2017
07.17

【MotoGP】決裂寸前

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

決裂寸前

[GP spectator] – 07/16 16:31

BMWとアルティアの関係は
もう決裂も秒読みの段階のようです。
というのも、ミザーノから始まった交渉は
全く進んでおらず、BMWの態度は変わらない
というもの。
つまりBMW的には来季から施工される共通ECUの
対応をしてまで、WSBに留まる意思は無く
その場合は世界選手権から撤退して、各国内選手権を
支援していく形にシフトしていくというもの。
その場合アルティア・レーシングはBSBへスイッチではなく
WSBに留まるものの、マシンをドゥカティにスイッチ。
予算的には2台体制は難しく、1台体制に縮小ということに
なることが濃厚なようです。
ドゥカティサイドからすれば、バーニ・レーシングが2台体制に
増えるって話もありますし、早めの決断をくれって
感じでしょうね。


GP spectator

フェナティ、来季はMOTO2

[GP spectator] – 07/17 17:31

今のオンガッタチームのまま
MOTO2を走るそうです。
彼はホンダに移籍して正解だったな。
彼もMOTO3は初年度からずっと走っているから
なんだかんだで結構ヴェテランですからね。
後はタイトルも欲しいところだけど
今年はミールが安定感抜群なんだよな。


将来的に、Moto2のECUはMotoGPにおけるそれに近いものになる。

[MotoGPメモ] – 03/08 18:01

将来的に、Moto2のECUはMotoGPにおけるそれに近いものになる。

「無いに等しい」といわれていたMoto2の電子制御ですが、ついに変わるときが来そうです。


 
 SPEEDWEEK.comより。ホンダは契約更新しても構わないそうですが・・・。


 次期Moto2ユニット・エンジン・サプライヤーの座に、ブリティッシュ・マニュファクチャラーのトライアンフが収まる公算が最も高いとい言われるのも納得である(750 cc3気筒で)。ほとんどのマニュファクチャラーがこれに無関心なのだから。
 ホンダは……


MotoGPジャパン:マルケス:今期のメンタリティは手痛い失敗から得た教訓

[MotoGPメモ] – 10/25 01:09

MotoGPジャパン:マルケス:今期のメンタリティは手痛い失敗から得た教訓

 Crash.netより。タイトルを奪還したマルケスのインタビューです。


 「2015年には選手権のタイトルを失いました。この手痛い失敗から得た教訓が、今期におけるレースへのアプローチです。しかし、今わたしたちは感激しています。」 マルク・マルケス
 新たなMotoGP世界チャンピオン、マルク・マルケスは、……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト