2017
09.06

【MotoGP】プステルGP、ベッツェッキの起用を発表

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

気になるバイクニュース。

★MotoGP2017 KTM アラゴン戦の結果によっては2018年にスミスとカリオの交代もあり

[気になるバイクニュース。] – 09/04 18:16

KTMからワイルドカード参戦しているテストライダーのミカ・カリオ選手が素晴らしい成績を残していることもあり、来年のスミス選手のシートが危ういのではないか?という話が出ていますが、スミス選手自身もKTM側から結果が上向かない場合はカリオとの交代をほのめかされているとのこと。ミサノ、そしてアラゴンで結果を出すことが絶対条件となります。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ブラッドリー・スミスは彼の現在のKTMにおけるポジションについて厳しいレースが続いているということを明確に把握しており、第14戦アラゴンでのレースが、彼の2018年を決定付けるレースになるだろうと考えている。KTMのCEOであるステファン・ピエラとモータースポーツディレクターであるピット・ビーラーは、オーストリアGPのすぐ後に、今後スミスの結果が上向かない場合は、テストライダーであるミカ・カリオが彼のポジションを奪う可能性に付いて示唆した。
この内部での選手変更はオーストリアGPの結果によるもので、スミスのクルーチーフであったトム・ジョジックはイギリスGPを前に移動が決まり、以前はカリオと一緒にレースをしていたエステバン・ガルシアが、今シーズン一杯スミスを支えることとなる。
カリオはアラゴンでもワイルドカード参戦をすることが決まっており、もしカリオがアラゴンでもオーストリアでスミスに16秒の差を……


GP spectator

5年ぶりの参戦

[GP spectator] – 09/05 09:39

高橋巧選手の参戦は日本人として
5年ぶりなんだけど、オートスポーツのWEBでは
青山さん以来って書かれてますね。
実際は2013年に芳賀さんがグリリーニのBMWで
一戦だけスポットで走ったから
それ以来ってことになるんだけど。


GP spectator

和尚、ピンチ

[GP spectator] – 09/05 08:37

時には同僚のポルに一秒以上の差をつけられることもある
スミス。
アラゴンGPにスポット参戦するミカ・カリオとの
成績によっては、来シーズン、入れ替えられる可能性も
出てきたようです。
KTMのようなファクトリーチームの場合
契約順守よりも、成績が優先される場合もありますから
ロウズのように契約を残したまま解雇の可能性もありますね。
カリオからしても、アヴィンティアのシートは
どうやら乗れないみたいですから、
それならKTMの正シートを狙うのは当然。
和尚、頑張れ~~。


ドミ・エガーター:「新たなチャレンジを必要としていた。」

[MotoGPメモ] – 10/06 02:39

ドミ・エガーター:「新たなチャレンジを必要としていた。」

 レオパード・レーシングが来季のMoto2世界選手権に「エガーターとケントとSuter」で挑む旨を公表しました。先日掲載した記事「2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。」がほとんど嘘っぱちに・・・。以下、SPEEDWEEK.comより。

ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

[MotoGPメモ] – 09/23 20:36

ソフォーグルに挑んだニキ・トゥーリ:このフィンランド人は何者?

 先日のラウジッツで活躍した”Tuu”という表記の見慣れないライダーについて。以下、SPEEDWEEK.comより。


 ラウジッツリンクにおいて、わたしたちはフィンランド人のワイルドカード・ライダーニキ・トゥーリに驚かされた。彼は4度のワールド・スーパースポーツ・チャンピオンのケナン・ソフォーグルのわずか1.7秒後ろでチェッカーを受けた。

英文をコピッたら→翻訳サイトリスト