2018
05.14

【MotoGP】申請受付中:Moto2のスタンダードECUって??

MotoGP

motogp Live!

MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

2018ムジェッロ・プライベートテスト【モトGP:リザルト&トピックス】

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/11 07:25

『モトGP 2018ムジェッロテスト』
★ムジェッロサーキットで5月10日(木)、モトGPプライベートテストが行われた。
★午後3時30分、雹混じりの雷雨によりセッション終了。昼前から多少の降雨があり、昼食休憩抜きで作業が行われた。
★以下のタイムは非公式である。
★首位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、1’46”8)。唯一、1分46秒台を記録。昨年のヴィニャーレスPPタイム(1’46”575)より0.2秒ほど遅いだけ。ル・マン戦に向けての新カウル認定のための選別作業をしていた。第2コーナーでスリップ転倒。ケガなし。
チームメイトのダニ・ペドロサのタイムは計測できず。
★2位カル・クラッチロー(ホンダLCR、1’47”2)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミのタイムは計測できず。午後セッションで転倒。
★3位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー、1’47”3)。レースに向けて作業。
チームメイトのホルヘ・ロレンソのタイムは計測できず。新フレームおよびエアロダイナミクスの細かいモディファイ作業。
★4位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー、1’47”7)。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは5位(1’48”0)。
両選手ともムジェッロ戦に向けての作業。待望の電制システム関係は今後のテストで試される模様。
★6位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー、1’48”1)。
チームメイトのアレックス・リンスは9位(1’48”9)……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018 アルゼンチンのスタート時の混乱を受けて、スタート前のエンジンストールに関するルールが変更

[気になるバイクニュース。] – 05/11 10:13

アルゼンチンでのスタート時の混乱を受けて、今後スタート時のルールが変更されます。新しいルールでは
グリッド上でレーススタート前にエンジンをストールをさせたライダーは、バイク上に留まり、手を挙げて合図をしなければならない。
グリッド上でバイクを再始動させる行為は禁止とする。
ライダーはマーシャルの助けを借りて、グリッドからピットレーンへと移動しなければならない。
ピットレーンにおいてライダーはマシンの再始動の手助けを得ることが出来、MotoGPクラスにおいてはマシンの乗り換えが許可される。
とアルゼンチンで実際に起きた事態に対応出来る形でルールが改められました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ちなみに、以前のルールでは下記のように定められていました。
グリッド上でエンジンをストールさせたライダー、もしくはその他の問題を抱えたライダーは、バイク上に留まり手を挙げて知らせなければならない。
それ以外の理由によってスタートを遅らせる行為は禁止とする
各グリッドのライダーの準備が整った後に、オフィシャルはパネルを下げ、その列のライダー達の準備が整ったことを知らせる。
その列のライダーがエンジンをストールさせたり、その他の問題を抱えている場合は、オフィシャルはパネルを下げてはならない。
全てのオフィシャルのパネルが下がり、セーフティーカーがコース……


GP spectator

フォガティまであとひとつ

[GP spectator] – 05/13 09:22

イモラ第1レースはポールスタートの
ジョナサン・レイがロケットスタートから
最初の数周であっという間に後続との差を
広げて勝負アリ。
見事、自身58勝目を挙げました。
これでフォガティの最多勝利数に後ひとつと
迫り、今日にも並ぶことになります。
また、今回から許可されたブレーキの冷却ダクトですが
表彰台の3人で唯一、彼だけ使っているんですよね。
ブレーキに心配なく、思いっきりかけられたのも快走の要因だったか。
2位にサイクスでカワサキは1-2。
メランドリィが3位となってます。
ただし、優勝後のインタビューではレイにとっては
重要なのは最多勝利ではなく、4度目のタイトル獲得
とコメントしてますね。


MotoGPバレンシア:ロレンソ:この上なくすばらしい。

[MotoGPメモ] – 11/18 23:03

MotoGPバレンシア:ロレンソ:この上なくすばらしい。

 最後の最後に勝てて良かった・・・。crash.netより。



 この9年間は実りの多いものでしたし、250回目のウィーク・エンドは完璧なものでした。ポール・ポジションにファステスト・ラップ、そして勝利を手にしたのですから。本当に誇らしく思います。」 ホルヘ・ロレンソ
 ホルヘ・ロレンソはヤマハのライダーとして臨んだ最後のレース・ウィークエンド……




英文をコピッたら→翻訳サイトリスト