2018
01.07

【MotoGP】DVD:MotoGP™クラス年間総集編

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

クラッチロー『マルケスは2018年マシンに僕と同じリクエスト』

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 01/01 02:55

『クラッチロー:マルケスは2018年マシンに僕と同じリクエスト』
★カル・クラッチローは2015年よりホンダLCRに所属しており、これまで2勝をあげてきた。
なお、過去に所属していたヤマハテック3およびドゥカティファクトリーでは一度も優勝していない。
★クラッチロー選手は2017年、最高リザルトはアルゼンチンの3位で、総合9位でシーズンを終えた。
★クラッチロー選手は2017年よりホンダHRCの直接サポートを受けており、マシン開発にも携わっている。
★クラッチロー選手のコメント。
「2018年はもっと自然な感じの『RC213V』機が良いね。もっと偏りのないマシンになって欲しいっすよ。ただ、それほど簡単な話ではないでしょう。何か違うものを作るとなったらけっこう大変だろうし…もしかしたら、長所が損なわれてしまうかもしれないしね。
コーナー進入なんか、その1つでしょ。ただ、今年はその辺のツボは押さえられなかったけどね。それとも、ライバル陣がその辺をかなり改善してきたってことだったのか。
うちは長所を活かしたまま、別のエリアでマシンを伸ばしていかないとね。
来年は、全体的に見て、大きな変化はないと思いますよ。全体的にもっと操縦しやすいマシンになってくれると良いんすけどね。」
【マシン開発に向けて、マルク・マルケス選手らとの意見の相違は?】
「不思議な話なんだけど、マルケスがまったく同じリクエストを出してるんすよ。
不思議でしょ。だって、常……


気になるバイクニュース。

★2018年のMotoGPの見どころ(その3) ロッシ選手は2019年以降も現役を続けるのか?

[気になるバイクニュース。] – 01/04 14:39

今シーズン開幕前に2018年シーズンのMotoGPの見どころをご紹介しています。その3としては、2018年末でヤマハとの契約が終了となるロッシ選手の去就に関する話題です。
2018年の開幕段階では大きな話題にはならないでしょうが、開幕から数戦で間違いなく大きな話題になるのが、ロッシ選手の去就に関する話です。ほとんどのファクトリーチームの選手と同様に、ロッシ選手のモビスターヤマハとの契約も2018年末で終了しますが、本人は昨シーズン中に「現役を辞めるのが怖い」と語っていますが、現役を引退した後は「10年ほど車のレースをしたい、ル・マン24時間耐久に出たい」とも話しています。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ロッシ選手にとってレースを続けることのモチベーションとなっているのは、「レースで優勝した後の12時間のフィーリング」という話も昨シーズン中にしていましたが、優勝回数、記録は重要ではないとしながらも、本人は10度目のタイトル獲得を達成したいという話もしています。
実際問題として、2018年以降も現役を続けるかどうかという判断については、「開幕から数戦で決めたい」としていますが、現役を続行するとなった場合は、カタール、アルゼンチン、アメリカとヨーロッパの外で開催されるサーキットが終わって、ヨーロッパラウンドが開始となる第4戦のヘレスあたりでの発表、もし万が一現役を……


MotoGPがダッシュボード・メッセージを試験導入

[MotoGPメモ] – 10/12 20:30

MotoGPがダッシュボード・メッセージを試験導入

 これまで、走行中のライダーが受け取るメッセージはレース・ディレクションが発するフラッグ情報等に限られてきました。
ドイツでのflag-to-flagレースの際に生じた騒動をきっかけに、レース・ディレクションのみならず、それぞれのチームが所属ライダーにテキスト・メッセージを送信できるシステムを求める声が高まりました。crash.netによると、このシステムの試験運用が間近に迫っているとのことです。


英文をコピッたら→翻訳サイトリスト