2018
01.05

【二輪】ホンダが鈴鹿8耐にワークス体制を復活、2018年は全日本ロードレース選手権にも参戦

motor2

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

2017年の傾向と対策 ②

[GP spectator] – 01/01 14:51

2017年を読み解く鍵としては
ヘレスとカタルニアという路面グリップが低いコースで
ヤマハが全くダメで、勝ったのがペドロサとドヴィジオーゾ
という部分でしょうか。
つまり、路面グリップが低い状態だとブレーキングで
マシンが止まらないからこれでもかって位、強くタイヤを
路面にこするようなセッティングの方向になる。
それがタイヤに厳しい状態を強いることになってしまって
そういうコースだと、ヤマハが全然ダメだったということ。
逆にドゥカティやホンダの華奢なシャシーは2017年タイヤと
いいマッチングをみせていたということ。
ヤマハは2017年に向けてしっかり曲がる、剛性の高い
シャシーを投入してきたみたいで、それゆえにタイヤに厳しすぎて
グリップの低い路面や雨のレースとは相性が悪かった模様。
2016年に引き続き雨が多かった後半の2017年でしたが
ヤマハは全くいいところなかったですね。
特に舗装されなおしたミザーノでは晴れだと好調だったのに
雨だと一転苦戦したのは象徴的だったですね。
今季は4種類くらいシャシーを投入している筈だけど
根本的な部分で解決できなかった。
路面舗装をやりなおしたルマンではロッシが転倒するまで
1-2でしたから、やはりグリップの高い路面では戦闘力が高かった。
これが2016年までの固いタイヤだったら、また違った結果が出たでしょう。
そういう意味では、ザルコの2016年シャシーの方が剛性が低いとすれば
……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト