2018
06.04

【MotoGP】ライポジの重要性

MotoGP

GP spectator

ライポジの重要性

[GP spectator] – 06/03 10:31

ロッシのポールに目が行きがちですが
ホルヘ・ロレンツォも予選2番手。
彼はタンクの形状がホールドしにくいと
訴えていて、今回突貫工事でドゥカティは
対応してきていて、それに見事結果で答えました。
とはいえ、シーズンここまで進んできて
今更、そんなこと言う?って意味でドゥカティと
ホルヘのコミュニュケーション不足をちょっと感じたなぁ。
決勝は例によって先行逃げ切りを図るでしょうけど
どこまで逃げ切れるのか。


GP spectator

ウイングは必須

[GP spectator] – 06/03 10:16

まあ、コイツはウイングと呼んじゃダメで
あくまでも変形したカウルの一部らしいですが・・・。
1kmを越えるストレートを持つ高速コースの
ムジェロでも、多くのチーム、ライダーが
ウイングカウルを装着して予選に臨みました。
例外はこの分野のパイオニアであるドゥカティの
ドヴィオーゾですが、彼もタイムが伸び悩んだ末
最終的にはウイングカウルを装着してきましたね。
ストレートスピードもさることながら
1コーナーは非常に急ブレーキの減速エリアですから
ダウンフォースのもたらすブレーキングスタビリティは
欠かせないということなんでしょうね。
それと今のGPマシンは極端なまでに後輪荷重重視ですから
バランスを取るためにフロントのダウンフォースは必須なのかも。
そういう意味では走り出しの段階でドゥカティ+ドヴィ陣営が
ウイング無しの通常カウルで走り出した時点で
基本セットアップを外していたということかも知れません。
どうしてもレースウィークは限られた時間の中で
いかに完成度の高いセットアップを確立するかが
勝利への鍵ですから、彼らは既に出遅れていると言ってもいいかも。
ここで勝てないようだと、本当に今シーズンのドヴィジオーゾは
タイトル争いから脱落しかねないだけに、決勝でどこまで
巻き返してくるか。


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018イタリアGP 決勝レース結果

[気になるバイクニュース。] – 06/04 05:47

MotoGPクラスの決勝結果です。ついにこの時がやってきましたが、ホルへ・ロレンソがDucatiで初優勝を遂げました。ロレンソは2番グリッドからスタートするとホールショットを奪ってそのままレースをリード。最後まで誰にも抜かせないヤマハ時代のロレンソを彷彿させる走りで優勝を遂げました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
2位を獲得したのは予選9番手から追い上げたアンドレア・ドヴィツィオーゾ、3位はポールポジションを獲得したバレンティーノ・ロッシとなり、4位にスズキのアンドレア・イアンノーネ、5位アレックス・リンスとなりました。
6位カル・クラッチロー、7位ダニロ・ペトルッチ、8位マーべリック・ビニャーレス、9位アルヴァロ・バウティスタ、10位ヨハン・ザルコ、11位ポル・エスパルガロ、12位ハフィズ・シャーリン、13位ティト・ラバト、14位ブラッドリー・スミス、15位フランコ・モルビデッリ、16位は転倒してレースに復帰したマルク・マルケス、17位シャビ・ビエルへ、18位中上 貴晶となりました。
今回は転倒が多いレースで、ダニ・ペドロサ、スコット・レディング、カレル・アブラハムが1周目に転倒。ジャック・ミラー、トーマス・ルティ、アレイシ・エスパルガロもまた完走出来ずにレースを終えています。


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ロレンソ『さよならドゥカティ、僕をあまり好きになってはくれなかったね』2018ムジェッロGP

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 06/04 03:05

『ロレンソ:さよならドゥカティ、僕をあまり好きになってはくれなかったね』 ★ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティファクトリー)が6月3日(日)、ムジェッロ決勝戦で優勝した。 ★ロレンソ選手が2017年にドゥカティに移籍して以来、 […]
投稿 ロレンソ『さよならドゥカティ、僕をあまり好きになってはくれなかったね』2018ムジェッロGP は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。

[MotoGPメモ] – 09/25 11:07

2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。

 PJがグランプリでどのくらい通用するのかは気になるところ・・・。


 ジャーマン・チームのキーファー・レーシングは、2015年にダニー・ケント(ホンダ)と共にMoto3世界選手権を制した。同チームはKalexからSuterに乗り換え、アメリカ人のPJジェイコブソンを迎える。
 報道によれ……


Engines Engineeringは未だに2ストローク125 ccで勝っている

[MotoGPメモ] – 01/20 17:27

Engines Engineeringは未だに2ストローク125 ccで勝っている

 今となっては懐かしい125 ccにEngines Engineering。アドリア海の辺りで元気にしていたようです。



 イタリアのレーシング・カンパニー、Engines Engineeringはどうしているのだろう?マヒンドラのMoto3事業での失敗を経て、このイタリア人たちは2016年にGP125での戦いを選んだ。そして、Alpe Adria Cupを制したのだ。
 2……


ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

[MotoGPメモ] – 09/23 20:36

ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

 先日のラウジッツで活躍した”Tuu”という表記の見慣れないライダーについて。以下、SPEEDWEEK.comより。


 ラウジッツリンクにおいて、わたしたちはフィンランド人のワイルドカード・ライダーニキ・トゥーリに驚かされた。彼は4度のワールド・スーパースポーツ・チャンピオンのケナン・ソフォーグルのわずか1.7秒後ろでチェッカーを受けた。

英文をコピッたら→翻訳サイトリスト