2018
01.07

【MotoGP】コルテセの去就

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

コルテセの去就

[GP spectator] – 01/06 23:41

一時は引退説も流れたサンドロ・コルテセですが、
WSSのカリオ・レーシングのライダーとして
候補に挙がっている模様。
キーファー・レーシングでMOTO2という話も
ありましたが、どうやらMOTO2残留は無い模様。
カリオ・レーシングはトゥーリとモライスという
去年優勝したライダー2人を放出したわけですが
どうやら資金に乏しい模様で、持ち込み金があるライダーを
探していて、コルテセが候補に上がったみたい。
15万ユーロを用意できれば走れるみたいですね。
クルメナッハーみたいにMOTO2でパッとしなかった
ライダーがWSSで化ける可能性もあるだけに
コルテセもそこに賭けてみるのか?


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

シュワンツ、スズキに勧告『別のライダーを探せ』

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 01/06 02:10

『シュワンツ、イアンノーネを斬る:スズキよ、別のライダーを探せ』』
★スズキの伝説ライダーことケヴィン・シュワンツは昨年、アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)に向け、失望感を表明していた。なお、イアンノーネ選手はそれに対し、飄々と反論していた。
(note関連記事:2017 ザクセンリンクGPまとめ ホンダ&スズキ[ 2017年7月7日 発行 Vol. 148 ])
★昨シーズンが終わり、2018年シーズンが始まろうとしている現在、シュワンツ元選手が次のようにコメントした。
「ヤマハは上手い具合にシーズンを始めたものの、大きな問題に見舞われてしまったね。ホンダは最初はイマイチだったが、その後、強かったですよ。
スズキは本来ならば他のチームが苦戦してる時に準備万端になってなければならないのに、実際はそうはいかなかった。
いまいちな結果だったが、それが100%ダヴィデ・ブリヴィオ(チームマネジャー)の責任だとは思いませんね。もちろん、彼がチームを仕切ってるんだから、それなりに責任はありますよ。しかし、当初から苦戦し、シーズンのほとんどでずっと後退気味だったんだからねぇ。
私が思うに、イアンノーネが100%全力を尽くしてなかったね。リンスは速攻で負傷し、復帰してからも速さを出していくには時間が必要だったわけだ。それでも、ラスト2〜3戦ではイアンノーネにプレッシャーを与えてましたよ。両選手とも、いくつか順位を上げてたじゃない……


Moto2:ヤマハとスズキは興味ナシ

[MotoGPメモ] – 09/21 23:52

Moto2:ヤマハとスズキは興味ナシ

 SPEEDWEEK.comより。ホンダは契約更新しても構わないそうですが・・・。


 次期Moto2ユニット・エンジン・サプライヤーの座に、ブリティッシュ・マニュファクチャラーのトライアンフが収まる公算が最も高いとい言われるのも納得である(750 cc3気筒で)。ほとんどのマニュファクチャラーがこれに無関心なのだから。
 ホンダは……


MotoGPがダッシュボード・メッセージを試験導入

[MotoGPメモ] – 10/12 20:30

MotoGPがダッシュボード・メッセージを試験導入

 これまで、走行中のライダーが受け取るメッセージはレース・ディレクションが発するフラッグ情報等に限られてきました。
ドイツでのflag-to-flagレースの際に生じた騒動をきっかけに、レース・ディレクションのみならず、それぞれのチームが所属ライダーにテキスト・メッセージを送信できるシステムを求める声が高まりました。crash.netによると、このシステムの試験運用が間近に迫っているとのことです。

ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

[MotoGPメモ] – 10/10 21:22

ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

 選手交代の声明が出た直後は、「契約を満了させる!」などと言っていたエガーターですが、チームがヨーロッパを発ってしまえば接触は難しいと思われます。それなら、他のことに目を向けた方がいいということでしょうか・・・。

……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト