) 雪道の走り方というからには、雪道以外と区別することから始…
  • 勝つための走り方(神のなり方) 選ぶ

    選択肢がある場合、「安定した勝利」に近いほうを選びましょう。 皆が「集中」というのだから勝利には「集中」が必要なのでしょう。 ただし集中を邪魔するものを「雑念」と呼んだ場合、「いわゆる集中」は雑念に属すと思ってく…
  • 勝つための走り方(神のなり方) 諦める

    諦めるのは… マシンの動きをコントロール下に置くこと諦めます。 他にやることがあります。 前回とかぶってるようですが、待つために諦めます。 結果を見ない、確認しないうちに、次のことに視線や思考やアクションを切…
  • 勝つための走り方(神のなり方) 待つ (の補足)

    前回の投稿の意味がわからなかった方。 読み返したら自分でもわかりませんでした。 何を言おうとしていたのか、具体的な例を書きます。 「待て」と言っているのは主にステアリング操作です。 ステアリング操作を行っ…
  • 勝つための走り方(神のなり方) 待つ 

    神は言われました 「時が来るのを待ちましょう。」 焦ってはいけません。 ほぼ全ての事柄に所要時間というものが存在します。 それを待たずに行動した場合「思い通りにならない」「やりすぎ」になります。 キーポ…

新着記事

  1. おぬしもワルよの~

    あからさまな行為とグレーな行為(フェナーティ事件Vs.)

    トップライダーたちが「あり得ない行為」だという。 マルケスのように様々な攻撃パターンを持っている経…
  2. チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果の関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性 主にパーシャル付近でのチャタリ…
  3. シートストッパーでわかるチームの前向き加減

    シートストッパーでわかるチームの前向き加減

    シートストッパーでわかるチームの前向き加減 たかがシートストッパー、されどシートストッパーなお話の…
  4. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド

    タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …
  5. トニー・ボウのリアフェンダー

    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率

    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率 転倒率自体はペドロサよりマルケスのほうが…
  6. とどめの一撃とその見返り

    とどめの一撃とその見返り 2018年5/6のへレスでの18週目のアクシデント 好…
  7. ヤマハの切り返しが重たい理由

    ヤマハの切り返しが重たい理由

    ヤマハの切り返しが重たい理由 マシン作りとライダーの関係 ヤマハの切り返しが重たい理…
  8. 大人げない大人

    大人げない大人 【新解明国語辞典】

    大人げない大人 【新解明国語辞典】 ライダー同士が次元の低い言い争いをしてるのを見て「大人げない」…
  9. アタックした後のリカバリーの方法

    アタックした後のリカバリーの方法

    アタックした後のリカバリーの方法 世界最高峰のスピードを競う競技なのに、その関係者は何をもたもたし…
  10. MotoGP界のヒール復活

    MotoGP界のヒール復活 連ドラで復活したアブドラ・ブッチャーよろしくMotoGP界のヒールも大…
HMV検索
検索する

コラム

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »