2018
01.12

【MotoGP】エアバックの着用義務

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

レイ、今後の展望を語る

[GP spectator] – 01/08 23:24

今シーズン、前人未到の4連覇を
目指すジョナサン・レイがインタビューで
今後のキャリアについて語っています。
それによると、今年でカワサキとの契約が
切れるとのことで、その先については
MOTOGPのワークスチーム所属のライダーの
契約も切れるため、タイミングと条件が合えば
MOTOGP行きも有り得るようですね。
ただ、他のインタビューで答えているように
彼がGPに行くとしたら、勝てるワークスチームで
という条件ですから、現状、ホンダ、ヤマハ、ドゥカティの
ワークスのどこか以外は無いわけで、そうなると可能性は限りなく
低いということはわかると思います。
ロッシが引退したとしても、そこに彼が招聘される
可能性は相当低い。
となると、やはりと言いますか、カワサキに残留し
もう2年、WSBを戦うというのが一番濃厚な線となるみたいですね。
もちろん、カワサキのこの先の計画を聞いてからになるとのこと。
(ワークス活動の継続も含めて)
見据える先はカール・フォガティを超える5度のタイトル獲得か。
ただ、その先に関しては、モチベーション次第ですが、
引退という形も有り得るみたいですね。
金銭的には満足しているし、5度タイトルを獲得し歴史に名を
刻めば、レースを続ける理由付けが難しくなるかも知れません。
実際、引退後のプランとして、ストーナーのようにメーカーの
アンバサダーみたいな仕事もしたいと語っています。
個人的にはレイにはWSB……


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ザルコ『ロッシがどんな決断をしても僕の将来に影響なし』

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 01/10 15:25

『ザルコ:ロッシがどんな決断をしても僕の将来に影響なし』
★ヨハン・ザルコは2017年、モトGPにヤマハテック3から初参戦し、ルーキーライダーとは思えない活躍ぶりだった。
★ザルコ選手が『L’Equipe』のインタビューで次のように語った。
【今シーズン、ザルコ選手はどんなマシンに乗るの?】
「テック3はヤマハのサテライトチームで、いつも前年度にファクトリーチームが使っていたマシンで参戦してます。つまり、(2018年に)僕は2017年版ヤマハ機で参戦することになります。」
【今年の目標は?】
「賢く、マシンを上手くフル活用できるってところを証明できれば、総合順位で上位3名にだってそれほど引き離されはしないでしょう。僕の目標は、その辺です。」
【ヴァレンティーノ・ロッシ引退の可能性については?】
「ヤマハの方は、ヴァレンティーノの決定待ちなんです。僕がヤマハを納得させられるかどうかですよ。ファクトリー選手らより上位になるよう頑張ってね。とにかく、ヴァレンティーノがどう言う決断をしても、僕のキャリアには影響ありません。」
【昨年11月のモンツァラリーの際にロッシ選手が、『ザルコはフェルスタッペンみたい』と言っていたが…】
「ヴァレンティーノの発言は注目されますからね。彼のお陰で他の選手が有名になれるんです。
昨シーズン序盤には『ザルコはいまだモト2戦術の操縦に慣れている』と言っていたけど、シーズン終盤には『ザルコはスピード……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018 ダヴィデ・ブリビオ「2017年はイアンノーネとスズキにとって、お互いの期待を下回るシーズンだった」

[気になるバイクニュース。] – 01/11 11:07

スズキのチームマネージャーであるダヴィデ・ブリビオのロングインタビューをご紹介します。2017年の厳しい状況について、そして2018年への展望などを語っています。新しいライダーを迎え入れる時にそのクルーチーフをどうするかというのは、実に悩ましい問題ですね。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
スズキMotoGPチームのチームマネージャーであるダヴィデ・ブリビオにインタビューを行った。スズキはDucatiで優勝経験のあるアンドレア・イアンノーネ、ルーキーのアレックス・リンスと2017年に契約をした。これはスズキで優勝経験のあるマーべリック・ビニャーレスそして、アレイシ・エスパルガロという2015年からのラインナップに変わるものだった。
イアンノーネは多くの期待を裏切り形で13位でシーズンを終え、日本GPでの4位が最高成績であった。リンスはウインターテストでシーズン前半を棒に振り、バレンシアの最終戦で4位という最高位を獲得した。ビニャーレスが4回表彰台を獲得したことで、スズキは昨シーズン優遇処置を失い、シーズン中のエンジン変更、エンジン開発が凍結された。
 
Q
「ダヴィデ、2017年シーズンを振り返ってみて何が言えますか?」
ダヴィデ・ブリビオ
「非常に正直に言うと、昨シーズンは技術的な選択においてミスがありました。エンジンに関してある方向の選択をしたんですが。。2016年は……


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ブラドル、セパンでホンダRC213V機をテスト

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 01/05 08:35

『ブラドル:セパンでホンダ機をテスト』
★セパンサーキットで1月24〜26日、モトGPプライベートテストが行われる。
★独『speedweek.com』サイトによれば、同テストにステファン・ブラドルが参加し、テストライダーとしてホンダRC213V機ににる予定。
なお、同テストにはホンダのテストライダーであるヒロシ・アオヤマ、タクミ・タカハシも参加する。
★ブラドル選手は2017年、スーパーバイク世界選手権(SBK)にホンダ機で参戦していたが、ケガにより早々にシーズンを終えていた。
★同プライベートテストにはヤマハ、ドゥカティ、スズキ、アプリリア、KTMも参加する。
参加ライダーは以下のとおり。
ヤマハ:カツユキ・ナカスガ、コウタ・ノザネ、ケイスケ・マエダ、タクヤ・フジタ、マサヒロ・イワタ
(※なお、ナカスガおよびノザネはモトGP公式セパンテストにも参加する)
ドゥカティ:ケーシー・ストーナー、ミケーレ・ピッロ
スズキ:シルヴァン・ギュントーリ
アプリリア:マッテオ・バイオッコ
KTM:ミカ・カリオ
★モトGP公式セパンテストは1月28〜30日。
(2018年01月04日『Corse di moto』記事参照)
ヴィニャーレス選手が元カノ相手に裁判を起こすかもって話は、無料閲覧『note』!!
男の価値は年収より「お尻」!? ドイツ人のびっくり恋愛事情 (ワニの本)
いいねPrego!
The post ブラドル、セパンでホンダRC213V機をテスト appeared first on ITATWAGP |……


なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

[MotoGPメモ] – 01/10 17:48

なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

わたくし、個人的に「ホルヘのみなさん」を応援しているのですが、昨年はほろ苦いシーズンでした・・・。以下、SPEEDWEEKより。



 フランチェスコ・バニャイアが2016年にアスパー・マヒンドラ・チームで成功を収めた一方、ホルヘ・マルティンのハイライトといえばブルののみであった。SPEEDWEEK.comはアスパーのスポーティング・ディレクター、ジーノ・ボルゾイにその理由を尋ねた。
<……

なぜドゥカティはMoto3マシンに着手しようとしているのか?

[MotoGPメモ] – 11/09 17:42

なぜドゥカティはMoto3マシンに着手しようとしているのか?

 ドゥカティもKTMに近い考えを持っているようです。



 ジジ・ダッリーニャ、すなわちドゥカティ・コルセのゼネラル・マネージャーは、……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト