タグ:Marc Márquez Alenta

  • コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その4

    コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その4 そろそろ立ち直って欲しかったのですが未だジタバタなマルケス。 このままでは一番のチームと一番のライダーの組み合わせの典型的な失敗例となってしまい…
  • 正しい脱重の仕方 RR>マルケスのなだめかた

    左腕と右腕の役割の違い 左手を負傷した時の右コーナーはマシンのバンキングが遅れるのでライダーが先行するか、 そのまま右腕で体重を支えてノリック乗りみたいになるとかの特徴があります。 理由は、支えることや、動かすことに精一杯なときには、「アクションの境目の抜重なり加重のためのもう一仕事」を行う余裕が確保されていないことが多いからです。 確保されていないと、そこで腰砕けになったり、タイミングを失ったり遅れたりしてしまいます。 見た目には逆で、クイックに見えたり、アクションが大きく見えたり、前向きに見えたりします。 (これは、はためには分かり難いことを意味しています) 対して右腕の負傷はブレーキングを始めとしたライディングに影響しない場合があります。 それは右腕の役割に、「力技としてのコントロール」の割合が少ないからだと思われます。 「右腕の機能を全力で使うという余裕のないライディング」は普段から行なっていないからとも言えます。
  • 勝負の分かれ目 RR>切返し

    [caption id="attachment_3597" align="alignnone" width="401"] てっきり代役はトニー・ボウかと思っていたのに…[/caption] 日テレG+様様 今回マルチ…
  • ハングオフからハングオンへ 一周回ってスペンサー

    ハングオフからハングオンへ 一周回ってスペンサー ハングオフからハングオンへ 時代は移り変わり、今やハングオン(ハングオフ)も新たな次元を迎えようとしています。 その走法とは……  意味不…
  • マルケスのダルマ走法の再現条件 膝擦り RR > エキスパート

    膝擦り走法のついでに、 かの有名な、マルケスの転倒にいたらなかった走法、ITATAWAによるとダルマ走法について、 マルケスは、実際に正しく状況を把握しているのにもかかわらず明言はさけているみたいなのでここで解説をし…
  • トレッド面への荷重配分 RR > コーナリング

    バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。 理由はそのほうが速くて安全だからです。 マルケスに代表される最近のライディング、というよりオートバイのバンク角が足りなくてライダーが補っちゃっている走法の解説です。 この走法は、もっともっと曲がりたいとき、フロントタイヤにさらに仕事をしてもらいたいときにより効果的です。
  • 荷重と加重と抜重のタイミングと屈伸抜重と伸身抜重 キースコード的:抜重 #2

    タイミングの説明として多用されているのに、 肝心のタイミングがあやふやなまま使われている、 荷重と加重と抜重という用語について説明してみます。 荷重と加重と抜重のタイミングと屈伸抜重と伸身抜重 …
  • ダートトラック走法の「二つ」  基本の基:ダートトラック > 右手

    「理想的な状態でのダートトラック走法」は、オートバイに優等生的に「ただ乗っているだけ」な状態です。走法の説明がいらないくらいスムーズで自然なライディングをしているときのことです。 自信をもって最適な走法ができているときのフォームになります。 着座位置は次元が高くなればなるほど後ろよりになってきます。 ブレーキスライドの量もパワースライドの量も減り、慣性ドリフトにシフトしていくからです。
  • マルク・マルケスを斬る 基本の基:ダートトラック

    恐るべき、才能! いや、恐るべき練習量と、恵まれた環境と、群を抜く勝負運と、生まれつきの才能と、手を抜かぬ基礎練習と、絶えまぬ努力の賜物である。 であれば、やるべきことは簡単である。 先にやりましょう!
  • オートバイにおけるグーフィースタンス (タイムロスの回避方法)

    レギュラースタンスのマイク・ドゥーハン。 グーフィースタンスのノリック・阿部。 スキーの大回転のようなフレディー・スペンサー。 そして四つん這いの昨今のライダー(マルク・マルケスとか…
  • 油断大敵

    クイックにターンインできる方は要注意。 気を抜くとフロントタイヤへのトラクションをかけ忘れてしまいます。 天候などの影響で路面状況が良くなってきた時にも同様です。 気をつけま…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 立ち上がり(完成)

    トップライダーたちは「絶妙なバランス感覚で暴れるマシンを押さえつけて神業的なハンドル操作を加えている」のではありません。 単なるステップワークです。 刻々と変わる環境に合わせたステップワークを行うのです。 バイクを起こしたり寝かしたり、ハンドルを切ったりするのではなく、 「それが自然に収まるようなステップワークをしておく」だけです。
  • マルク・マルケスが前傾している理由 #2

    何のことはない、昨今はコーナリング中の転倒はフロントゴケだけ想定してれよいらしい。 リアのスライドは、最適なスリップ率に正確にコントロールされているらしいからだ。 であれば転倒時のダメージを考慮したなら、上半身は…
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン ステップワーク

    ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。 オートバイの醍醐味は、バランスを取るため、あるいはバランスを崩すために、ライダー自らが体を動かしそしてその体の動かし方次第で如何様にもなるところにあるのではないでしょうか?
  • 基本の基:ロードレース>ハングオン 依存と率先

    ターンイン時のライダーのアクションには大別して、頭を中心とする頭脳系と、頭を振り子にする愚系とがあり、そしてそれぞれにバイク任せの依存系と、先導してバイクを誘う率先系とがあります。 [caption id="att…
  • 理想のライディング(新解明国語辞典)

    優れたライディングはたいてい美しい。 したがって昨今流行の足ぶらライディングは次世代には消え去っていることでしょう。 りそうのらいでぃんぐ【理想のライデ…

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,235,783 アクセス
ページ上部へ戻る