2018
04.14

【F1】ピレリ、イタリアのタイヤの組み合わせを発表

F1

motogp Live!

F1-Gate.com

【動画】 F1中国GP フリー走行3回目 ハイライト

[F1-Gate.com] – 04/14 15:00

2018年のF1世界選手権 第3戦 中国GPのフリー走行3回目が14日(土)に上海インターナショナル・サーキットで行われた。
フリー走行3回目のトップタイムは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルの1分33秒018。2番手には0.451秒差でキミ・ライコネンが続き、フェラー… 続きを読む


F1-Gate.com

ホンダF1 「チームとしては残念な予選結果だがパワーユニットは順調」

[F1-Gate.com] – 04/14 20:52

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、トロロッソ・ホンダのF1中国GPの予選を振り返った。
前戦バーレーンGPではピエール・ガスリーがQ3に進出して4位入賞を果たすなど大躍進を果たしたトロロッソ・ホンダだが、今週末の上海では一転して厳しい週… 続きを読む


F1-Gate.com

トロロッソ 「まだクルマから最大限のポテンシャルを引き出せていない」

[F1-Gate.com] – 04/14 02:46

トロロッソのチーフエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、トロロッソ・ホンダのF1中国GP初日のフリー走行での作業を振り返った。
F1中国GPの初日、トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーがFP1を11番手、FP2を12番手、ブレンドン・ハートレーがFP1を16番… 続きを読む


ピレリ、イタリアのタイヤの組み合わせを発表

[F1 NEWS] – 06/30 02:10

ピレリは、9月1金)~3日(日)におこなわれる第13戦イタリアGPの組み合わせを29日(木)に発表した。イタリアのタイヤの組み合わせは以下の通り。P Zero レッド(スーパーソフト)P Zero イエロー(ソフト)P Zero ホワイト(ミディアム)■表の見方Qualify1:予選Q3のために1セット残しておく必要があるタイヤ。各レース・ウイークエンドに持ち込まれる3種類の中で一番柔らかいタイヤが選ばれる。2016年までのルールと同じように、予選トップ10入り(Q3に進出)したドライバーはこのタイヤを予選後にピレリに返却しなければならないが、それ以外のドライバーはこのタイヤをレースで使用することが可能となっている。Race2:レース中のどこかで使用しなければならないタイヤ(最低でもどちらか1セットを使用)。※各ドライバーは1レース・ウイークエンドごとに13セットのタイヤを使用できる。上記の3セットを除き、残りの10セットは各チームで自由に選ぶことができる。- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – ■これまでに発表された2017年のタイヤの組み合わせは次の通り。

2017
パープル
レッド
イエロー
ホワイト
オレンジ

オーストラリアGP
ウルトラソフト (Q:1)
スーパーソフト (R:1)
ソフト (R:1)
 
 

中国GP

スーパーソフト (Q:1)
ソフト (R:1)
ミディアム (R:1)

バーレーンGP

スーパーソフト (Q:1)
ソフト (R:1)
ミディアム (R:1)

ロシアGP
ウルトラソフト (Q:1)
スーパーソフト (R:1)
ソフト (R:1)

スペインGP

ソフト (Q:1)
ミディアム (R:1)
ハード (R:1)

モナコGP
ウルトラソフト (Q:1)
スーパーソフト (R:1)
ソフト (R:1)

カナダGP
ウルトラソフト (Q:1)
スーパーソフト (R:1)
ソフト (R:1)

ヨーロッパGP

スーパーソフト (Q:1)
ソフト (R:1)
ミディアム (R:1)

オーストリアGP
ウルトラソフト (Q:1)
スーパーソフト (R:1)
ソフト……


リカルド「いつも食べ物の話をしてるのは分かってる(笑)」 — 【オーストリアGP プレビュー】

[F1 NEWS] – 07/01 03:10

レッドブル・レーシング【オーストリアGP プレビュー】◆ダニエル・リカルド「オーストリアGPはレッドブルから完璧にもてなしてもらえるし、レッドブルのアスリートとして巨大なファミリーの一員だってことを痛感するよ。このトラックで僕らはかなりクレイジーなことをやってきたよ。レーダーホーゼン(革製半ズボン/ドイツ、オーストリアの一部地域の伝統的な民族衣装/その半ズボンがプリントされた)レーシング・スーツは変わってるし、マックス(・フェルスタッペン)と僕はここでキャラバン(クルマでけん引する居住スペースのある後部車両/アストンマーティンでそれをけん引して)レースをやったしね。正直、(ハードな走行で)キャラバンが壊れちゃったからほかじゃさせてくれないだろうけど、僕らはあれ、大好き(笑)」。「オーストリアみたいなパワー・サーキットはどこだって、ロング・ストレートに最高のチャンスを活かせるように、スムーズでキレイに(コーナーの)出口を出たいもの。空力パッケージにはいつも妥協がつきものだよ。ラップの中盤から後半にかけてはもっとダウンフォースが欲しいけど、ダウンフォースがあるってことはストレートで遅くなるってことだから、カギはラップを通していいバランスを見つけ出すことだね」。「僕はトラックをすごくエンジョイしてるし、唯一残念なところはもう少し長い方がよかったなってぐらい。もう少しコーナーが欲しかったけど、あそこのコーナーは楽しいよ」。「僕らがいつも食べ物の話をしてるってのは分かってるよ(笑)。 でも、おいしいシュニッツェル(カツレツ)がすごく楽しみだし、フレッシュなレモン、それからクランベリー・ジャムと食べるシュニッツェルが大好きなんだよね。本当においしいから」。[STINGER]Photo by Red Bull Racing / Getty Images/Red Bull Content Pool※リリースの内容はオリジナルと同じですが、一部構成をSTINGERで加工しています。


アロンソ、「今日のトラックはトリッキーだった」 — 【アゼルバイジャンGP(金) コメント】

[F1 NEWS] – 06/24 03:15

マクラーレン・ホンダ【アゼルバイジャンGP フリー走行1、フリー走行2 / コメント】◆フェルナンド・アロンソフリー走行1=17位 / フリー走行2=12位「明日の役に立つデータを取るために、フリー走行の1と2でいくつかのものをダウンフォース・レベルを変えながら試したよ。タイヤのチェックをしたストフェル(・ヴァンドーン)は燃料が多い状態と少ない状態の両方で走ったんだけど、どちらも戦略を決めるときに役立つよ」。「今日のトラックはトリッキーだったよ。プライムとバックアップ・タイヤ(予備のタイヤ)がロング・ストレートで温度が落ちちゃって、それでブレーキしたときに突然ロックアップしてそのまま突っ切っちゃうんだ。何台ものマシンがコースオフしてた。金曜日はみんな基本的に自分たちのタイヤの限界を探るワケだからね。でも明日はもっと減るだろうし、日曜日はさらに少なくなるだろうね」。「2回目のセッションは最後の30分をロスしたから、明日はプログラムをフォローするために燃料をたくさん積んだ状態で走らないといけないだろうね」。「どのみち僕らはうしろのグリッドからのスタートになるし、予選は順調に進められるよ」。【翻訳:STINGER】Photo by McLaren Honda/LAT Photographic※リリースの内容はオリジナルと同じですが、一部構成をSTINGERで加工しています。




英文をコピッたら→翻訳サイトリスト