タグ:Kevin James Schwantz

  • ハングオフからハングオンへ 一周回ってスペンサー

    ハングオフからハングオンへ 一周回ってスペンサー ハングオフからハングオンへ 時代は移り変わり、今やハングオン(ハングオフ)も新たな次元を迎えようとしています。 その走法とは……  意味不…
  • マイケル・ドゥーハン式リアブレーキを極める

    ドゥーハン仕様の左ハンドルリアブレーキは散々試したにもかかわらず浸透しなかったらしい。 なんてこった! ドゥーハンにとどまらずミハエル・シューマッハも鈴鹿で実践した、 「実力以上のタイムが出てしまう」チャンピオ…
  • マルク・マルケスが前傾している理由 #2

    何のことはない、昨今はコーナリング中の転倒はフロントゴケだけ想定していればよいらしい。 リアのスライドは、最適なスリップ率に正確にコントロールされているらしいからです。 であれば転倒時のダメージを考慮したなら、上…
  • ハイサイドの回避策 (新明解国語辞典) その2

    YAMAHAはHONDAに比べ、トリガーに加重をより必要としているのではないでしょうか? 効率のよいトリガーは、肉体の硬直を伴う加重を、重心からより遠い位置におこなうことにより生まれます。 これは、ハイサイド対策の見地からすれば好まざる状況といえるでしょう。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 下界の走り

    ノリック乗りをしてフロントタイヤを一定のキャンバー角で旋回しましょう。 そしてその時のコーナーの状況に合わせてリヤタイヤの位置をコントロールしましょう。 フロントタイヤのキャンバー角を一定にするためには、 とにかく一気に所定の角度までフロント周りをバンクさせて、遠心力的な帳尻をライダーの位置で補いましょう。 リーンアウトしたり、肘を擦ったりということです。
  • 基本の基:ロードレース>前乗りと後乗りとタダ乗り

    往年のスペンサーとかケニーとかの、見た目同じようなリアのスライド走法はどうでしょうか? こちらはフロントを頼っていない割にいきなり旋回していきます。 思い描く走行ラインは、スライドしてるリアタイヤから創造されていると思います。 これこそは後乗りな感じだと思いませんか? もう旋回を開始したとたんに後乗りです。
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ターンイン

    次の項目を用いてターンイン時のアクションを完成させよ 上体を起こす アクセルを開ける アクセルを閉める アクセルをパーシャルにする フロントブレーキをかける リヤブレーキをかける おしりを…
  • 基本の基:キースコード的 理想のライン#2

    減速し過ぎに注意。 オーバースピードのリカバリはガッツを試されますが、 減速しすぎた場合のリカバリは知性を試されます。 失ったタイムはなかなか奪い返せません。 慌てて加速したって手遅れですよね。 見落とされ…
HMV検索
検索する

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »