2018
05.28

【SBK】2018 SBK ドニントン【レース2 リザルト&トピックス】

SBK

SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP

2018 SBK ドニントン【レース2 リザルト&トピックス】

[SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/28 01:57

『2018 SBK ドニントン レース2トピックス』
★5月27日(日)SBKドニントン戦のレース2が行われた。
★コンディションはドライ。気温23度、路面温度33度。
★優勝 マイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)。キャリア2度目の優勝で、初ダブル優勝を果たす。
チームメイトのアレックス・ロウズは4位。スタートに失敗し後退したが、9番手から挽回。
★2位 トプラク・ラズガットリオグル(カワサキ)。初表彰台。レース終盤は素晴らしい周回速度を見せた。ロウズ選手を軽々とパスし、残り2ラップでジョナサン・レイを倒す。
チームメイトのレオン・ハスラムは序盤に転倒。レースに復帰したがその後コースアウトしピットへ戻ったが、そのままリタイア。
★3位 ジョナサン・レイ(カワサキ)。タイ・ブリーラム戦(4位)以降で最悪の結果。
チームメイトのトム・サイクスは6位。表彰台を逃す。
サイクス選手はドニントンで2011年に表彰台を逃して以来、連続して表彰台を獲得してきた。
★5位 チャズ・デイヴィス(ドゥカティ)。12番手から5位へと挽回。
チームメイトのマルコ・メランドリは11位。忘れるべきレースウイークエンド。
★7位 ロレンツォ・サヴァドーリ(アプリリア)。
チームメイトのユージン・ラバティはリタイア。
★8位 レオン・キャミア(ホンダ)。
チームメートのジェイク・ガニュは13位。
★9位 ジョルディ・トーレス(MVアグスタ)。
★10位ローリス・バズ(BMW)。トップ10。
★12位 レアンドロ・メルカド(カワサキ)。
★14位 ルーク・モッシー(カワサキ)。
★15位 ブラッドリー・レイ(スズキ)。
(2018年5月27日『worldsbk.com』記事参照)
『2018 ドニントン レース2リザルト』
『2018 SBK ドニントン チャンピオンシップ スタンディング』
『2018 SBK ドニントン マニュファクチャーズ スタンディング』
RACERS (レーサーズ) Vol.48 YZR750/500 (サンエイムック)
いいねクリックPrego
投稿 2018 SBK ドニントン【レース2 リザルト&トピックス】 は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


Racing Heroes

2018全日本ロードレース開幕戦 公式予選&レース1

[Racing Heroes] – 04/08 03:09

中須賀克行ダブルポール獲得!さらにレース1優勝!2位にTeam HRC高橋巧、3位モリワキ清成龍一
全日本ロードレース開幕戦「SUPERBIKE RACE in MOTEGI」の公式予選と決勝レース1が開催された。
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がレース1、レース2のポールポジションを獲得。さらに公式予選の後に行われた決勝レース1では圧倒的な速さで優勝を飾る。2位には今年ワークスとして復活したTeam HRCの高橋巧、そして3位にはMORIWAKI MOTUL RACINGの清成龍一が表彰台に登った。
今大会は2レースのため、決勝レースのグリッド決定方式が従来とは異なる。決勝レース1のグリッドは、各ライダーのベストラップタイムにより決定する。 決勝レース2のグリッドは、各ライダーのセカンドラップタイムにより決定する。中須賀は安定したタイムで周回、レース1、レース2のダブルポールを獲得した。
土曜日も朝から冷たい雨が落ちてくる。天気予報では曇り、しかしJSB1000クラスの予選が始まる9:30になっても雨は止まずウェットコンディションの中での公式予選となった。このレースウィークで初めてのウェット。決勝レースも雨が予想されたため各車積極的にコースインする。終盤、雨脚が若干弱くなってきたコンディションでピレリタイヤを装着する星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413)が58秒台に入れる1 分58秒958のタイムでトップに立った。しかしその直後津田拓也(ヨシムラスズキMOTULレーシング)がわずか100分の3秒差の1分59秒926でトップに立つ。さらに、チェッカーが振られたファイナルラップに中須賀が1分58秒077のタイムで逆転ポールポジションを獲得した。
各ライダーのセカンドラップタイムで決まるレース2のグリッドも中須賀がポールポジションを獲得。2番グリッドは同じヤマハファクトリーの野左根航汰、3番グリッドは津田であった。
公式予選が終わってからわずか3時間半後の午後2時、23周による決勝レース1がスタート!
ホールショットは津田が奪う。しかし3コーナー入口で中須賀がトップを奪い、さらに高橋巧が5コーナー進入で津田のインサイドから2番手に浮上する。高橋はその先のV字コーナーで中須賀をかわすとオープニングラップを制する。以下、中須賀、星野、高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)、野左根、津田、津田一磨(Team ……


