2017
12.07

【MotoGP】WSBに専念

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

WSBに専念

[GP spectator] – 12/05 12:16

ドゥカティは来季、STK1000に参戦していた
アルバ・イット・Jrチームを走らせないとのこと。
今年同チームでタイトルを獲得した
マイケル・ルーベン・リナルディは来季は
スーパーバイクの開発兼スポット参戦という形になるとのこと。
まあ、噂が本当ならSTK1000は来季で無くなるとの
ことなんで、ドゥカティ的にはV4マシンのデビューも
控えているし、リソースを集約しているってことでしょうか。
ただし、今年走らせたマシンは貸出も有り得るみたいなんで
来季、プライベーターがSTKで走らせる可能性はあるね。


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ロッシ『KTMがザルコを欲しがっているが…』

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 12/03 11:05

『ロッシ:KTMがザルコを欲しがっているが…僕は自分のことしか考えてない』
★12月2日(土)、『Monza Rally Show』2日目、ヴァレンティーノ・ロッシが総合首位に立った。
★本日の総合順位は以下の通り。
首位Rossi-Cassuna (Ford Fiesta、58’00.5)
2位Bonanomi-Pirollo (Citroens DS3、+0.1)
3位Cairoli–Fappani (Hyundai i20、 +6.4)
4位Mikkelsen-Neuville (Hyundai i20、 +6.5)
5位D’Aste-D’Aste (Ford Fiesta、+59.0)
「今日の出来には、実に満足してますよ。マルコ(ボナノーミ)とは大勝負だし、絶対に最後の最後まで戦い続けることになるでしょう。優勝争いの相手は彼だけじゃないしね。Mikkelsenとカイローリも接近してるからね。」
【今日は総合首位を獲得していたが…】
「ラリーレーサーに比べると、トラックレーサーは今日のフリープラクティスはちょっと有利なんですよ。特に、僕ら2輪レーサーはハードブレーキングを駆使して成長してきてるじゃないですか。周回ごとに最後の1mをなんとかしようとしてね。多分、そのせいで戦闘力が高いんじゃないのかなぁ。」
【今日のプラクティスは?】
「ショートプラクティスは新タイヤで予選の1周タイムを出すような感じで、僕はあまり速くないんですよ。何周も走るスペシャルプラクティスの方が好きですね。レースみたいな感じでね。」
【最後のプラクティス2回は夜間走行だから、鈴鹿8耐レースを彷彿させるが…】
「夜間走行って言う……


GP spectator

勝負は下駄を履くまでわからないということ

[GP spectator] – 12/03 22:54

最初に「レース好き」さんに頭を
下げないといけません。
ポイント差がやや大きいという理由で
アズランをタイトル候補から外してしまいましたが
そのアズランが見事な逆転タイトルを獲得。
今は引退している藤原コーチ以来のカワサキの
アジアタイトル獲得となりました。
今回のレース、ポイントリーダーのザクワンが
フリー走行で転倒を喫したようで、本調子では無い中
伊藤選手がマシントラブルでレース1ノーポイント。
羽田選手もザクワンの前に出ることができない走りで脱落。
アズランはレース1の5位に続きレース2では3位に入り逆転で
タイトルを獲得しました。
あと触れないといけないのは、第2戦、今回と同じタイでの
ウェストの車検拒否による失格騒動。
あれで、アズランが繰り上げって、ダブルウィンになったんですよね。
そして続く、鈴鹿のFPでの転倒。
これで指に酷い怪我を負ったアズランでしたが、なんとか決勝を走り
貴重な19ポイントを獲得しています。
こうした流れも、彼に向いていたか。
とはいえ、素晴らしい最後まで諦めない執念が彼に
2度目のタイトルをもたらしました。
おめでとう、アズラン!!


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ロッシ満足:ロッシ不在のモトGPはイタリア不在のワールドカップのよう

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 12/04 22:05

『ロッシ不在のモトGPはイタリア不在のワールドカップのよう』
★12月3日(日)、『Monza Rally Show』3日目(最終日)、ヴァレンティーノ・ロッシが6回目の優勝を獲得した。これによりロッシ選手は同レースの最多勝選手となった。
★ロッシ選手は午前のスペシャルプラクティス後、車両の重量が規定に7kg足りず、レースディレクションより10秒のペナルティを科せられていた。
★ロッシ選手のコメント。
「今回の優勝は2003年のフィリップアイランドを彷彿させますよね。あの時も、イエローフラッグ提示中に追い越しをしたってことで10秒ペナルティが科せられていたから。それでも、優勝できる力がありましたけどね。」
【レースディレクションからのペナルティについて、どう思う?】
「チーム側の単純なミスだったのでしょう。後付ライトを含めて車両の重量を測った辺りから、間違えてたんですよ。最初は信じたくなかったけど、結局、受け入れました。」
【勝利への期待が霧散していく感じだった…】
「やっぱり、その瞬間は、もう負けたって思いましたね。でも、死に物狂いでトラックに降りたら、最後から2番目のプラクティスの出来が最高でね。その後、ボナノーミがミスってくれて、僕が優勝できました。」
【『Master Show』の方はセミファイナルで敗退してしまったが…】
「あいにく、あまり速くなかったんですよ。マシンにちょっと改良を加えてみたけれど、それほど変わらなくって。……


FIM Supersport 300 World Championshipが2017年より開始

[MotoGPメモ] – 09/29 00:19

FIM Supersport 300 World Championshipが2017年より開始

 FIMとドルナがWorldSSP 300なる新シリーズの設立を公表しました。その概要とはどのようなものなのでしょう?
設立の趣旨
  • 次世代のライダーの発掘と育成。

選手権の位置づけ
  • WorldSBKシリーズのビギナークラス。
  • ライダーや各国のレギュレーションにとって「とっつきやすい」選手権&……


英文をコピッたら→翻訳サイトリスト