2018
01.05

【MotoGP】第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPレキャップ

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

2017年の傾向と対策 ④

[GP spectator] – 01/04 12:40

今シーズン、ドヴィジオーゾのライディングによって
マルケスに並ぶ6勝をマークし
最終戦までタイトル争いに加わったドゥカティ。
ただ、マルケスはなべてどのコースでも表彰台に
近い位置を走っているのに対し、
GP17はサーキットごとの得意、不得意がハッキリしている
マシンで、それが終盤のフィリップアイランドと
バレンシアで出てしまった感じですね。
以前も書いたように、青木ノブさんの言うところの
前後の重量バランスを最も後ろに持っていくことで
ミシュランタイヤでも非常に安定したブレーキングを可能にした
GP17ですが、反面、フロントの旋回性が劣っているという
ハッキリした欠点を抱えており、それが高速旋回性を問われる
フィリップアイランドと中低速ミッキーマウスコースである
バレンシアで露呈した形ですね。
それを補うのがロレンツォが使っているような
巨大なウイングカウルでしょうか。
あれを使う事によってフロントのスタビリティを上げて
コーナーリングスピードを上げる乗り方が可能になる。
後ろよりの重量配分にフロントのダウンフォースで
バランスを取っている感じ。
既にドゥカティ陣営からは発表されてますが、今季は
ドヴィジオーゾとロレンツォでは、マシン作りの方向性が
かなり違ってくると言われているので、ホンダやヤマハのように
ライダーにより合わせ込んだマシンを出してくる可能性が高いですね。
ただ、ヤマハの直4と違って、重……


将来的に、Moto2のECUはMotoGPにおけるそれに近いものになる。

[MotoGPメモ] – 03/08 18:01

将来的に、Moto2のECUはMotoGPにおけるそれに近いものになる。

「無いに等しい」といわれていたMoto2の電子制御ですが、ついに変わるときが来そうです。


 
 MCNより。



 2016年のMotoGP世界選手権の最新ラウンドにおいて、ドゥカティのテスト・ライダー、ミケーレ&#1……


ワールド・スーパーバイクがラジカルなグリッド入れ替えを公表

[MotoGPメモ] – 12/06 18:24

ワールド・スーパーバイクがラジカルなグリッド入れ替えを公表

 面白くなるか、はたまた興ざめするか・・・?




英文をコピッたら→翻訳サイトリスト