2018
04.08

【MotoGP】ルカ・マヒア:「買い物をしていたら電話が鳴って・・・」

MotoGP

motogp Live!

気になるバイクニュース。

★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選6位マルケス「スリックを履くのはリスクが大きすぎた」

[気になるバイクニュース。] – 04/08 18:56

マルケス選手が予選で1列目を逃したのは昨日の大きな驚きでしたし、マルケス選手の口から「リスクが大きすぎた」という言葉を聞くのも新鮮です。「スリックも試したがリスクが大きすぎた」と語る姿は、昨年からまた一回りライダーとして成長した姿を感じさせます。今年のチャンピオンシップは全19戦となり昨年より1戦増えています。冷静に走り、リスクを取る必要がない所ではリスクを取らず、その時点での最善を尽くすという走りもチャンピオンシップにおいては重要です。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
マルク・マルケス
「今日は非常にチャレンジングな状況でしたが、全体的には良かったと思います。予選は予想したとおりには行きませんでしたけど、そこまで離されてもいません。最初にレインタイヤで走り出した時はかなり苦戦したんですが理由はわかりません。FP3とFP4は非常に良いフィーリングがありました。スリックも試したんですが、あまりにもリスクが大きすぎました。ピットレーンを出てすぐに、ウェットパッチに乗ると転倒する危険が非常に高いことがわかりました。ターン7、ターン8を走っている際に、”ポールポジションも重要だが、明日のレースの事を考えよう”と思ったんです。」
「1列目ではないのは残念ですが、今週末は良い形で作業が出来たと思いますので嬉しいですね。昨日はドライで競争力を発揮出来まし……


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

2018 アルゼンチンGP【モト3:FP3リザルト&トピックス】

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 04/07 22:10

『2018 アルゼンチン モト3 FP3トピックス』
★4月7日(土)、アルゼンチン戦 モト3クラスのFP3が行われた。
★朝、雨が降っていたが、セッション開始までに止む。トラックは濡れたままなのでウェットコンディション。全体的なタイムは遅い。
★首位ファビオ・ディ・ジャンナントニオ(ホンダ、2’00.315、グレジーニ)。FP総合21位。
チームメイトのホルヘ・マルティンは8位(+0.929)。FP総合5位。
★2位エネア・バスティアニーニ(ホンダ、+0.167、レオパード)。FP総合首位。
チームメイトのロレンツォ・ダッラ・ポルタは12位(+1.154)。FP総合2位。
★3位マルコ・ベッツェッキ(KTM、+0.383、Redox PruestelGP、VR46ライダーズアカデミー)。FP総合23位。
チームメイトのヤコブ・コンフェイルは16位(+1.689)。FP総合24位。
★4位タツキ・スズキ(ホンダ、+0.673、SIC58)。FP総合12位。
チームメイトのニッコロー・アントネッリは20位(+1.809、VR46ライダーズアカデミー)。FP総合9位。セッション終盤、第13コーナーでスリップ転倒。ケガなし。
★5位アロン・カネ(ホンダ、+0.697、エストレージャガリシア)。FP総合14位。セッション終盤、ガス欠でマシン停止。
チームメイトのアロンソ・ロペスは11位(+1.133、ルーキー)。FP総合28位。
★6位ガブリエル・ロドリーゴ(KTM、+0.779、RBA)。FP総合7位。
チームメイトのカズキ・マサキは19位(+1.766)。FP総合11……


GP spectator

結果を持ち帰る

[GP spectator] – 04/06 20:33

カタールGPの前にも同じことを
書いていた気がするけど
今のスズキに必要なのは結果。
カタールでもいい位置を走っていたのに
リンスがあえなく転倒。
結果を持ち帰ることも重要だけど
レースを走りきってタイヤのデータとかをきっちり
持ち帰るのも重要。
それが積み重なってタイヤへの理解が深まるわけだからね。
アルゼンチンは去年はリンスが転倒、ノーネさんが
フライングペナルティと散々なリザルトでしたが
とにかく結果、決してマシンの状態は悪くないんだから。


ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

[MotoGPメモ] – 09/23 20:36

ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

 先日のラウジッツで活躍した”Tuu”という表記の見慣れないライダーについて。以下、SPEEDWEEK.comより。


 ラウジッツリンクにおいて、わたしたちはフィンランド人のワイルドカード・ライダーニキ・トゥーリに驚かされた。彼は4度のワールド・スーパースポーツ・チャンピオンのケナン・ソフォーグルのわずか1.7秒後ろでチェッカーを受けた。
 Crash.netより。タイトルを奪還したマルケスのインタビューです。


 「2015年には選手権のタイトルを失いました。この手痛い失敗から得た教訓が、今期におけるレースへのアプローチです。しかし、今わたしたちは感激しています。」 マルク・マルケス
 新たなMotoGP世界チャンピオン、マルク・マルケスは、……




英文をコピッたら→翻訳サイトリスト