2017
06.17

【MotoGP】ビニャーレス「1日を通じて快適」

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

気になるバイクニュース。

★ブレーキディスクの温度が1,000度以上に達するF1、ブレーキの動作回数が4,000回を超えるル・マン

[気になるバイクニュース。] – 06/16 07:13

普段4輪ネタは扱っていない本サイトですが、ブレンボさんからF1とル・マンの車両におけるブレーキの違いについて解説をいただきましたのでご紹介させていただきます。普段2輪のことしか考えていないと、こういう情報は本当に興味深いですね。
F1 vs ル・マン:ブレンボ製ブレーキシステムの比較
LMP1クラスのマシンとF1マシンでは、ブレーキシステムに相違点と類似点があります。ブレンボがそれぞれに供給しているシステムについて比較してみましょう。4輪のプロトタイプマシンの2大レースとして揺るぎない地位にあるF1とル・マン24時間レース。参戦する各メーカーの開発競争は近年ますます熾烈を極め、搭載するエンジンが1,000馬力を超えるマシンも登場してきています。
こうした現状に対し、搭載するブレーキシステムにはいっそうのハイパワーと信頼性が求められます。F1は減速度が非常に高く、5Gを超えることも少なくありません(モンツァでは5.8Gにも達します)。一方、ル・マン24時間レースでは、減速度は最高でも3.5Gです。この差は車両の質量の違いによるものです。F1マシンは、ドライバーを含む最低重量が728 kgであるのに対し、LMP1マシンは875kg(ハイブリッドマシン以外のLMP1は855kg)となっています。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
逆にレース時間は、F1は長くても2時間、ル・マンはもちろん丸一日の24時間です。こ……


マニクールWSBK:勝者のデイビスが好機をモノにする

[MotoGPメモ] – 10/04 21:30

マニクールWSBK:勝者のデイビスが好機をモノにする

 マニクールの両レースを制したデイビスのインタビューです。





 チャズ・デイビスは本日マニクールにて開催されたレースにおいて、カワサキのチーム・メイト同士、つまりジョナサン・レイとトム・サイクスがワイドになった瞬間を逃さなかった。その隙にリードを奪……


MotoGPバレンシア:ロレンソ:この上なくすばらしい。

[MotoGPメモ] – 11/18 23:03

MotoGPバレンシア:ロレンソ:この上なくすばらしい。

 最後の最後に勝てて良かった・・・。crash.netより。



 この9年間は実りの多いものでしたし、250回目のウィーク・エンドは完璧なものでした。ポール・ポジションにファステスト・ラップ、そして勝利を手にしたのですから。本当に誇らしく思います。」 ホルヘ・ロレンソ
 ホルヘ・ロレンソはヤマハのライダーとして臨んだ最後のレース・ウィークエンド……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト