2018
01.08

【MotoGP】ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

2017年の傾向と対策 ⑤

[GP spectator] – 01/07 21:48

前半戦の大不振から一転、後半戦
見事な巻き返しをみせたスズキ勢。
今季は2017年の最終戦仕様をベースにした
熟成仕様で戦うそうです。
スズキにとって不運だったのは2017年シーズンの早い段階で
リンスが負傷欠場してしまったこと。
イアンノーネがコメントしているように一台体制だと
成績が悪かった時に比較対象が無いために、悪い原因がどこにあったのか
突き止める前にシーズンがどんどん進んでしまって
それが悪循環に繋がってしまったようです。
ですから、スズキサイドの責任者が変わった中盤で
わざわざ日本からテストマシンを空輸して、
イアンノーネ、リンス、そしてギュントーリを揃えて
テストをしたのは、その辺の問題点の洗い出しとその後の方向性の
確認の目的があったように思います。
言ってみれば五里霧中の中、霧を晴らす必要があったと。
バイカーズステーションでお馴染みホンダOBの小澤さんによれば
電子制御のTCSの精度が共通ソフト化によって、トラクションが下がった現在の
MOTOGPにおいて、フレーム、スイングアームの剛性は重要で、
このバランスを使ってリヤタイヤのグリップを上手く前に伝達することによって
フロントタイヤのグリップを増すことが出来るそう。
後半戦に入ってから、イアンノーネはスイングアームピボット周辺を
強固にした新フレームを投入してますが、元々ドゥカティに次ぐ
後ろ重心の(青木ノブさんいわく)GSX-RRはフロント……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018 ダヴィデ・ブリビオ「2018年型のGSX-RRは、2017年の最終戦バレンシア仕様がベース」

[気になるバイクニュース。] – 01/05 09:53

Team SUZUKI ECSTARの2017年は、ファンにとってもチームにとっても期待を大きく下回るシーズンでした。2017年の失敗を繰り返さないためにも、スズキは両ライダーが揃ってテスト、フィードバック、開発のサイクルを回していくことが求められます。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
スズキのチームボスであるダヴィデ・ブリビオは、厳しい昨シーズンの後で、2018年にチームをしっかりと上位で戦える状態にするという野望は、プレシーズンテストの中で技術的にどのような方向性を選択するかに100%かかっているとする。
2017年は様々な理由で低迷していたスズキだが、アレックス・リンス、アンドレア・イアンノーネの両ライダーは、シーズン終盤にようやく結果が上向いてきていた。そしてバレンシアではリンスが自己ベストとなる4位、イアンノーネが6位をそれぞれ獲得している。
11月にブリビオは、Crash.netに対して2017年の問題は2017年のエンジン選択にあったと語った。これは前年のトラクション不足を解消するためのものだったが、新たに旋回性とハンドリングに問題を抱えるエンジンになっていた。
2017年シーズンについて、ブリビオは怪我によってシーズン中盤までリンスがチーム復帰出来なかったことが、日本から持ち込まれたアップデートへライダーからのフィードバックを返せないというチームの進化の停滞にも繋がったと……


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ドゥカティ『ドヴィツィオーゾ契約更改は難しい』パオロ・チャバッティ

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 01/06 19:05

『チャバッティ:ドヴィツィオーゾ契約更改は難しい』
★ドゥカティファクトリーは2017年、アンドレア・ドヴィツィオーゾが最終戦までマルク・マルケス(ホンダファクトリー)とタイトル争いを繰り広げた。
★1月15日のドゥカティGP18機のプレゼンテーションを目前に控え、パオロ・チャバッティ氏(ドゥカティ・スポーツディレクター、下記画像)が次のように語った。
【ドヴィ&ロレンソ選手のスタイルに合わせ、それぞれ別々のフレームが用意されるようなことは?】
「フレームが2種類用意されるようなことはありません。確かに、ホルヘ(ロレンソ)はコーナー進入や旋回でブレーキを緩めてしまうと、なかなかスピードを出せずにいるが…しかし、それはアンドレア(ドヴィツィオーゾ)にとっても同様に問題なんですよ。そう言った辺りでは、彼の方がホルヘよりもアグレッシブなんですけどね。
改善した箇所はすべて両選手のためになるだろうし、新フレームはそうなるような調整としては充分なんじゃないでしょうかね。
ドゥカティGP18機はホンダのコピーにはなりませんよ。大改革はされてませんが、単純に進化はしてます。とにかく、2017年にうちは6勝し、最後の最後までタイトル争いをしたんですからね。」
【ドゥカティはレギュレーションに関し、明白にしておきたいことがあるようで…】
「エアロダイナミクスに関し解明したい点があり、心待ちにしてるんですよ。ヤマハがヴァレン……


ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

[MotoGPメモ] – 10/10 21:22

ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

 選手交代の声明が出た直後は、「契約を満了させる!」などと言っていたエガーターですが、チームがヨーロッパを発ってしまえば接触は難しいと思われます。それなら、他のことに目を向けた方がいいということでしょうか・・・。

……


将来的に、Moto2のECUはMotoGPにおけるそれに近いものになる。

[MotoGPメモ] – 03/08 18:01

将来的に、Moto2のECUはMotoGPにおけるそれに近いものになる。

「無いに等しい」といわれていたMoto2の電子制御ですが、ついに変わるときが来そうです。


 


英文をコピッたら→翻訳サイトリスト