2018
01.17

【MotoGP】2018年の幕が上がる

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

2018年の幕が上がる

[GP spectator] – 01/14 21:10

一部のチームがスペインのヘレスに
集まりつつあるようですね。
例年、WSB勢はこのヘレスからテストが始まって
バレンシアやポルトガルのポルティマオなんかで
テストを重ねて、開幕戦のオーストラリアの
直前テストに挑むこととなります。
いよいよ2018年シーズンの開幕に向けての
カウントダウンが始まりますね。


GP spectator

シックな装い

[GP spectator] – 01/16 11:07

2018年の先陣を切って、ドゥカティが
GP18を発表しました。
親会社のアウディの影響か、カラーリングがシックな
方向にマイナーチェンジされてますね。
ドゥカティと言えば、ドゥカティレッドとマールボロレッドの
中間くらいのやや蛍光色の強い派手目なレッドが
これまでの塗色でしたが、だいぶ落ち着いています。
まあ、蛍光色が入っているんで、写真と太陽光の下では
また印象が違ってくると思いますが、
なんかラテン系チームってよりゲルマン色が強く感じられて
それがまた、強そうに見えるという。
ところで、ウイングカウルが装着されてますけど、当然
ドヴィさんには普通のカウルも用意されているんですよね?
用意されてなかったら待遇悪すぎると思うけど。


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ペトルッチ後任にバニャイア、ドゥカティ・プラマックで2019年モトGP昇格

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 01/15 03:10

『バニャイア:誕生日プレゼントはドゥカティ・プラマック』
★フランチェスコ・バニャイア(本日、21才の誕生日)が2019年、ドゥカティ・プラマックチームよりモトGPデビューする模様。
★正式な契約はまだ交わされていないが、2017年末に開始した契約交渉は既に大詰めに入っている。
★バニャイア選手は昨年12月初め、ドゥカティ本社を訪れ、ジジ・ダッリーニャ(ゼネラルディレクター)やパオロ・チャバッティ(スポーツディレクター)らのドゥカティ幹部、また、フランチェスコ・グイドッティ(プラマックチームマネージャー)と面会している。
★バニャイア選手もかつてのアンドレア・イアンノーネや現在のダニーロ・ペトルッチと同様に、ドゥカティと直接契約をしつつプラマック所属となる模様。
★ドゥカティ・プラマックチームは2018年、ダニーロ・ペトルッチおよびジャック・ミラーでモトGP参戦する。
なお、ペトルッチ選手の契約には成績次第でドゥカティファクトリーに昇格できるオプションがついている。
★現在のドゥカティファクトリー両選手の契約更改では、アンドレア・ドヴィツィオーゾが契約金の増額を希望しており、逆にホルヘ・ロレンソは大幅な減額が強いられるものと見られる。
それらの条件が満たされ、両選手がドゥカティファクトリーに残留した場合、ファクトリーチームを希望しているペトルッチ選手はアプリリアかKTMに移籍する可能性が高い。なお、アプリリアから……


ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

[MotoGPメモ] – 10/10 21:22

ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

 選手交代の声明が出た直後は、「契約を満了させる!」などと言っていたエガーターですが、チームがヨーロッパを発ってしまえば接触は難しいと思われます。それなら、他のことに目を向けた方がいいということでしょうか・・・。

……


ドミ・エガーター:「新たなチャレンジを必要としていた。」

[MotoGPメモ] – 10/06 02:39

ドミ・エガーター:「新たなチャレンジを必要としていた。」

 レオパード・レーシングが来季のMoto2世界選手権に「エガーターとケントとSuter」で挑む旨を公表しました。先日掲載した記事「2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。」がほとんど嘘っぱちに・・・。以下、SPEEDWEEK.comより。


英文をコピッたら→翻訳サイトリスト