2017
12.09

【MotoGP】明朗会計

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

明朗会計

[GP spectator] – 12/06 12:24

WSBのレギュレーションの詳細について
あらゆる公認パーツについて、価格がはっきり明示され
プライベーターも購入可能であるという条件も
付加されているようです。
既に電子制御一式はそういう条件になっていますが、
言ってみればワークスマシンに装着されているパーツを
プライベーターも揃えることが出来るということ。
一応、全く同じマシンは作れる(名目上は)ってことになりますね。
あとはチームのセットアップ能力ってことか。
(これが一番重要だが)
今のレギュレーションだとサスペンションやブレーキ以外に
スイングアームが結構、大物パーツですね。
これはタイヤのトラクションのかかりと消耗に密接に関係するパーツだけにね。
DORNA的にはファクトリーチームとプライベーターの格差を
何としても小さくしたいみたいなんだけども。
でも今シーズンを振り返ってみると、結局ライダーの力量が
一番大きいって思う。


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ロッシ『僕がドゥカティにいた頃は勝てるマシンじゃなかった』

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 12/07 08:25

『ロッシ:僕がドゥカティにいた頃は勝てるマシンじゃなかったが、ドヴィのは違う』
★先日、モンツァラリーに参戦した際、ヴァレンティーノ・ロッシがドゥカティについて次のように話していた。
★ロッシ選手のコメント。
「僕がドゥカティに移籍した時、あそこのは優勝できるようなマシンではなかったから。ドヴィツィオーゾは2017年に6勝したわけでしょ。つまり、あのシーズンと今年を比較することなんかできないってことですよ。」
【では、来年のロレンソ選手は?】
「来年、ホルヘの戦闘力がかなりのものになることは確実でしょうね。」
【ロッシ選手の来年の目標は?】
「目標はタイトル争いに加わることです。容易ではないでしょう。ライバル陣は最強だし、ヤマハは技術面でギャップを縮めていかなければならない立場ですから。」
(2017年12月04日『Motogramprix』記事参照)
ロッシ『ランチ』が閉鎖の危機とか、でも、12月には『ランチ』にルイス・ハミルトンが来る話とかは、『note』無料閲覧!!
Valentino Rossi 2018 Calendar ( バレンティーノ・ロッシ 2018年 カレンダー OC )
いいねPrego!
The post ロッシ『僕がドゥカティにいた頃は勝てるマシンじゃなかった』 appeared first on ITATWAGP | イタたわGP.


なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

[MotoGPメモ] – 01/10 17:48

なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

わたくし、個人的に「ホルヘのみなさん」を応援しているのですが、昨年はほろ苦いシーズンでした・・・。以下、SPEEDWEEKより。



 フランチェスコ・バニャイアが2016年にアスパー・マヒンドラ・チームで成功を収めた一方、ホルヘ・マルティンのハイライトといえばブルののみであった。SPEEDWEEK.comはアスパーのスポーティング・ディレクター、ジーノ・ボルゾイにその理由を尋ねた。
<……

ドミ・エガーター:「新たなチャレンジを必要としていた。」

[MotoGPメモ] – 10/06 02:39

ドミ・エガーター:「新たなチャレンジを必要としていた。」

 レオパード・レーシングが来季のMoto2世界選手権に「エガーターとケントとSuter」で挑む旨を公表しました。先日掲載した記事「2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。」がほとんど嘘っぱちに・・・。以下、SPEEDWEEK.comより。


英文をコピッたら→翻訳サイトリスト