2018
05.17

【MotoGP】戦いの焦点

MotoGP

motogp Live!

GP spectator

戦いの焦点

[GP spectator] – 05/16 20:21

こういう風になるのを中本さんは恐れていたのかな?
という気がしないでもない。
共通ソフト3年目を迎えたMOTOGPは
すっかりマニエッティの共通ソフトをいかに
有効に使いこなすかに焦点が当たっていますよね。
このイタリアのソフトメーカーが作ったソフトを
いかに解析し、有効に使いこなすかに労力と予算が
割かれている状況。
でも・・・それって最速のマシンの争いであるハズの
MOTOGPの開発って意味では、マシンの根幹ってよりは
末端の部分を一生懸命やっている、しかもそこに未来は
あるのか?って話。
だって、各メーカーの市販車に搭載されているソフトは
独自開発でマニエッティの構造を参照しているわけでは
無いからね。
だから中本さんは共通ソフト導入の際にそのソフトの
ソースコードを開示し、その更新にメーカーが関われることを
条件にしたんだけどね。
それならソフトの解析に注力するなんて無意味とも思える
争いをしなくて済むわけだから。
今となっては、すっかり無かったことにされているけど。
これはダニー・ウェッブの責任。
各社がマニエッティの社員を一生懸命リクルートしないと
勝てない状況って、なんかおかしいと思うよ。
レースの本質とはかけ離れていると思う。
そんなこと競ってどうするんだって話だよ。


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ヘイデン追悼写真展:イモラ・サーキット

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/12 02:10

『イモラ:ヘイデン追悼』
★スーパーバイク世界選手権(SBK)イモラ戦が5月11〜13日の日程で行われている。
★イモラ・サーキットで10日(木)、故ニッキー・ヘイデンの追悼写真展『A million dollar smile』のオープニング式典が行われ、多くの関係者やファンが参加した。
★ヘイデン選手は昨年のイモラSBK戦の後、ミザノ・サーキット近くで自転車トレーニング中に自動車事故に遭い、早逝した。
★同写真展は6月10日まで開催されている。
(2018年05月11日『Motograndprix』記事参照)
ヘイデン追悼とか、ロレンソNY行きとか、ペドロサけがとかのオースティンGPこぼれ話は、無料閲覧『note』で!!
男は「笑顔」だ!―なぜか「人の心をつかむ人」の共通点 (新講社ワイド新書)
いいねPrego!
投稿 ヘイデン追悼写真展:イモラ・サーキット は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


気になるバイクニュース。

★原付二種スクーター「リード125」に特別カラーを採用した「リード125・スペシャル」を設定し受注期間限定で発売

[気になるバイクニュース。] – 05/16 13:50

Hondaは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインが好評の原付二種スクーター「リード125」に、スポーティーさと躍動感を演出するツートーンカラーを採用した「リード125・スペシャル」を設定し、受注期間限定※1で7月2日(月)に発売します。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
リード125・スペシャルには、上質感のある「ランベントシルバーメタリック」と鮮やかな「クリッパーイエロー」を主体色に、マットブラックをフロントカバーからメーターカバー、フロアカバーおよび、リアセンターカバーからリアキャリアにかけて施し、躍動感のあるツートーンカラーとしています。
さらに、シートにはブラックとグレーの2色の表皮に赤のステッチをあしらうとともに、フロントフォークアウターチューブとホイールをブラックに、フロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングをレッドにすることで、スポーティーなイメージを演出しています。
リード125は、スタイリッシュで高級感のある外観や、環境性能に優れたグローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」※2を搭載。シート下には利便性の高い大容量のラゲッジスペースを確保するとともに、省エネルギーで長寿命なLEDヘッドライトや、フロントインナーボックス内にスマートフォンなどの充電に便利なアクセサリーソケットを装備するなど、通勤などに使用する幅広い層のお客……


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

2018ムジェッロ・プライベートテスト【モトGP:リザルト&トピックス】

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/11 07:25

『モトGP 2018ムジェッロテスト』
★ムジェッロサーキットで5月10日(木)、モトGPプライベートテストが行われた。
★午後3時30分、雹混じりの雷雨によりセッション終了。昼前から多少の降雨があり、昼食休憩抜きで作業が行われた。
★以下のタイムは非公式である。
★首位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、1’46”8)。唯一、1分46秒台を記録。昨年のヴィニャーレスPPタイム(1’46”575)より0.2秒ほど遅いだけ。ル・マン戦に向けての新カウル認定のための選別作業をしていた。第2コーナーでスリップ転倒。ケガなし。
チームメイトのダニ・ペドロサのタイムは計測できず。
★2位カル・クラッチロー(ホンダLCR、1’47”2)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミのタイムは計測できず。午後セッションで転倒。
★3位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー、1’47”3)。レースに向けて作業。
チームメイトのホルヘ・ロレンソのタイムは計測できず。新フレームおよびエアロダイナミクスの細かいモディファイ作業。
★4位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー、1’47”7)。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは5位(1’48”0)。
両選手ともムジェッロ戦に向けての作業。待望の電制システム関係は今後のテストで試される模様。
★6位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー、1’48”1)。
チームメイトのアレックス・リンスは9位(1’48”9)……


キャメロン・ビュービアー:Q & A

[MotoGPメモ] – 12/06 18:19

キャメロン・ビュービアー:Q & A

 ギュントーリの代わりにドニントンに出走したキャメロン何とかさんのインタビューです。



 二度のAMAスーパーバイク・チャンピオン、キャメロン・ビュービアーへのインタビュー。彼がこれまでのキャリアのこと、マルク・マルケスのチーム・メイト時代のこと、そしてワールド・スーパーバイクでの目標について語ってくれた。
Crash.net:
 これまで、走行中のライダーが受け取るメッセージはレース・ディレクションが発するフラッグ情報等に限られてきました。
ドイツでのflag-to-flagレースの際に生じた騒動をきっかけに、レース・ディレクションのみならず、それぞれのチームが所属ライダーにテキスト・メッセージを送信できるシステムを求める声が高まりました。crash.netによると、このシステムの試験運用が間近に迫っているとのことです。

MotoGPフィリップ・アイランド:クラッチローはオーストラリアでの勝利は常々狙っていた。

[MotoGPメモ] – 10/25 01:24

MotoGPフィリップ・アイランド:クラッチローはオーストラリアでの勝利は常々狙っていた。

 BSNより。クラッチローが端から勝利を狙っていたなんて・・・。意外でした。






 カル・クラッチローが明かしたことによれば、彼は予てよりフィリップ・アイランドを今シーズンおいて勝利を狙えるトラックとみなしていたという。とはいえ、今回の週末を通して目まぐるしく……




英文をコピッたら→翻訳サイトリスト