Racing Heroes

2018全日本ロードレース第3戦オートポリス 公式予選

[Racing Heroes] – 05/13 00:32

中須賀克行、またしてもコースレコード更新!前人未到の1分46秒台でポール獲得、2番手:渡辺一樹、3番手:津田拓也。ヨシムラが追撃する。
全日本ロードレース第3戦「AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2018」の公式予選が開催された。
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)の速さが止まらない。従来のコースレコード1分47秒657を更新。本人も驚く46秒台に入れた。そのタイム1分46秒909。2番グリッドは渡辺一樹、3番グリッドは津田拓也(共にヨシムラスズキMOTULレーシング)。ヤマハファクトリー2台の間にヨシムラが割って入った。
今大会の予選はノックアウト方式が採用された。エントリー台数28台による40分間の計時予選のQ1で11位以下の予選グリッドを決める。上位10台はQ2に進出。15分間のQ2でポールポジションから10番グリッドまでを決定する。路面温度はこの週末で一番高い50度を超えた。
セッション序盤、昨日のART合同走行トップタイムの渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)が1分48秒853のタイムでトップに立つ。その後中須賀が47秒台も見えようかと言う1分48秒034をマークしてリーダーボードのトップに立つ。前戦鈴鹿で中須賀との一騎打ちで会場を魅了した高橋巧(Team HRC)が1分49秒096で3番手につける。
Q1セッション終盤、もう一人のヤマハファクトリー、野左根航汰が1分48秒703を出して渡辺一馬をかわして2番手に浮上する。
Q2進出できるボーダーライン上の10番手前後の順位変動が激しさを増す。トップ10圏内にいた高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)、水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO. Honda)が、前田恵助(YAMALUBE RACING TEAM)と加賀山就臣(Team KAGAYAMA)に弾き出される。しかし残り2分を切ったところでまず水野が1分49秒621をマークしてトップ10内に復帰、さらにチェッカーフラッグが振られた後、最後の最後に高橋裕紀が9番手に滑り込んできた。
津田もチェッカーフラッグが振られた直後に高橋巧を押しのけて4番手までジャンプアップを果たす。
Q2進出したライダーは、中須賀、野佐根、渡辺一馬、津田、高橋巧、渡辺一樹、松崎克哉(Kawasaki Team GREEN)、秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)、高橋裕紀、水野涼、の上位10人。
迎えたQ2。セッション中盤に中須賀がいきなり1分46秒909のスーパーラップをたたき出す……


Racing Heroes

2018全日本ロードレース開幕戦もてぎ 決勝レース2

[Racing Heroes] – 04/11 15:37

中須賀克行ダブルウィン!2位に野左根航汰、ヤマハが1-2フィニッシュ!3位カワサキ渡辺一馬
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が開幕2連勝を挙げる!チームメイトの野左根航汰が2位に入り、ヤマハファクトリーの1-2フィニッシュ!終盤のバトルを制した渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)が3位表彰台を獲得。
全日本ロードレース開幕戦「SUPERBIKE RACE in MOTEGI」の決勝レース2が開催された。前日までの冷たい雨から一転、空気は冷たいものの鮮やかな青空の晴天のもとで行われた朝のフリー走行。津田拓也(ヨシムラスズキMOTULレーシング)がマシントラブルでハイサイド転倒、赤旗中断が発生する。担架で運ばれ、状態が心配されたが自らの意志で決勝レースのグリッドについた。
23周の決勝レース2スタート!ホールショットは野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が奪う。
中須賀、高橋巧(Team HRC)、津田、高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)が続いて1コーナーに進入する。2コーナーで高橋巧と津田が接触、高橋巧のマシンからサイレンサーが脱落してしまう。高橋は翌周に緊急ピットイン、マフラー交換してコース復帰するが周回遅れとなってしまう。
オープニングラップは野左根が制し、中須賀—高橋裕紀—星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413)—渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTULレーシング)—渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)—秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)—津田—清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)—生形秀之(エスパルスドリームレーシング・AI )の上位10台。
野左根は中須賀を従えてトップを走行するが野左根のペースの上がり方が鈍いことをみて中須賀が5周目のS字コーナーでパスする。「本当は先に自分が前に出ようと思ったがタイヤ温存などを考えた。(航汰が)想定したタイムほど上げられそうもなかったしこのまま後ろで走ったら後半の勝負で展開が難しそうだったので前に出てペースを上げようと思った」という中須賀はトップに立つとそれまでの50秒台のラップから一気にペースを上げて10周目には1分48秒722のファステストラップをたたき出す。こうなると中須賀の独壇場。野左根も必死にくらいつくがその差は徐々に開いていく。
その後方3番手争い、前日大きな転倒をしたばかりの渡辺一樹が高橋裕紀の背後にピタリとつけて4周目の9……


SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP

2018 SBK ドニントン【FP3リザルト&トピックス】

[SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/26 03:19

『2018 SBK ドニントン FP3トピックス』
★5月25日(金)、SBKドニントン戦のFP2が行われた。
★コンディションはドライ。気温13度、路面温度16度。
★首位 ジョナサン・レイ(カワサキ、1’28.003)。セッション終了の数分前にコースアウトするシーンがあったが、最後の最後でサイクス選手のタイムを上回る。
チームメイトのトム・サイクス(+0.204)は2位。
金曜日のセッションはカワサキ組チームメート間の戦いでコンスタントタイムを向上。
★3位 ロレンツォ・サヴァドーリ(アプリリア、+0.537)。またも好調で本日最後のFPを締めくくる。
チームメイトのユージン・ラバティ(+0.647)は5位。
★4位 アレックス・ロウズ(ヤマハ、+0.564)。好調さを確認。
チームメイトのマイケル・ファン・デル・マーク(+0.765)は6位。前半で転倒したがコース復帰し早速挽回。
★7位 レオン・ハスラム(カワサキ、+0.838)。このサーキットでの経験が物を言う。
★8位 ローリス・バズ(BMW、+1.239)。
★9位 ブラッドリー・レイ(スズキ、+1.254)。ワイルドカード参戦でSBKデビュー戦。才能ある若いイギリス人ライダー(21歳)は悪くないリザルド。
★10位 マルコ・メランドリ(ドゥカティ、+1.272)。午後は順位底辺をうろついていたがトップ10。
チームメイトのチャズ・デイヴィス(+1.716)は16位。セッション序盤に転倒。メディカルセンター搬送。
★11位 ルーク・モッシー(カワサキ、+1.276)。ドニントンを知ったのが昨日とすると驚きのパフォーマンス。
★12位 トプラク・ラズガットリオグル(カワサキ、+1.344)
★13位 レオン・キャミア(ホンダ、+1.414)。
チームメートのジェイク・ガニュ(+2.374)は19位。
(2018年5月25日『worldsbk.com』記事参照)
『2018 ドニントン FP3リザルト』
『2018 ドニントン FP 総合リザルト』
KAWASAKI-MONSTER ライダーウェア モンスターエナジージャケット オールシーズンモデル メッシュ耐摩プロテクター標準装備
いいねクリックPrego
投稿 2018 SBK ドニントン【FP3リザルト&トピックス】 は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP

マイケル・ファン・デル・マークSBK初優勝:2018 SBK ドニントン

[SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/27 10:10

『ファン・デル・マーク:優勝?Facebookに書かれてた』
★マイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)が5月26日、SBKドニントン戦レース1で優勝した。SBK初優勝である。
★ヤマハ機がSBKで優勝するのは7年ぶり。
★オランダ人ライダーがSBKで優勝するのは初めて。
★ファン・デル・マーク選手のコメント。
「今朝、Facebookを見たら、ちょうど4年前の今日、スーパースポーツ第2戦で優勝してたのを思い出したんですよ。それで、スクリーンショットを撮って、チームマネージャーに送ったんですよね。なにを言いたいかって言うと…まぁ、既にそう言うストーリーになってたんじゃないかってことで(笑)。
もう、嬉しくってたまりません。すぐに好リズムを刻んで行けて、トップ陣並みのペースを維持できたんだから。」
【どんな作戦だったの?】
「トム(サイクス)とジョニー(レイ)の後ろに張り付き、2人のスリップストリームを利用しつつ走行ラインも読み取るようにして…その後、2人を抜いた時は自分がリードできるんだってことにびっくりしてました。」
【終盤、レイ選手に追いつかれそうになっていたが…】
「トラック内のスクリーンを見たら、ジョニーとのギャップはそのままだったんで、とにかく焦らないで完走することばかり考えてました。凡ミスを避け、持ち堪えなければならないって。最終的に上手くいきました。」
【嬉しそうで…】
「本当に嬉しくて嬉しくって…これでR1機のポテンシャルが証明されたんですから。調整が上手く行けばトップ陣と戦い、もしかしたら優勝だってできるってことです。今日みたいにね。
今度はレース2のことを考えなければ。後方スタートになってしまうから、また優勝なんて上手いこと行きはしないでしょう。ここドニントンはオーバーテイクが難しいから。でも、全力を尽くします。」
(2018年05月26日『Gpone』記事参照)
カル・クラッチロー入院:クリニカモービレ日誌は 無料閲覧『note』で!!
KCOOL 造花 花束 チューリップ フラワー 本物そっくり 三つ色あり 10本セット (ピンク)
いいねPrego!
投稿 マイケル・ファン・デル・マークSBK初優勝:2018 SBK ドニントン は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP

2018 SBK ドニントン【FP1リザルト&トピックス】

[SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/25 21:05

『2018 SBK ドニントン FP1トピックス』
★5月25日(金)、SBKドニントン戦のFP1が行われた。
★コンディションはウエット。気温11度、路面温度15度。
★ドニントン・パーク・サーキットのあるレスターシャー、午前の天候は期待を裏切り風雨。
★首位 ジョナサン・レイ(カワサキ、1’44.229)。珍しくセッション開始30分はピット待機。6ラップをこなし最速タイムを記録。
チームメイトのトム・サイクス(+0.564)は2位。難しいコンディションの中、セッション中盤まで最速タイムをキープ。
★3位 ローリス・バズ(BMW、+1.007)。上位のカワサキ組に追従。後続は首位から2秒以上のタイム差。
★4位 レオン・キャミア(ホンダ、+2.059)。レースウイークエンドはフィジカル面の問題(怪我から復帰)は無い様子。
チームメートのジェイク・ガニュ(+3.392)は12位。
★5位 レアンドロ・メルカド(カワサキ、+2.383)。プライベータートップ。
★6位 ニコロー・カネパ(ヤマハ、+2.383)。SBK復帰。
★7位 マルコ・メランドリ(ドゥカティ、+2.539)。
チームメイトのチャズ・デイヴィス(+3.429)は13位。
★8位 アレックス・ロウズ(ヤマハ、+3.043)。
チームメイトのマイケル・ファン・デル・マークは出走せず。
★9位 PJ・ヤコブセン(ホンダ、+3.172)
★10位 マイケル・ルーベン・リナルディ(ドゥカティ、+3.272)。
★11位 レオン・ハスラム(カワサキ、+3.346)。
(2018年5月25日『worldsbk.com』記事参照)
『2018 ドニントン FP1リザルト』
KAWASAKI-MONSTER ライダーウェア モンスターエナジージャケット オールシーズンモデル メッシュ耐摩プロテクター標準装備
いいねクリックPrego
投稿 2018 SBK ドニントン【FP1リザルト&トピックス】 は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP

2018 SSP300 スーパースポーツ300 イモラ【スーパーボール&レースリザルト】

[SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/14 02:00

★5月13日(日)、SSP300 スーパースポーツ イモラ戦のレースが行われた。
★優勝 アナ・カラスコ(カワサキ)。ポールトゥウィン。今季初でキャリア2度目の優勝を果たす。チャンピオンシップでも首位。
★2位 ボルジャ・サンチェス(カワサキ)。初表彰台。
★3位 ケヴィン・サバトゥッチ(ヤマハ)。ワイルドカード参戦で表彰台獲得。
『2018 SSP300 イモラ レースリザルト』
『2018 SSP300 イモラ フリープラクティス、スーパーポール総合リザルト』
『2018 SSP300 イモラ チャンピオンシップ スタンディング』
『2018 SSP300 イモラ マニュファクチャーズ スタンディング』
ばくおん!! 11 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
いいね!クリックPrego
投稿 2018 SSP300 スーパースポーツ300 イモラ【スーパーボール&レースリザルト】 は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト