2018
01.11

【MotoGP】ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

WSSとMOTO2

[GP spectator] – 01/07 19:14

サンドロ・コルテセがWSSに
転向するという噂だけど、
クルメナッハーの活躍以来、MOTO2から
WSSというルートがライダーの選択肢として
上がってきているようだ。
特に有力MOTO2チームに所属できないライダーは
WSSという感があるね。
クルメナッハーもコルテセもドイツ系というか、
スパニッシュやイタリアンなどのラテン系じゃないから
有力チームに所属できる可能性が少ない。
だからコルテセなんかは、有力チームに移籍できるWSSを
選ぶのかも知れない。
去年限りでドイツ選手権が無くなって、そこに出ていたチームを
スポンサーしていたドイツ企業が宙に浮いているため
コルテセのスポンサーにつけば、彼の持込金が増えてWSSのチームに
加入できるというもの。
ただ、そっから先はライダーのアジャスト能力ということになるね。
WSSはピレリの溝付きタイヤに市販車改造マシン。
MOTO2はダンロップのスリックにレース専用シャシーに
ホンダのワンメイクエンジン。
排気量こそ近いものの、レーシングマシンとしての
成り立ちは全く異なるからね。
WSSの絶対的王者であるソフォーグルもかつてMOTO2で
富沢くんの後釜として走ったけど、いいとこ無かったからね。
コルテセがWSSのトップチームに移籍したとしても
結果が残るかどうかは、また別の問題。


気になるバイクニュース。

★ダカールラリー2018 ステージ4のダイジェスト映像

[気になるバイクニュース。] – 01/10 12:22

多くの選手がナビゲーションに苦戦したというステージ4。砂浜のスタートから、岩と砂が入り交じった厳しい地形の中のレースとなりました。一番の話題は優勝候補のサム・サンダーランド選手が転倒による怪我でリタイアとなったことでしょう。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


GP spectator

テスト規制の余波

[GP spectator] – 01/06 12:22

セパンテストには
各メーカーのテストライダーが大挙して
参加してきます。
ホンダは青山さんに高橋巧君とブラドル。
ヤマハは中須賀さんと野左根君。
スズキはギュントーリ。
ドゥカティがストーナーとピッロ。
KTMがカリオ、アプリリアがバイオッコとなっています。
今年からレギュラーライダーがシーズン前にテスト参加できる
日数が、セパン、タイのブリーラム、カタール直前テストの
9日間から5日間だけ参加という規制がかかりましたから
ますます規制外のテストライダーの需要が高まるというもの。
当然、メーカーサイドからすれば、レギュラーが乗るマシンとは
別にテストマシンを仕立てて、テストチームも来るわけですから
ある意味、レギュラーライダーだけより予算が増えているかもしれません。
さらに言えば、日本のメーカーはヨーロッパサイドにも常駐の
テストチーム、ライダーを置くような動きですから
日本でテストするマシンとは別で、ヨーロッパテスト用のマシン
チームを仕立てる形。
コストダウンのためのテスト制限なのに結果的にコスト増に
繋がってしまっているように感じるんだが・・・。
特にミシュランタイヤになってからはヨーロッパの
コースでちゃんとテストしないとタイヤの消耗などが
キチンとデータが取れないみたいですね、ブリヂストンと違って・・・。


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018 ヨハン・ザルコ「ファクトリーの2人よりも前でゴールすることが目標」

[気になるバイクニュース。] – 01/10 10:35

2018年シーズンの中盤頃までにロッシ選手が引退することを決定する場合、その後任として最有力なのはザルコ選手です。しかし、ザルコ選手はロッシ選手の決断によって自分の未来が左右されるのではなく、実際に走りでファクトリー2人を負かして自分がファクトリーシートに相応しいのだとヤマハを説得したいと語ります。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ヨハン・ザルコはMotoGPのデビューシーズンで皆を驚かせた。そして彼は、今年はまた同じ驚きを皆に与え、テック3の2年目で、チャンピオンシップにおける重要な役割を担うことを狙っている。L’Equipeとのインタビューで、ザルコは2018年について、そして将来、またバレンティーノ・ロッシについても語った。
ヨハン・ザルコ
「テック3はヤマハのサテライトチームです。常に前年のM1を使用してきました。ですから、2018年は自分は2017年のM1を使用することになります。もし自分の才能を証明出来て、バイクの性能を100%発揮出来れば、トップ3からそう離されることはないでしょう。これが自分の目標です。ヤマハはロッシの決断を待っています。自分が彼らを説得出来るかどうかですが、とにかくファクトリーライダー達よりも前でゴールしようと思います。自分のキャリアはバレンティーノの決断に左右されません。」
「ロッシが口を開くと皆が彼の話を聞きますよね。彼によって他……


ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

[MotoGPメモ] – 09/23 20:36

ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

 先日のラウジッツで活躍した”Tuu”という表記の見慣れないライダーについて。以下、SPEEDWEEK.comより。


 ラウジッツリンクにおいて、わたしたちはフィンランド人のワイルドカード・ライダーニキ・トゥーリに驚かされた。彼は4度のワールド・スーパースポーツ・チャンピオンのケナン・ソフォーグルのわずか1.7秒後ろでチェッカーを受けた。
 今となっては懐かしい125 ccにEngines Engineering。アドリア海の辺りで元気にしていたようです。



 イタリアのレーシング・カンパニー、Engines Engineeringはどうしているのだろう?マヒンドラのMoto3事業での失敗を経て、このイタリア人たちは2016年にGP125での戦いを選んだ。そして、Alpe Adria Cupを制したのだ。
 2……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト